READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

復旧支援:被災した熊本の災害救助犬・警察犬訓練拠点を再興

坂本 隆之

坂本 隆之

復旧支援:被災した熊本の災害救助犬・警察犬訓練拠点を再興

支援総額

8,555,000

目標金額 740,000円

支援者
330人
募集終了日
2020年8月31日
330人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
20お気に入り登録20人がお気に入りしています

20お気に入り登録20人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

<新着情報 Pick Up>
 

▶ 被災した開田訓練士の娘さんから皆様へのメッセージはこちらからご覧いただけます。

  (8/30更新の新着情報のページへ移動します。)

 

▶ 犬たちの近況についてはこちらからご覧いただけます。

  (8/26更新の新着情報のページへ移動します。)

 

【目標達成のお礼とネクストゴールについて】

皆さまからのご支援のお陰さまで、ネクストゴールにも到達することができました!本当にありがとうございます。

このプロジェクトは、
2020年8月31日(月)23時までとなりますので、次の目標となるネクストゴールを1,000万円と設定し、最後まで挑戦を続けさせていただきます。

今後いただいたご支援は、人吉警察犬訓練所の再建費用(犬舎、お産小屋、事務所、トイレの修繕費用)とREADYFORの手数料を差し引いた上で、
照明器具や換気・送風装置、ケージといった犬舎内設備、ドッグフード等の購入費用に充てさせていただきます。

引き続き、変わらぬご支援をよろしくお願い致します。
2020.8.19 追記 坂本隆之

 

【目標達成のお礼とネクストゴールについて】

皆さまからのご支援のお陰さまで、ファーストゴールを達成することができました!本当にありがとうございます。

このプロジェクトは、
2020年8月31日(月)23時までとなりますので、次の目標となるネクストゴールを600万円と設定し、最後まで挑戦を続けさせていただきます。

ネクストゴールでいただいたご支援金は、引き続き
人吉警察犬訓練所の再建費用(犬舎、お産小屋、事務所、トイレの修繕費用)に充てさせていただきます。

引き続き、変わらぬご支援をよろしくお願い致します。
2020.8.14 追記 坂本隆之

 

 

このプロジェクトでできること

 

令和2年7月豪雨でニュースになったところは人吉市、芦北町、球磨村ばかりでしたが、隣接する相良村にある人吉警察犬訓練所の事務所・犬舎、訓練グラウンドが水没し、壊滅的な被害を受けています。

 

しかし、そんな状況でも熊本県警からの要請を受け、人吉警察犬訓練所の訓練士は犬と共に捜索現場に出動し、不明者と家族のために懸命な捜索活動にあたられてきました。

 

そんな人吉警察犬訓練所のために、この度、犬舎の再建費用を寄贈するプロジェクトを立ち上げました。

 

水が引いたばかりの犬舎内

 

改修費用だけで約580万円かかるほどのかなりひどく被災している状況で、これからの道のりは長いですが、一日でも早く、警察犬と訓練士共々、日常を取り戻せるよう、どうか皆さまからのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

訓練所の犬たち

 

 

令和2年7月豪雨により、熊本の警察犬訓練所が被災。それでも出動する犬たちのために修繕費用のご支援をお願いします

 

ページをご覧いただきありがとうございます。大分で救助犬・嘱託警察犬指導手をしている坂本隆之です。

 

私は普段は他の仕事をしていますが、11年間、要請があった際にはボランティア活動として災害など現場に出動しています。


4年前には新たな救助犬の導入のためにクラウドファンディングに挑戦。

 

そのときに出会った「クヴィック号」とは、これまでに北部九州豪雨や山岳遭難、行方不明者の捜索に出動してきました。また、昨年は自力でもう一頭の新人犬「タイタン号」を迎え入れました。

 

改めまして、ご支援いただいた皆さま、ありがとうございます!
 

 

私のように普段は働きながら要請を受けて捜索現場に向かう救助犬・警察犬指導士の技術的・精神的な支えとなっている訓練所があります。

 

それが熊本県球磨郡相良村にある人吉警察犬訓練所です。クヴィック号、タイタン号の育成・訓練もこちらでお世話になってきました。

 

ですが、今回の災害により人吉警察訓練所が被災。

 

一方、訓練所の所長である開田さんや犬たちは、自らが被災していながらも出動しており、これまでお世話になった訓練所のために、九州各地の指導士の仲間たちと一緒に何かできることをと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

 

犬たちは避難できたものの、元の居場所が失われてしまいました

 

令和2年7月豪雨の際、開田所長は前日からの大雨予報に加え、夜になって球磨川上流部にあるダム放流予告を聞き、すぐに犬たちの避難を開始。

 

