READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

高野山の魅力を再発見!高野山デジタルミュージアム開館にご支援を!

DMC高野山

DMC高野山

高野山の魅力を再発見!高野山デジタルミュージアム開館にご支援を!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月31日(日)午後11:00までです。

支援総額

855,000

目標金額 2,000,000円

42%
支援者
82人
残り
32日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は7月31日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

高野山の魅力をよりたくさんの方へ届けるための挑戦です!

 

高野山は標高約800mに位置し、天空宗教都市として、平安時代初期の僧 弘法大師・空海(お大師さま)によって開かれた、真言密教の聖地です。

 

私たちは高野山にシアター・カフェ・ショップを併設する、「高野山デジタルミュージアム」のオープンを目指しています。


 高野山デジタルミュージアム内にあるシアターでは、先進技術と美しいVR映像、ナビゲーターのLIVE解説が織りなす特別な空間で、壇上伽藍、高野山霊宝館、塔頭寺院といった文化施設をご案内しています。
 
シアターで理解を深めた後、お土産物屋や飲食店、体験アクティビティを通して高野山の魅力を現地で体感していただくことで、高野山での皆様の旅がより色濃いものになれば、と考えています。
 
当シアターは昨年11月に完成し、併設するカフェショップの建設に向け準備を進めておりましたところ、社会情勢の煽りをうけて予想以上に費用がかかることが分かりました。一度は縮小を考えましたが、高野山の商品をより多く取り揃え、今まで以上に高野山の魅力を発信するためには妥協できないと、今回クラウドファンディングへの挑戦を決意しました。
 
非常に不確実で不安定なこの現代社会の中で懸命に生きる皆様の「物語」が、1200年以上紡がれてきたお大師さまの教えや伝統、文化にある高野山の「物語」にシンクロすることで、心がだんだんと解放されていく-。
 
高野山デジタルミュージアムはそんな、皆様の『心の解放の旅の入り口』として、高野山を訪れる人々ひとつひとつの「物語」に寄り添い、まごころを込めてあたたかく迎え入れ、新たな日常へリスタートする皆様を見守り、そっと背中を押す施設でありたいと願っています。

 

 

高野山デジタルミュージアムオープンにむけて

 

「高野山デジタルミュージアム」は、高野山で受け継がれてきた伝統や文化を五感を通して体感し、理解を深めていただくための施設です。昨年11月に完成したシアターに”カフェ”・”ショップ”を増設し、2022年7月、文化複合施設として本格スタートします。

 

高野山の豊富な文化的魅力や世界遺産としての真価を皆様に分かりやすくお伝えし、高野山内の壇上伽藍、高野山霊宝館、塔頭寺院といった文化施設・文化財や、町のお土産物屋や飲食店、そして高野山ならではの体験アクティビティを、気軽に楽しみながら巡っていただくことを目指しています。

 

VRシアター

 
シアターでは、壇上伽藍や高野山霊宝館などの、非常に多くの国宝や重要文化財を保有する文化施設とその文化財を、建物の屋根を取り外して上から覗いたり、一般非公開の建造物の内部に入ったり、 VRならではの自由な視点で巡れるようにご案内しています。

 

特別上映会の様子

 

例えば、壇上伽藍には、根本大塔・西塔・金堂・御影堂・孔雀堂・不動堂(国宝)などがあります。また、高野山霊宝館には、運慶の木造八大童子立像(国宝)や、快慶の孔雀明王像・四天王立像・深沙大将立像・執金剛神立像(全て重要文化財)などがあります。

 

根本大塔

西塔

こうした文化施設や文化財を深く掘り下げていき、そこに込められた先人たちの想いや高野山に根付く思想をご案内することで、高野山で1200年以上大切に紡がれてきたストーリーを皆様に知っていただきたい。そしてご覧いただいた後には、壇上伽藍や高野山霊宝館などの文化施設・文化財に実際に足を運んで体感していただきたいと考えております。

 

2021年11月、完成したばかりのシアターを、特別上演として期間限定でお披露目いたしました。


地域へのご挨拶と試験運用が目的だったため大々的な宣伝は控えましたが、1ヶ月間で600人程度のお客様が来場され、アンケートによる満足度は5段階評価中4.9という高評価をいただきました!

 

 

【実際のお客さまの声】

「美しい映像と生のナレーションで、知らなかったことを知ることができ、仏教や真言密教について興味が出た。実際に足を運びたくなった。」(40代男性・東京都)

 

「高野山に来る楽しみがまた増えました。高野山の魅力ももっとたくさん知りたい。」(40代女性・奈良県)

 

「非公開の場所や通常では見ることのできない視点で見ることができ、貴重な経験ができました。実物をもう一度見に行ってきます!」(40代女性・東京都)

 

「美しい映像とナビゲーターのライブ解説が心地よく、世界に飲み込まれました。もっと多くの人に知ってほしい。」(50代女性・東京都)

 

「高野山に来る人全員が見る価値があると思う。今後のコンテンツも楽しみにしています!」40代男性・和歌山県)

 

「改めて高野山で生まれ育ったことを誇りに思います。」(70代女性・高野町)

 

カフェ・ショップ

 

カフェ・ショップは、高野山の伝統や文化を体感できる空間で、高野山内のお土産物や食材をご提供するとともに、そこに秘められた作り手の想いや高野山のストーリーなどをご紹介し、高野山内のお土産物屋や飲食店を巡って頂くための起点となることを目指しています。

 

    

カフェショップ完成イメージ図

 

高野山内のお土産物屋や飲食店から、伝統的な工芸品、雑貨、スイーツ、食材など、高野山の伝統や文化に基づくお土産物や食材を仕入れ、お客様に販売・調理提供していきます。また、こうしたお店の情報を「お店カード」という小さなカード形式でご紹介することで、お客様にさらにご関心を持って頂き、高野高野山内のお店や文化資源を巡っていただきたいと考えております。
 
今回のプロジェクトは、この高野山デジタルミュージアムの本格オープンに向けた挑戦です。皆さまのあたたかいご支援をいただきながら高野山の新たな魅力をお伝えするミュージアムを共創し、新感覚の高野山をお届けしていきたいと思っております。
 

 

皆さまからのご支援でできること

 

高野山デジタルミュージアムの建設工事などの準備資金は、文化庁による補助金および金融機関からの多額の借入により対応してきました。

 

しかしながら、建設を進めるうえで、木材等の原材料の仕入れ価格の上昇や半導体不足による電機機器価格の高騰などから当初の計画より大きく費用がかさんでいます。文化複合施設として、残るカフェ・ショップの建設については、予算を大幅に縮小しスケールダウンした構成にすることも考えました。

 

カフェショップの現在の様子

 

しかしながら、カフェ・ショップのコンセプトは、高野山内のお土産物屋や飲食店からなるべく多くの商品・食材・情報を仕入れ、お客様にご提供していくことで、周遊促進に繋げて高野山の活性化を図ること、です。

 

スケールダウンをすれば仕入れる品数も減らさざるを得ず、結果的にお客様がこうした商品・サービスへのご関心を持つ機会が減り、周遊促進も限定的なものになってしまう、と改めて考え直しました。そして、当ミュージアム全員の総意として、当初の計画通りのカフェ・ショップを実現するために、クラウドファンディングの実施を決意するに至りました。

 

目標金額と実施のスケジュールについて

 

・目標金額:200万円
・資金の使い道:高野山デジタルミュージアムのカフェショップの工事費用 

 

※災害等で施設が利用できなくなる場合はプロジェクトを延期、中止とする場合がございます。その場合でも頂いたご資金は高野山デジタルミュージアムにかかる費用に充てさせていただき、返金はいたしかねますのでご了承ください。

 

私たちの想いに賛同していただけた皆様とともに、高野山デジタルミュージアムを本格オープンしていきたいと思っておりますので、是非、あたたかなご支援・応援をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 高野山の宿場町としての魅力を多くの方々に知っていただきたい

 

現在の高野山は、新型コロナウィルスの影響もあり滞在時間が短くなり、日帰りの観光地となっています。

 

