プロジェクト概要

 

身体機能回復と、よりよい人生のため、「あきらめないリハビリ」を提供したい!

 

はじめまして、俵紘志と申します。理学療法士の資格を持つ私は、10年間、医療・介護の現場で心身に障がいのある方たちと関わる中で、「もっとしっかりしたリハビリを受けたい」「なんでもうリハビリできないの?」……こうした意見を多くもらいました。

 

その背景にあるのが医療・介護保険の問題です。保険で受けられるリハビリは、時間やサービスに制限があり、希望する方に十分なリハビリが行き届いていないのです。そこで、こうしたお客様の声に応えるべく、希望される方のご自宅へお伺いし,リハビリ治療(手足の機能練習、姿勢調整、動作・歩行練習など)をボランティアで行ってきました。

 

今回、こうした取り組みをさらに広げるため、このリハビリ医療を法人格とし、たくさんの人に「あきらめないリハビリ」を提供したいと思いプロジェクトを立ち上げました。非営利法人立ち上げに伴う費用として20万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

ご自宅でリハビリ治療を提供する様子

リハビリをされる立場からする立場へ。可能性を持つ「あきらめないリハビリ」を当たり前に。

 

医療に携わることになったきっかけは、私がリハビリを受けたことに始まります。その後、リハビリする立場となり、一連の業務(特に急性期〜生活期)に従事してきました。その中で、私は麻痺から回復する可能性を感じてきました。リハビリのカタチ=あきらめないリハビリ の原点がここにあります。

 

コンセプトとして、身体機能状態において「維持」ではなく、「改善」「回復」を目的とし、具体的な目標を立てながら短期・長期的にリハビリを行っていきます。そして今回、サービスを法人化することで、より多くの人にご自宅でも*先端的なリハビリ治療を提供していきたいと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

*先端的なリハビリ治療を電気・振動刺激を併用した促通反復療法(川平法)を主としたニューロリハビリテーションと定義します。

 

より多くの人たちに効果的なリハビリ治療を!

​​​

自費リハビリサービスの非営利法人を設立し、たくさんの人に安心してリハビリ治療を受けてもらいたい!

 

本プロジェクトでは、現状のリハビリに満足できない方たちに向けて、2018年4月のサービス開始を目処に、*自費リハビリサービスを提供する非営利法人を設立します。

 

皆さまからのご支援は、リハビリのサービスや情報収集のための研修参加にかかる費用、また治療に伴う設備(電気刺激装置、振動刺激装置)の投資に充当させて頂く予定です。

 

*「自費リハビリサービス」…保険診療ではなく、マッサージなどと同様に、時間に応じて必要な料金を頂くサービス

 

 

■サービス概要

身体機能の回復にコミットし、電気刺激装置(低周波治療器)、振動刺激装置を併用した促通反復療法を中心に麻痺を回復する施術をご自宅で行います。1回当たりの時間は60分、福山市を中心とした備後(圏外は要相談)を活動の範囲と想定しています。予約方法は電話またはメールとし、日時・場所を調整のうえサービスを開始します。

 

■運営地域

広島県福山市西新涯町中心

 

■構成メンバー

俵紘志(リハビリ担当)、宣伝担当1名

 

法人を立ち上げ、多くの人に先端的なリハビリ治療を受けてもらいたい!

 

現場にサービスの選択肢を増やし、自分に合ったリハビリを選べる社会へ。

 

医療や介護の現場に治療法の選択肢が増えることは、サービスを受ける側にとってもいいことです。年に数回、研修会や学会などで最新の知見を学び、科学的根拠に基づいた先端的なリハビリ治療を提供していき、よりよい医療につなげる役割を担っていきたいと思います。

 

事業を法人化することで、地域包括支援センターへ働きかけなど、世間一般にまだまだ知られていない自費でのリハビリを周知していき、自分に合ったリハビリが選べる、そんな社会にしていくことができたら幸いです。

 

今回のプロジェクトをその第一歩です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

サービスの選択肢を増やす一歩へ。


最新の新着情報