プロジェクト概要

みなさんのお心の込もったご支援本当にありがとうございます。保護猫達の施設の充実のために、40万円を目指します。引き続き応援していただけると幸いです。

 

みなさんのお心の込もったご支援により、目標金額の25万円を達成することができました! お陰様で共同シェルターの設立の目処が経ちました。本当にありがとうございました。 共同シェルターは年内に稼働予定です。 現在はボランティア様の力を借りて少しずつ形を作っております。

 

ですが、保護した猫ちゃんが冬を快適に過ごす為の「暖房設備」がまだ整い切っておりません。 エアコンをもう一台と、猫ちゃん用の床マットを敷いてあげたいです。 あともう少しだけ、みなさんのお力を貸して頂けませんか?

 

特定非営利活動法人ARO代表理事 中澤 祐介

 

 

猫の保護活動が盛んな長野県上田市にボランティアの方々が共同で使えるシェルターを作りたい!

 

こんにちは、中澤祐介です。特定非営利活動法人AROの理事長を務めながら、殺処分されそうな猫たちの保護活動を行っています。半年前、私たちAROはクラウドファンディングで120万円以上の支援を頂き、2階建ての建物を借りて保護猫カフェを開設しました。現在、1階を猫カフェに2階は簡易的な保護施設にしており、2階で保護している猫を、1階のカフェで一般の方と触れ合わせ譲渡につなげています。現在までに他団体と合わせて、40匹以上の猫を譲渡してきました。

 

これまで、2階の保護施設は私たちだけで利用してきました。しかし、半年間のうちに保護活動をされている団体やボランティアの方々に出会い、共通して「猫を保護するためのスペースが足りなくなっている」ということを知りました。殺処分を減らしていくには個々人の働きだけでなく、ボランティア同士の協力が不可欠です。その為に、私たちは建物を改修し、ボランティアの方々が共同で使える“シェルター”にしたいと考えています。

 

今回、この呼びかけに地域のボランティア団体が賛同し、支援をしてくださいました。しかし、改修費用がまだ不足しています。どうか、もう一度皆様のお力をお貸しください!

 

殺処分ギリギリで保護された子猫。

 

 

ボランティアたちの活動が未来まで継続していくためには
"共同シェルター"が必要です。

 

長野県上田市は犬・猫の保護活動に、積極的に取り組んでいる地域です。昨年度はついに犬の殺処分数が0になりました。そのこと自体は大変すばらしいのですが、猫は未だに100匹以上殺処分されています。

こうした現状をどうにかしようと、多くの方が仕事の傍らで保護活動や、避妊去勢手術を行うTNR活動をされています。こうした保護活動をする中で、とりわけ大変なのが「場所の確保」です。ボランティアの中には、自宅で10匹以上の猫を保護している方もいらっしゃり、これ以上保護をするのが難しくなってきています。

 

そんな中生まれた私たちの保護猫カフェは、2階部分を手直しできればボランティアが共同で使える程度のスペースがあります。そういった方々が活動しやすい環境を作ることは、結果として多くの猫ちゃんを助けることになると私たちは考えています。

 

保護猫カフェARO内での保護猫との風景。

 

 

2階部分を改修し、一般の方に開放できれば、

譲渡につなげられる可能性がかなり高くなります。

 

現在2階部分は逃走出来ないように、区切っただけの簡易シェルターとして活用しています。ただ、保護された猫ちゃんたちの中には健康体ではなく、感染症になっていたり、寄生虫がついていたりする子もいます。その子たちはすぐにはシェルター内に入れられないので、一時的にどこで保護するか日々苦労しています。

 

現在のシェルターの様子。

 

そこで今回はシェルター内をしっかりと区切り、一時隔離部屋や子猫たちの部屋、空調設備等様々な状況に対応できるようにします!
さらに、保護施設だけではなく、ボランティアの方々の意見交換スペースを作り、リフレッシュの場や、譲渡に結びつくような施設にし、2週間に1回程度オープンな譲渡会を開けるようにします!

 

 

今まで場所を借りて行っていた譲渡会。

 

 

皆様の支援があればボランティア同士が協力しあい、
より多くの猫ちゃんが幸せに暮らすことができるようになります。

 

今回のプロジェクトは単なるシェルターへの改修ではありません。
共同のシェルターを作ることは、より多くの猫たちの命を救える場所になり、いま活動されている方々のお力にもなれます。この2箇所を結びつけることでボランティアは今後も活動を続けていくことができるようになります。

 

また、定期的にシェルターを一般の方に開放することは、殺処分問題や保護活動の現状等を知っていただけたり、新しい家族を探す場所としての役割となり、長野県内の殺処分問題を解決する第一歩になります。

 

一匹でも多くの猫を、素敵な飼い主様のもとへ。

皆様の心暖かい支援を、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

猫カフェで第2の人生を始めたルフィ君とこぶん君。

 

 

これまでの活動

 

★前回のプロジェクト「長野県上田市に保護猫カフェを作りたい!!」 はコチラhttps://readyfor.jp/projects/hogoneko-cafe

 

★特定非営利活動法人ARO HP はコチラ

http://www.animal-rescue-operation.com/

 

★特定非営利活動法人ARO Facebookページ はコチラ

https://www.facebook.com/hogonekocafearo/

 

リターンについて

 

★3000円のリターン

①サンクスレター

 

★10000円のリターン

①サンクスレター

②AROオリジナルの猫用首輪。

 

★10000円のリターン

①サンクスレター

②ARO×一匹でも犬・猫を救う会オリジナルチャリティーカレンダー。

 

★30000円のリターン

①サンクスレター

②AROオリジナルの猫用首輪。

③ARO×一匹でも犬・猫を救う会オリジナルチャリティーカレンダー。

④保護猫カフェARO利用券5時間分。

 

★100000円のリターン

①サンクスレター

②AROオリジナルの猫用首輪。

③ARO×一匹でも犬・猫を救う会オリジナルチャリティーカレンダー。

④保護猫カフェARO利用券5時間分。

⑤共同シェルターの命名権

 


最新の新着情報