高野山デジタルミュージアムでは、最先端技術での文化財の紹介で高野山への興味を深め、カフェではゆっくりと落ち着ける空間を体感していただくことができます。そしてかつての宿場町としての魅力を取り戻し、地域の活性化につなげていきたいと考えています。

 

 

 

高野山の教えと高野山デジタルミュージアム

 

いまの私たちを取り巻く社会環境は、 スマートフォンやSNSの普及、リモートワークの拡大などから、より便利になってきてはいるものの、コロナウイルスの流行、世界での紛争の国内への影響などにより「非常に不確実で不安定な世の中」になっています。

 

 

実はそのような時代背景は、平安時代にお大師さまが人々を救った時代背景と同じなのです。
「今こそ、お大師さまの教えや、その教えを汲んで1200年培ってきた高野山の伝統と文化を多くの人々に知っていただきたい...!」

 

そこで、お大師さまの教え、受け継がれてきた高野山の伝統や文化を広く知っていただくために、高野山デジタルミュージアムを2022年7月にオープンすべく、多くの皆様のお力添えをいただきながら準備を進めています。

 

お大師様の教え

------------------------------------------------------------

「秘蔵の奥旨は文を得ることを貴しとせず。ただ心をもって心につたうるにあり。文はこれ糟粕(そうはく)なり、文はこれ瓦礫なり。」(性霊集巻第十)

------------------------------------------------------------

「秘密の教えである密教の奥義は、文章によって伝えることのみを貴いとはしない。

ただ、こころからこころへ伝える事が大切である。文章は、カスや瓦礫にすぎない。」

ということを述べています。

 

この考え方は、私たちの何気ない日常の一コマにある当たり前の幸せです。お手紙をもらった時、文字で構成された文章ではなく、その文章を使って表現された送り手の想いを感じて心が満たされます。プレゼントをもらった時、その物が嬉しいのではなく、自分のことを考えて選んでくれた時間やその気持ちが嬉しいのです。

 

高野山デジタルミュージアムで実現したいのは、そんな”おくりものを手渡すような、まごころを届けるサービス”です。

 

波乱の世を生きながらも弘法利生に徹した空海の心、それを1200年もの間大切に受け継いできた地域の皆様の心。その心を毎日を全力で生きようとしている皆様にお届けしたい。
 
高野山デジタルミュージアムで背中を押されるような体験を通して、明日からの日常を少しでも彩りあるものにしていただきたい。

 

一切妥協せず最高の形でこれを実現するために、どうか皆様のお力をお貸しください!

 

 

 

株式会社DMC高野山


私たち株式会社DMC高野山は、世界に誇る日本の文化遺産「高野山」の活性化を支援するため、2020年10月に設立されたまちづくり会社です。 


1200年の歴史と伝統を誇る世界遺産高野山において、世界一の文化観光都市となるべく、DMO高野町観光協会の会員として、金剛峯寺、高野町役場等とも連携して地域戦略や計画を作り実行を協働しています。そして自らの事業においても先端的な取組みを行い、高野山の周遊活性化を実現していくことを大きな目標としています。

 

大田原 博亮 |株式会社DMC高野山 社長

 

 

今、高野山は、長期的には宿坊への宿泊客の大幅減少、直近では欧州など訪日外国人の消滅という状況にあります。こうした中、2020年11月に㈱DMC高野山は、地域の後押しを受け産声をあげました。最初の事業として、高野山の文化財や自然をもっと分かりやすく親しみやすいものにしていこうと、VRシアター、カフェ、ショップの複合施設=高野山デジタルミュージアムの準備を始めました。

 

しかし建設部材の高騰、半導体不足による設備機器の急騰など予想を超えた費用がかかり、社長としては一時、規模縮小を考えました。でも、地域の方々や社員と話し計画通りやる決意をしました。金融機関からはさらなる資金調達をしました。それでも足りない部分を、皆さまの応援をお願いしたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

 

(DMC高野山メンバー)

 

 

応援メッセージのご紹介

 

藪 邦彦様|総本山金剛峯寺 高野山執務公室長

 

