ニョージョン (モン語で「こんにちは」)

シャンティ・ラオス事務所の加瀬です。

 

ラオス、暑くなってきました。かなり暑いです。

日中の体感気温は、40度近いです。

強い日差しが降り注いで、いや、突き刺しています。

 

暑い炎天下は、読書には不向きな環境です。

これだけ暑いと、雨季のジメジメの方が良いように思ってきます。

(文字通り、晴耕雨読!です)

 

移動図書館活動は、この炎天下を避けて行っています。

ヴィエンサイ小学校では、校舎の日陰を使って。

 

 

ボウンワン小学校では、軒下を使って。

だけど、だんだん日差しが迫ってきた―!

 

 

強い日差しの下では文字が読み難いので、図書室があるといいのにね、と

話したら、先生が、

「本があるだけ、ありがたいわ。

 本は、どこへでも一緒に行ってくれるから、ありがたいわ」と。

 

先生、そう思って下さった先生に感謝です。

本のありがたさ、再認識です。

明日も、本を届けに走り続けます。

 

シャンティ・ラオス事務所 加瀬 貴

 

新着情報一覧へ