自然がたくさんある環境で育つことは、とても良いことだと思います。
私が活動を行っているヴィエンカム郡は山に囲まれて、自然があふれています。
私も海が目の前にある田舎で育ったので、自然の良さは分かっています。

 

でも、幸運なことに、私のそばには、自然だけではなくて、本もありました。
本を読んだ後は、想像の世界をすいすい泳ぎながら、自然の中で遊びまわって

いました。
ヴィエンカム郡には本がありません。

想像の世界の泳ぎ方を知らない子どもたちばかりです。

 

 

移動図書館車にのって、山奥の小学校までやってきました。
到着するなり、子どもたちが走り寄ってきます。
カゴの中にある、お気に入りの本を探す子どもたち。


「そっ、そっ、それぇ、僕の本! あぁ~ん、取らないでぇー!

 

 

「前回の移動図書館活動の時に読んだ本を、また読みたくて、

 ずーっと、ずーっと、待ってたのにぃー!」と、泣き叫ぶ男の子。

その男の子が待ちわびた本は、他の子が楽しそうに読んでいる。平和的解決を

模索する私。う~ん...考える私。

考えている間に、その本が、泣き叫んだ男の子のことろに回ってきた。良かった。

1タイトル、1冊は少ない。けど、移動図書館車に積められる量にも限界がある。

う~ん...また、考える私。

 

1人の先生が話しかけてくれた。

「ねぇ、ねぇ、ちょっと、読み聞かせの練習をしたの。聴いてほしくて、ずーっと、ずーっと、待っていたの」と。

 

 

「うん、うん」と、うなずきながら聴く、私。いや、聴くふりをしている私。

これは、偽善者か?

でも、真剣に偽善者になり続ける。

少数民族のカム族の先生が、話す言葉は全然分からないけれど、読み聞かせをしてくれる先生の姿を見ていたら、楽しくなってきた。

つい、こないだまで「本」なんて知らなかった先生が、子どもたちのために、

一生懸命に練習してくれたことを想像していたら、嬉しくなってきた。

えぇい、こうなたら偽善者にでも、なんにもでなってやる。

 

今日来たこの学校の前にある道は、まだ先まで続いています。

この道の先には、まだ本を待っている子どもたと先生がいる。

明日も、この道を辿って、山の奥の学校へと本を届けに行きます。

私たちの活動、応援して下さい。

 

ラオス事務所 加瀬 貴(かせ たかし)

 

新着情報一覧へ