ラオス事務所の加瀬です。

 

いろいろとエピソードをお伝えしてきました移動図書館活動ですが、

なぜ、移動図書館活動をしているかというと、学校に本がないからです。

 

 

山奥の学校にないものは、本だけではありません。

ラオスの山奥の学校では、体育や音楽の授業がありません。

鉄棒も楽器もなく、先生も教え方が分からないからです。

 

この移動図書館では、歌をうたったり、体を楽しく動かす体操もしています。

 

 

子どもたちは、キャッキャいいながら楽しそうに踊りだします。

電気もないので、流れる音楽は、先生と子どもたちの歌声です。

かわいい、かわいい歌声に合わせて、踊ります。

 

子どもたちの無限の可能性を引き出すのは、都市部の特権ではありません。

山奥の子どもたちにだって、その機会はあるべきです。

 

無限の可能性を引き出したい。そう思っています。

みなさま、応援をお願いします。

 

シャンティ・ラオス事務所 加瀬 貴

 

 

 

新着情報一覧へ