こんにちは。今日から3連休ですね。

 

 

師弟工人紹介の最後は、鳴子系こけしを代表する桜井こけし店の櫻井昭寛工人と櫻井尚道工人です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「桜井こけし店」について

 

宮城県鳴子温泉に位置し、江戸末期から続くこけし工房。現在の工人、櫻井昭寛で五代目となり、大沼岩蔵、大沼健三郎など個性豊かな工人を輩出する。

工房併設の店舗では、観光客や、こけしの収集家にこけしを販売しつつ、2016年からは海外展開や天然染料の研究などの活動も行う。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

櫻井昭寛

 

系統:鳴子系

師匠:櫻井昭二

弟子:櫻井尚道

 

昭和46年4月頃に木地修行を始め、7月頃よりこけしを製作。

 

 

 

 

 

 

櫻井尚道

 

系統:鳴子系

師匠:櫻井昭寛

 

平成27年4月1日に木地修行を始め、こけしを製作。

 

    

 

尚道工人の工房。四代目櫻井昭二工人が使っていた工房を受け継ぎ、こけしを挽いています。

 

 

 

 

 

桜井こけし店からのメッセージです。

 

「先代達から脈脈と受け継いできた、"こけし"という東北の文化に世界の方々が触れ、日本、東北の文化に興味持っていただくきっかけなればという想いで、開催へ向け準備を進めております。


伝統こけしの未来へ繋がる企画展になることを願っております。ご支援を賜ることができれば幸甚です。応援どうぞよろしくお願いいたします。」

 

 

残り4日。

 

応援どうぞよろしくお願いいたします!

 

(参考文献:『伝統こけし最新工人録・カメイ記念展示館発行』)

新着情報一覧へ