避難場所での犬たちの世話を終え、訓練所に戻ったときには浸水が始まっていました。その後、急激な増水により訓練所全体が水没、水が引いて訓練所周辺に立ち入れるようになったのはその日の夕方だったそうです。

 

体量の泥と漂着ゴミが犬舎の床を覆う

 

家財だけではなく、訓練道具や犬舎等、訓練所全体が壊滅的な被害を受けてしまった人吉警察犬訓練所。

 

堆積した大量の泥に漂着ごみと一緒に、壊れた資機材、解体した内装、これまでの思い出を廃棄物集積所に搬出する作業はとても悲しく、再興できるのだろうかと仲間たちも不安だったと思います。

 

事務所内清掃

 

今は、訓練所の犬たちは一時避難先である、がれき捜索訓練施設の空きスペースにて飼育・訓練を行っています。

 

生活のリズム、環境が変わる避難生活は人以上に犬には大きなストレスになります。

 

シートやパネルを使った屋根を仮設して長く降り続いた雨もしのぐことができていますが、犬舎のように防音、防虫、断熱、換気機能はなく、梅雨明け後に予測されている猛暑を心配しています。

 

食事、排便、訓練は行えていますが、施設を完全に囲うフェンスがないために小動物の侵入による事故や病気の可能性も否定できません。


また、がれき捜索訓練施設は直近にこそ民家はないものの、常時犬を飼育したことはないため、鳴き声などが原因で近隣住民から苦情が出てしまうのではないかという心配もあり、なんとしても犬舎を再建しなければいけません。

 

 

プロジェクト内容

 

避難させた犬たちを一日でも早く、元の飼育・訓練環境に戻してあげたいと、近隣に住む指導士が交代で浸水した訓練所へ通い、堆積した泥の排出や事務所内の清掃作業を行いました。

 

仲間は泥の量の多さ、水没しダメになった数々の機材に言葉を失ってしまったそうです。

 

犬舎清掃

 

少しづつではありますが、訓練所内の復旧は進んできています。しかし同時に、資金面で自力では復旧できない箇所も明確になってきました。

 

そこで、今回、皆さまからご支援いただき、訓練所の再建を行いたいと思っています。

 

全体では修繕費が約580万円かかりますが、ファーストゴールでは、訓練所を囲うフェンスの修繕と犬舎にかかる修繕費用(水没し、天井の落ちた犬舎の修繕)の一部を集めることからスタートすることにしました。

 

■スケジュール
今年9月まで   訓練所内のがれき撤去・清掃
9月~12月  フェンス、犬舎修繕、犬の収容。外来訓練再開(ファーストゴール完了)  
来年1月~6月  残りの施設を寄付・自力にて修繕(セカンドゴール完了)

7月 再興報告

 

開田所長からのメッセージ

                  

開田訓練士1

 

今回は不測の事態とは言え、犬達と、そして御迷惑及び御心配を御掛けした皆様方に心より御詫び申し上げます。発災以来、再建へ向けて連日、有志達が応援に駆けつけてくれており、犬舎も少しづつでは有りますが被災前の姿を見せつつある状況です。


早く犬達に元の生活をさせてあげたい!


そして訓練の再開を待ちかねて頂いている各指導士の皆様、今しばらくの間、御猶予下さいますよう伏して御願い申し上げます。

 

 

認知症の方の捜索にもボランティアで出動する救助犬は地域を守る存在です

 

所長である開田訓練士は開業以来33年間、作業犬の育成を行いながら各種災害時の行方不明者捜索や一般的な行方不明者捜索事案に出動されてきました。

 

開田訓練士2

 

これまでに、人吉警察犬訓練所が輩出した救助犬、警察犬の数は、某関係機関の発表では250頭以上としておりますが、輩出した訓練犬頭数は数知れず。

 

直轄警察犬として熊本県・福岡県・鹿児島県に訓練犬を納め、実働で効果事例を挙げています。また、現在、訓練所では10頭が訓練中で全犬が警察犬・救助犬の認定を受けています。

 

■出動実績

・平成21年7月中国・九州北部豪雨(山口県防府市・福岡県篠栗町)

・平成21年11月韓国岳行方不明者捜索(小学生男児)

・平成23年3月東日本大震災

・平成24年7月九州北部豪雨

・平成26年8月広島豪雨災害

・平成28年4月熊本地震

・平成29年7月九州北部豪雨

・平成30年4月 大分県中津市耶馬渓町土砂災害

・令和2年7月豪雨

 

 

訓練士は犬に対して仔犬から作業犬になるための基礎訓練はもちろん、指導士に対しては、犬への接し方、心構えの教示など指導し、指導士と犬が災害救助犬・警察犬活動のスタートラインに立てるように対応してくれます。

 

基礎訓練が終わると、指導士は犬を連れ帰り、日頃の生活と訓練をスタートしますが、生活・訓練を重ねる中で犬の性能を落とす(崩す)ことがあります。原因は様々ですが、都度その内容に合わせた修正をしていただいています。

 

クヴィックとタイタン

 

訓練所に通う災害救助犬指導士は、九州各県警察の嘱託警察犬指導士として犯罪捜査や行方不明者捜索に出動しているのですが、特に認知症俳諧などによる行方不明者事案は毎年増加傾向にあります。

 

過疎地での行方不明事案は目撃証言が少なく、発見に至らない時に公的な捜索が打ち切られることがありますが、犬の捜索頭数が増えれば発見の可能性があると判断した場合、指導士相互の協力でボランティア捜索に出動しています。 

 

現在、訓練所は行方不明者捜索要請以外は訓練所再開に向け被災犬舎の土砂撤去など復旧作業に追われていますが、私たちや災害以外にも地域の方たちの暮らしと関わりながら今後も活動を続けていきたいと考えています。

 

 

さいごに

 

例年、被害が大きくなっているようにも感じられる災害。

 

今回の豪雨による被災者の救命にも救助犬が活躍するなど、災害地域での救助犬の必要性はますます高まっています。

 

私たちは、このプロジェクトを実現させ、訓練士、警察犬・救助犬たちの拠点を再建し、これまでの災害救助犬・警察犬の育成、指導士の訓練に加えて、訓練所を中心に九州内広域で指導士が連携し、行方不明事案に相互協力する捜索機関を設立して、これから増えてくると予想される過疎地域での未解決認知症徘徊に対応したり、災害救助犬・警察犬活動をPRするイベントの開催や共催を目指したいと考えています。

 

今後も、地域に根づいた活動、時には地域外にも出動した活動を継続していくためにも、犬舎の再建が欠かせません。どうか皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします!

 

九州各県警へ警察犬として導入されています。。

 

人を探し疾走する犬

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

会社役員 災害救助犬指導士 大分県警察嘱託警察犬指士

リターン

5,000

災害救助犬・警察犬訓練の様子など収めた画像をお送りします!

災害救助犬・警察犬訓練の様子など収めた画像をお送りします!

■お礼メール
■災害救助犬・警察犬訓練の様子など収めた画像(3枚)

※写真はイメージです。

支援者
82人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

10,000

災害救助犬・警察犬訓練カレンダーをお送りします!

災害救助犬・警察犬訓練カレンダーをお送りします!

■お礼メール
■災害救助犬・警察犬訓練の様子など収めた画像(3枚)
■人吉警察犬訓練所で訓練している犬たちが、これまで、災害救助犬・警察犬になるまでの様子を収めた2021年オリジナル卓上カレンダー

*訓練所に通う指導士が、これまで撮りためた写真の中からセレクトして製作します。
*災害救助犬・警察犬活動を一人でも多くの方々に知っていただけたらと思います。


※写真はイメージです。

支援者
80人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

30,000

お気持ち上乗せコース)災害救助犬・警察犬訓練カレンダーをお送りします!

お気持ち上乗せコース)災害救助犬・警察犬訓練カレンダーをお送りします!

■お礼メール
■災害救助犬・警察犬訓練の様子など収めた画像(3枚)
■人吉警察犬訓練所で訓練している犬たちが、これまで、災害救助犬・警察犬になるまでの様子を収めた2021年オリジナル卓上カレンダー

*訓練所に通う指導士が、これまで撮りためた写真の中からセレクトして製作します。
*災害救助犬・警察犬活動を一人でも多くの方々に知っていただけたらと思います。
*1万円のリターンと同じ内容になります。

※写真はイメージです。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

10,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(1万円)

■お礼メール

支援者
119人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

30,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(3万円)

■お礼メール

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

50,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(5万円)

■お礼メール

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

100,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(10万円)

■お礼メール

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

500,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(50万円)

■お礼メール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

1,000,000

alt

豪華なリターンは不要)復旧応援コース(100万円)

■お礼メール

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

プロフィール

会社役員 災害救助犬指導士 大分県警察嘱託警察犬指士

あなたにおすすめのプロジェクト

和歌山県湯浅町│醤油の歴史と伝統を学び、文化を守り続ける

上山 章善(和歌山県湯浅町 町長)上山 章善(和歌山県湯浅町 町長)

#地域文化

42%
現在
193,000円
寄附者
13人
残り
22日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする応募・相談をする

プロジェクトの相談をする