 

国内外を問わず多くの参拝観光客が訪れる高野山ですが、1200年の歴史の中で造り上げられた伝統や文化は、短い滞在期間では全てを見てまわることができません。このたびオープンされる施設では、高野山の歴史や国宝・文化財、史跡や宿坊、更には山内商店のお土産物など、高野山の魅力を一所に凝縮しご紹介いただけます。皆様の貴重な滞在をサポートいただけ、新たな発見をもたらしてくれる新しい拠点となりますことを期待し、この事業に賛同し多くの皆様にご支援いただけますことをお願い申し上げます。

 

西本 憲茂 様|一般社団法人 高野町観光協会 代表理事

 

 

『株式会社DMC高野山に期待しています!』

 

この世の中にコロナウイルスというものが蔓延する前の事でした。スーツ姿の数名の男女たちが観光協会を訪ねて来られました。「高野山にまちづくり会社を設立する予定です!世界に誇る日本の宝 高野山の更なる活性化に向けて、是非、私たちも地域の皆さんと共に活動させて下さい!!!」と熱い思いを語ってくれました。


それから、様々な構想について協議を重ねること2年。まもなく、文化観光推進の拠点となる「VRシアター・カフェ・ショップ」がオープンします。地域の各組織、観光従事者等に大きな刺激も与えてくれています!
 

DMC高野山は、高野山全体の地域が抱えている課題や取り組みにも深く携わってくれる力強い仲間です。
私たち高野町観光協会も一丸となって取り組んでいます。ぜひ、応援して下さい。

 

山階 清隆 様|一般社団法人高野山宿坊協会 理事長

 

 

真言密教の聖地、弘法大師空海が開いた高野山。

高野山は和歌山県の北部の山上に位置し東西約5㎞、南北約2㎞にわたって広がる日本最大の宗教都市です。現在、117もの寺院があり、その内51ヶ寺が宿泊施設を整えた寺院のある町です。2004年にはユネスコの世界遺産に登録され、その後は国内外の観光客も増えてまいりました。絶対に訪れたい場所としての聖地高野山で、究極の癒しをご体験下さい。皆様の応援よろしくお願い致します。

 

尾上 恵治 様|株式会社尾上組 代表取締役 / 高野山マイスター

 

 

国内最大級のVR(ヴァーチャルリアリティ)の威力をまざまざと実感しています。

鳥の目でしか見ることができない、中門の屋根を雄大に印象付ける平等院鳳凰堂と同じ「振れ隅」の仕様や、見上げるほど大きな曼荼羅の上部をも、真正面から、それも拡大して見ることができるのです。西塔の内部の天井の絵図など、暗い堂内で実物を見るより明るく精細に拝観できます。

高野山のあちこちを見続けてきた私でも、眼前に広がる初めて見る光景の数々に感動しています。ぜひぜひ応援してください。

 


ご留意事項

▽ご支援の前に、利用規約(https://legal.readyfor.jp/guidelines/others/terms_of_service/)を必ずご一読ください

▽ご支援付完了後のお届け先の変更はできません、お間違いのないようご注意ください。
▽ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合がございます。あらかじめご承知おきください。

▽ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

プロジェクト実行責任者:
株式会社DMC高野山(海堀 孝佳)
プロジェクト実施完了日:
2022年9月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

高野山デジタルミュージアムのカフェ・ショップエリアの工事費用に活用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
飲食店の営業許可証が必要となります。工事完了し次第、9月末までに取得予定です。
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
補助金および金融機関からの調達で対応予定です。

プロフィール

リターン

5,000+システム利用料


alt

お気軽支援コース

●お礼のメール
●以下よりお好きなものを一点お選びください。
A:オリジナル精進カレー(2個)
B:コーヒー豆(ドリップパック)
C:カフェ・ショップ1000円割引利用権
D:VRシアターペア鑑賞ご招待

===
※カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


alt

スタンダードコース

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●以下よりお好きなものを2点お選びください。
A:オリジナル精進カレー(2個)
B:コーヒー豆(ドリップパック)
C:カフェ・ショップ1000割引利用権
D:VRシアターペア鑑賞ご招待

===
※カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
38人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

20,000+システム利用料


alt

【現地に足を運んで応援!】現地参加コース

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●カフェ・ショップ1000円割引利用権
●VRシアターペア鑑賞ご招待
●高野山参詣講待遇之証

===
※カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
2人
在庫数
28
発送完了予定月
2022年10月

20,000+システム利用料


alt

【遠方から応援!】グッズコース

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●オリジナル精進カレー(2個)
●コーヒー豆(ドリップパック)
●高野霊木の御朱印帳

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2022年10月

30,000+システム利用料


alt

高野霊木貯金箱

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●以下よりお好きなものを2点お選びください。
A:オリジナル精進カレー(2個)
B:コーヒー豆(ドリップパック)
C:カフェ・ショップ1000割引利用権
D:VRシアターペア鑑賞ご招待
●高野霊木貯金箱

===
※カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2022年10月

50,000+システム利用料


alt

【現地に足を運んで応援!】宿坊宿泊&支援者限定上映会

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●カフェ・ショップ1000円割引利用権
●VRシアターペア鑑賞ご招待 ※1
●宿坊宿泊10,000円引きでのご招待 ※2

===
※1 カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。
※2 宿坊宿泊10,000円割引の有効期限は発行から1年間です。高野山宿坊協会を通じてお電話でのご予約をお願いします。宿泊業の許認可を有する宿坊をご案内いたします。現地までの交通費はご自身でご負担ください。

支援者
1人
在庫数
9
発送完了予定月
2022年10月

100,000+システム利用料


alt

高野霊木にお名前刻印

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●オリジナル精進カレー(2個)
●コーヒー豆(ドリップパック)
●カフェ・ショップ1000円割引利用権
●VRシアターペア鑑賞ご招待
●高額寄贈者のお名前刻印(高野霊木)(希望者)

===
※1 カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

300,000+システム利用料


alt

お気持ち上乗せ・高野霊木にお名前刻印

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載(希望者)
●オリジナル精進カレー(2個)
●コーヒー豆(ドリップパック)
●カフェ・ショップ1000円割引利用権
●VRシアターペア鑑賞ご招待
●高額寄贈者のお名前刻印(高野霊木)(希望者)

===
※ カフェ・ショップ割引利用権とVRシアターペア鑑賞ご招待の有効期限は発行から1年間です。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

5,000+システム利用料


alt

【リターン不要の方向け】5千円

●お礼のメール

===
※特別なリターンをお送りしない代わりにほぼ全てのご支援を本プロジェクトに活用させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


alt

【リターン不要の方向け】1万円

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載

===
※特別なリターンをお送りしない代わりにほぼ全てのご支援を本プロジェクトに活用させていただきます。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

30,000+システム利用料


alt

【リターン不要の方向け】3万円

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載

===
※特別なリターンをお送りしない代わりにほぼ全てのご支援を本プロジェクトに活用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

100,000+システム利用料


alt

【リターン不要の方向け】10万円

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載
●高額寄贈者のお名前刻印(高野霊木)(希望者)

===
※特別なリターンをお送りしない代わりにほぼ全てのご支援を本プロジェクトに活用させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

300,000+システム利用料


alt

【リターン不要の方向け】30万円

●お礼のメール
●公式HPにサポーターとして名前を記載
●高額寄贈者のお名前刻印(高野霊木)(希望者)

===
※特別なリターンをお送りしない代わりにほぼ全てのご支援を本プロジェクトに活用させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年10月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

京都市立御室小学校|150周年記念事業で「おむろの伝統」を未来へ のトップ画像

京都市立御室小学校|150周年記念事業で「おむろの伝統」を未来へ

松山大耕 御室小学校150周年事業記念実行委員会松山大耕 御室小学校150周年事業記念実行委員会

#地域文化

42%
現在
855,000円
支援者
29人
残り
15日
食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい のトップ画像

食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい

ララソーシャルララソーシャル

#まちづくり

継続寄付
総計
2人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする