プロジェクト概要

 

それぞれの夢や想いや宝物をもち、いまという時間を生きる子猫たちの絵本を作りたい。

 

はじめまして。アトリエ リリ(Atelier RiLi)と申します。絵のなかに広がる物語を大切にしながら、一枚一枚、花や動物や子どもたちをモチーフに絵を描いています。やさしい気持ちにさせてくれるような、みていてほっこりあたたかくなる絵本やイラストを目指して制作しています。

 

今回のプロジェクトは「子猫」をモチーフにした絵本を制作するためのプロジェクトです。制作する絵本「こねこのおはなし」は、子猫たちのちいさな物語を一つ一つ繋いでできる絵本です。この絵本に登場する子猫たちは、いまという時間を大切に生きていて、それぞれの夢や想いや宝物をもっています。そんな子猫たちを描いた絵本を制作するのですが、印刷代の一部が不足しております。皆様ご協力いただけないでしょうか?

 

絵本「こねこのおはなし」の制作風景です。

 

 

生まれたての子猫たちは、目を見開いて世界を眺め、今を生きていました。そんな子猫たちから、学ぶことがあるように思ったのです。

 

ある日、家の近所を散歩していたときです。私の前を猫の親子が通りすぎていきました。母猫のあとをまだちいさな子猫たちが、おぼつかない足取りで歩いていたのです。周囲を物珍しそうに見ている子猫や、怖がりながら歩く子猫、がんばって親猫についていく子猫…。子猫たちは、それぞれにちがった表情をみせていました。

 

私はそのようすを見て感じました。子猫たちは目を見開いて世界を眺めながら、いまこの瞬間を生きているように感じました。ちいさい頃は、誰もが目を見開いていろいろなものを新鮮に眺め、どきどきしたり、安心したり、嬉しさや楽しさ、たくさんの気持ちを感じて、今を生きているように思います。子猫たちを眺めていると、いつの間にか忘れそうになっているそうした大切なことを思い出させてくれたのです。

 

そんな気づきや思いを絵本の中で「子猫」たちに託して、みなさまにお伝えしたい。子どもだけでなく、日々時間に追われていそがしく生きる大人にも、絵本をみていただき、いつの間にか忘れそうになっている大切なことを思い出してもらいたいと思ったのがきっかけです。

 

絵本に出てくる子猫のナナです。

 

 

この絵本に出てくる「子猫」たちと同じように、それぞれの夢や想いや宝物を見つけ、皆さまと共有することができたら、とても幸せです。

 

制作する絵本「こねこのおはなし」は、胸のうちに夢や想いや宝物を持っている9匹の子猫たちが主人公の絵本です。A5サイズで両面カラー、全体で28ページを予定しています。

 

絵本「こねこのおはなし」をこのようなプロジェクトにおいて制作することは、大切な一歩だと考えています。この絵本に出てくる「子猫」たちと同じように、私たちを含め、それぞれの夢や想い、宝物を見つけ、皆さまと共有することができたら、私はたいへん幸せです。

 

絵本は子どもだけでなく、大人にとっても味わい深く楽しめるものだと思っています。その創作活動をとおして、様々な人たちと交流し、関わりながら絵本という表現の共有と共感をより広げていければと願っています。

 

そのため今回のプロジェクトで制作した絵本の原画を展示する個展を開催したいとも考えています。何かを描き、それを発表するときに様々な人たちとの交流のなかで一歩を踏み出すことは、たいへん新鮮な経験です。このような交流を経ることで、この絵本の物語もまたそのカタチがすこしづつ変化していくことでしょう。ちいさな子猫たちの絵本を生み出すために、皆さまのご支援を何卒よろしくお願いいたします。

 

絵本に出てくる子猫のモコです。

 

 

 リターンについて

 

 3,000円

 ・サンクスレター

 ・オリジナルポストカード 5枚

 

 5,000円〜プロジェクト応援コース〜

 ・サンクスレター

 (READYFORへの手数料を除いた全額をプロジェクトに使わせていただきます)

 

 12,000円

 ・サンクスレター

 ・オリジナルポストカード 9枚

 ・缶バッジ 3個

 ・絵本 1冊

 ・ちいさな額付きの「複製画」

 

 21,000円

 ・サンクスレター

 ・オリジナルポストカード 9枚

 ・缶バッジ 3個

 ・絵本 1冊

 ・ちいさな額付きの「原画」

 

保存保存


最新の新着情報