READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
NEXT GOAL挑戦中

コロナを乗り越える!つくば「壽家」の新しい居酒屋形態への挑戦

コロナを乗り越える!つくば「壽家」の新しい居酒屋形態への挑戦

支援総額

1,460,000

NEXT GOAL 2,500,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

146%
支援者
93人
残り
31日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月30日(火)午後11:00までです。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

目標達成の御礼とネクストゴールについて

 

皆様の温かいご支援のおかげで、100万円という大きな目標を達成することができました。自分たちが想像していたよりも、たくさんの方が見守って応援してくださっていることを実感でき、とても感激しています。本当に本当にありがとうございます!!

 

おかげさまで、目標を達成したあとも引き続きたくさんの方からご支援をいただいていることもあり「ネクストゴール」を設定させていただくことにしました。

 

ネクストゴールは250万円とします。

 

資金の使途は【内装設備工事費】です。製造業設備を整える上で、新型コロナウイルス渦中の今、給排水設備など、衛生面に細心の配慮を施した内装設備にする必要があります。

 

内装設備の見積もり結果が想定よりも150万円高くなってしまいました。そこで、お客様により安全で美味しい料理を届けるために、追加で必要になった内装設備費の不足分150万円を第1目標の100万円に加えた、250万円をネクストゴールとして設定させていただきます。

 

様々な方に「新たな居酒屋体験」をお届けできるよう、引き続きご支援ご協力をお願いします!!

 

5月21日(木) 追記

森田芳壽

 

これからもつくばでのご縁を大切にしていくために、お力お貸しください!
 


こんにちは。福島県いわき市出身のもりっちょこと森田芳壽です!私は現在、つくば市研究学園地区で創作居酒屋「壽家(ことぶきや)」を営業しています。

 

コンセプトは「誰かに教えたくなるお店」(勝手口から入る隠れ家感)!

 

地元の特産つくば鷄を使った「レバテキ」や「創作日替わりおばんざい盛り」などの創作料理、クラフトビールや地元「霧筑波」を始め旬な地酒などを愉しめ、地元の人から愛されるお店です。

 

 

いわき出身の私が、なぜこのつくばの地で居酒屋を経営しているのか?


それは、「人とのご縁」によりつくばを食で元気にすることができたからです!
 
まずは簡単に、「壽家」経営までの私の略歴をお話しします。
 

私がまだ10才の頃、母が腎臓を患い人工透析を受けていました。

 

病気がちの母が唯一楽しめるもの、それは食でした。衣食住の中でも美味しいものを食べている時は幸せを感じられる。それがきっかけとなり、私は飲食の道で人々に幸せを届けることを志し始めました。
 
都内の専門学校で1年間、フランス料理店と洋食店で2年間修行をした後、茨城県常総市で1年間飲食業として働きます。その時に立ち上げ間もないある飲食業経営者の方と出会い、自分の店を持ち一国一城の主として生きていく覚悟に感銘を受けました。

 

そして、故郷のいわきに戻り、スペイン料理店で5年間働き、軌道に乗り始めたタイミングで東日本大震災により被災。被災時に騒然とした瞬間、自分の家族を守ることしかできず、同僚には家族が亡くなった方もいた中で、何もできない自分の無力さを感じました。


「自分が前に立ち、少しでも人のためになれる人材になりたい。」

 

その瞬間、いつの日かの独立を決心しました。

 

原発事故2回目のタイミングで、いわきでのこの先の生活が見えなかったため、一旦茨城の妻の実家に自主避難。その最中、茨城県時代に出会った経営者の方から「今、大丈夫か?」と、連絡をもらいます。妻の実家にしばらくお世話になりながら、その経営者の方の飲食店で働きました。


単身福島に戻り、働いていたスペイン料理店の復興に3ヶ月間尽力した後、自主避難を決めたものの避難先に目処は立っていませんでした。

 

そんな時に、あの茨城県時代にお世話になった経営者の方に再度、一緒に事業をやろうと誘いをもらい、「ここを転機にしたい。」と思い、つくばへの移住を決意します。そして、イタリアン酒場を一緒に立ち上げ、働き始めました。
 
2年間そこで尽力した結果、筑波大学近くで店舗を創り企業内独立をしました。その後、2店舗の経営を6年間務めあげ、完全独立、「壽家・ことぶきや」を創業します。


「壽家」創業のタイミングで、地元いわきに帰るという選択肢もありました。

 

しかし、つくばで出会い、力を貸してくれた、自分を笑顔にし続けてくれた、従業員、アルバイト生・卒業生、飲食経営者仲間、そして足蹴もなく通ってくれているお客様に自分の力で恩を返したい。


その想いからつくばの地で「壽家」を創業したのです。

 

 今ではつくばの皆さまのおかげで、明るく活気のあるお店へと成長することができました。


 

現在世界を苦しめている新型コロナウイルスの影響を受け、売上高は昨対比70%減にまで落ち込んでいます。
 
休業要請に応じた営業時間の短縮、客席数減などの安全対策、テイクアウトの導入などwithコロナ対策を講じてはいますが、落ちていく売上の歯止めは効きません。
 
売上の減少は、人件費、家賃、社会保険料、税金、光熱費、借入返済などの固定費を圧迫し、
お店の存続すらも危うくなってきます。
 
お店を愛してくれるお客様、共にお店を作り上げてきてくれた従業員・アルバイトスタッフ、そして自分を応援し続けてくれた家族・友人。


自分を、そして「壽家」をここまで成長させてくれた源「人とのご縁」を守りたい。


皆が帰って来れる場所「壽家」を絶対に守りたい。

 

 

しかし、これまで同様の営業形態ではコロナに打ち勝つことはできない。
 
そこで、大きな決断をすることにしたのです。

 

自宅にいても愉しめる居酒屋へ

 

自宅にいても「壽家」の味を愉しめるために、製造業免許取得と製造設備の拡充に挑戦します!
 

なぜ新型コロナウイルスという世間的にも、そしてお店の経営状態も逆風の中、新たな挑戦に挑もうとしているのか?
 
その理由は2つあります。
 
1つ目は、経営的観点から、新たな売上の柱を作りたいからです。
 
新型コロナウイルスの影響により、リモートワークの導入など皆さんの「職の形態」が変わっていくことが予想されます。
 
職が変われば生活も変わる。


「食の形態」も新たなものに変わっていくのではないでしょうか?
 
私は「自宅にいても美味しいものを食べたい」というニーズが増していくと予想しています。


オンラインでの販路の拡大、安心・安全を意識し真空パック調理を施した逸品料理の販売により、withコロナそしてafterコロナを見据えた新たな食文化の創出を目指します。

 

 


2つ目は、純粋にこの自粛期間中にも、お客様に最高の「お家時間」を過ごして欲しいからです。
 
外出したくてもできない。行きつけのお店に行きたくても行けない。
日常生活の当たり前が奪われ、ストレスフルな日々がいつまで続くのか、先行きが見えません。
 
そんな皆様の「お家時間」を私達が作る料理で少しでもポジティブなものに彩りたいのです。


つくばに住む様々な方に支えられ、ここまで事業を拡大してこれた分、
自分ができる精一杯の恩返しをつくばの皆さんにしたい。
 
もう一度、皆が我慢を強いられている今だからこそ、食でつくばを元気にしたいのです。

 

 

今回のクラウドファンディングの第一目標金額はコンベクションオーブン購入に必要な、100万円に設定させていただきます。

 

製造業の設備拡大資金はおよそ500万円(内装工事費、什器・厨房設備、運転資金等)です。

 

今回いただいた資金はすべて、上記資金の内の什器・厨房設備、具体的にはコンベクションオーブンと真空包装機の設備費に充てさせていただきます。

 

【内訳】

内装設備工事:150万円
厨房設備、什器(真空包装機・コンベクションオーブン等):250万円
運転資金:100万円

 

 

「壽家」はお客様のご自宅に美味しい料理を届けるために走り出しました。


免許申請、設備拡充、販路創出、雇用確保等やることは山積みですが、保健所とも話し合いを重ね、8月を目安に事業展開ができることを目指しています。
 
しかし私たちは卸売業者を目指しているわけではありません。

 

製造業の環境を整えることで、ここまで続けてきた壽家の味、お客様との繋がり、従業員たちの雇用を守り、みんなが帰ってこれる場所「壽家」を守り続けます。
 
そして、ご縁があり、色々な形で関わらせていただいた全ての人たちと、最後はお店で美味しいものを食べながら笑顔で盛大に乾杯したいのです!
 
コロナに屈せず、前向きな姿勢で。
みんなでコロナショックを乗り越えていきましょう。
 
食の力でつくばを元気に、そして日本を元気にしていくために、是非皆様のお力をお貸しください。
よろしくお願いいたします。


 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲示】に関する条件の詳細については、(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

森田芳壽(もりっちょ)

森田芳壽(もりっちょ)

つくば市研究学園駅近くの創作居酒屋「壽家(ことぶきや)」の店主。 地元福島県いわき、東京、さらには筑波大学近くの飲食店で働いた後、2018年に完全独立し「壽家」を創業。従業員・アルバイト生、家族・友人、そしてお客様から愛されるお店の経営を目指している。 「やるだけやってみる。やれなかったを無くしたい」がモットーの、諦めの悪い熱い男です。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【未来のお食事券プラン】

・お礼のメッセージ
・お食事券(3,300円相当)
※有効期限は発行から半年となります。期限後もお店に持ってきていただければ、更新させていただきます。

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月
このリターンを購入する

プロフィール

つくば市研究学園駅近くの創作居酒屋「壽家(ことぶきや)」の店主。 地元福島県いわき、東京、さらには筑波大学近くの飲食店で働いた後、2018年に完全独立し「壽家」を創業。従業員・アルバイト生、家族・友人、そしてお客様から愛されるお店の経営を目指している。 「やるだけやってみる。やれなかったを無くしたい」がモットーの、諦めの悪い熱い男です。

あなたにおすすめのプロジェクト

-引退馬支援2020- あなたと創る。あなたと引退名馬の場所

VersaillesResortFarm(代表 岩崎崇文)VersaillesResortFarm(代表 岩崎崇文)

#観光

累計支援者数
412人
継続会員数
83人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

森田芳壽(もりっちょ)
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする