READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

散逸している明治・大正期の彩色木版口絵を後世に残したい!

朝日 智雄 (木版口絵を保存・普及させる会代表)

朝日 智雄 (木版口絵を保存・普及させる会代表)

散逸している明治・大正期の彩色木版口絵を後世に残したい!
支援総額
610,000

目標 300,000円

支援者
47人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

終了報告を読む


10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2017年02月07日 18:36

朝日コレクション 明治・大正口絵作品集 【収録作品紹介 12】

朝日智雄氏のコレクションからデータベースに収録される作品を、文学者・編集者に絡めてご紹介させていただきます。第十二回目は伊原青々園、巌谷小波、内田魯庵、江見水蔭です。

 

31.伊原青々園は,初めは『二六新報』に入社し,その後『都新聞』に移籍、大衆小説も多数書くが,むしろ劇評家として知られ『日本演劇史』『近代日本演劇史』『明治日本文学史』の三部作を残す。此処では鰭崎英朋『大将の家』を掲載。

 

32.巌谷小波。貴族院議員で書家の父文六は彼が文学者に成ることに反対したが,その反対を押し切って明治20年硯友社の同人になり博文館の『少年世界』の主筆として招かれた童話の名人。歌川国松の口絵は『吃の小太郎』を提示します。

 

33.下谷に生まれの内田魯庵は批評家として『女学雑誌』誌上で硯友社文学を痛烈に批判し,自らは社会小説を書き、丸善に入社して『学燈』の編集に従事しました。此処に,山中古洞画『片時雨』を示します。

 

34.岡山県の人で巌谷小波の紹介で硯友社の同人に成った江見水蔭は、時代の流行にあったあらゆる小説を精力的に書き,口絵についた本を一番多く出した。作家でもあった。此処は池田輝方画の相模灘です。

一覧に戻る

リターン

4,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

2500タイトルを収録したDVDデータベース

●お礼のお手紙
● 完成したデータベースDVD (予価5,000円)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

DVDと解説書『木版口絵総覧』

●お礼のお手紙
● 完成したデータベースDVD (予価5,000円)
● 木版口絵の解説書『増補改訂 木版口絵総覧』(山田奈々子著)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

DVDと解説書、さらに木版口絵の現物

●お礼のお手紙
● 完成したデータベースDVD (予価5,000円)
● 木版口絵の解説書『増補改訂 木版口絵総覧』(山田奈々子著)
● 額に収めた木版口絵の現物を一枚(文生書院特設ページ掲載品・ご希望が重複した場合は抽選) 
● ご希望の方へ、完成データベースDVD謝辞ページに、お名前あるいは団体名を掲載いたします。

支援者
8人
在庫数
57
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする