プロジェクト概要

アフリカの子ども達に音楽を通じて心に残る経験を届けたい!

 

はじめまして、神奈川県出身高校3年生の松井笑那です。

ミュージカルなどの公演を行うユースシアター(劇団)に

今年の春までの3年間所属し、海外公演(シンガポール)にも参加しました。

 

現在は高校に通いながら世界中の子どもたちに音楽を届けるNPO団体“LESWORLD”のキャストとして活動しています!

 

そして今回私は、アフリカのスラム街で生きる子どもたちに音楽を届けるために来年の2月22日から3月21日までの1ヶ月間、アフリカのケニアと、モザンビークにLESWORLDのキャストとして滞在することが決まりました。

 

アフリカに行くためには参加費(航空券、滞在費、食費など)、Readyfor手数料、予防接種費を含め63万円 

 

という莫大な費用が必要です。アフリカの過酷な環境に滞在し、

現地の現状や行かなければわからないことを沢山のことを学ぶことで、

教育者、エンターテイナーとしての自分のあり方について考え

自分が将来やるべきことを導きだし、現地の子どもたちに音楽を届けることで

世界に少しでも笑顔を増やせるように活動できたらと思います。

 

どうかご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

自分自身の心の拠り所が音楽とそれを伝えてくれた人たちだった。

 

小さな頃からダンスが大好きで、とても上手いとは言えないけどずっと続けていました。

ダンスを踊っている時間は自分のコンプレックスや日常の嫌なことを少しでも忘れられる時間でした。ですが年をとるにつれ、

 

“上手く踊らなければならない”

“周りと揃っていなきゃいけない”

“あの子の方がこの子より上手い”

 

いうような場面が増え、

大好きなものが嫌いになっていく過程に疑問を抱く以前に物凄く怖さを感じました。

 

その時、“音楽で出張授業を行うアメリカのNPO団体”に出会いました。

そのワークショップでダンスや歌を習った時に、

自分のダンスや歌を褒めてもらい、認めてもらった気がして

“自分の好きなことを表現してもいいんだ!”と、凄く救われました。

 

いつしかその人達と過ごした時間は宝物になり、言われた言葉、習った演目は心の支えになりました。言語の壁を超えて沢山のことを教えてくれた彼らとの時間を通じて、私は単なるエンターテイナーではなく、彼らのように音楽を通じて何かを伝えられる教育者かつエンターテイナーになりたいと志すようになりました。

 

そして、私が今回キャストとして参加するLESWORLDに出会いました。

 

 

(ヤングアメリカンズという団体のキャストと出会い私は変わりました)

 

LESWORLDとの出会い。アフリカへの道。

 

私が“自分を表現するためのパフォーマンス”をすることの素晴らしさを学んでから私は友達を通じてLESWORLDと出会いました。

 

この団体は“自分の可能性”を様々な理由から信じられなくなってしまった子どもたちに音楽を通じて彼らの自己肯定感にアプローチし、

あらゆる逆境へ立ち向かう子どもたちの心の支えになる活動をしています。

今までもフィリピン、カンボジアの孤児院や日本国内の病院などで活動してきて、11/17には北九州にてワークショップを行う予定で、

私もキャストとして参加します。

 

そして、来年の2019年2月22日から3月21日までの1ヶ月間、

ケニアのキベラスラムにあるマゴソスクールと、

モザンビークのペンバにある寺子屋にてワークショップを行います。

 

ケニアのワークショップはマゴソスクールの運営に携わっている早川千晶さん、

モザンビークのワークショップは寺子屋の建設をし、

“モザンビークいのちをつなぐ会”を運営する榎本恵さんの協力の元実現した会場です。

このワークショップでは子どもたちとミュージカル映画をつくる!!という、明確なゴールがあるワークショップで、映画をつくる上で過程を大切にし、

子どもたちの自己肯定感を高めることを目的としています。

 

今回は約10人の仲間と一緒にアフリカの2カ国に行き、プロジェクトを遂行します!

 

 

 

(小さい頃タイに行って以来世界について知ることが好きになりました)

 

スラム街の子どもたちとつくるミュージカル映画INアフリカ!

 

プロジェクトのまとめです!

 

今回私はケニアに14日間、モザンビークに14日間滞在し(移動含む)

約一ヶ月間アフリカに滞在します。

 

10日間かけて行うワークショップでは

子どもたちと出会い仲良くなるところから始まり、

仲間とともにダンスや歌、お芝居を子どもたちに教えながら

大勢の子どもたちと一緒に約15分の短編ミュージカル映画をつくります!!

 

スラム街に住み様々な問題を抱える彼らに音楽を通じた教育で

子どもたちの心の支えになる経験を提供し、自己肯定感や自信を育む手伝いをすることが今回のLESWORLDのプロジェクトです。

 

応援よろしくお願いいたします!

 

 

 

(所属していた劇団では貴重な経験をさせていただきました)

 

少しずつより良い世界にするためにこれからも子どもたちに音楽を届けていきたいです!

 

今回行く地域はどちらとも貧困や食糧難や児童労働、

教育を受けれない子どもたちがたくさん住んでいるスラム街です。

そして高い危険性が理由で日本人でアフリカに行く人はほんの一部です。

 

私は日本に生まれ育ちこの環境があるからこそこの現状を少しでも変えることができるのではないかと考えています。そして少しずつ変えていければ今より素敵な未来になると信じています。

 

そしてそれを実行するためにまずは自分自身で体感し真実を学ぶことが18歳の今、私にできることだと思っています。

一ヶ月滞在する上で想像もできないような光景をみたり、体験したりすることもあるかもしれません。その経験から学んだり考えたことを帰国後に形にし、

 

住んでる国、言葉、文化、経済格差、家庭問題に関係なく自分の可能性を信じられることができ、希望を持って未来へと進むことのできる子どもを一人でも増やすために

 

エンターテイメントを通じて教育を提供できる人になれるよう、努力します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

未熟者で至らない点は多いですがこの機会を使いアフリカの子どもたちに最高のワークショップを提供し、私自身たくさんのことを吸収し今後の活動に繋げます。

どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 

 

(神奈川の女子高生、アフリカを目指します!よろしくお願いいたします!)

 

 

=========================

2019年2月22日から2019年3月21日までの間、ケニアとモザンビークへ行き、エンターテイメントワークショップを実施し、子どもたちとの映画製作の完了をもってプロジェクトを終了とする。

 

*渡航スケジュール 
・2019年2月22日 成田空港からケニアのナイロビに向かう 
・2019年2月23日から3月6日までケニアのキベラスラムに滞在(2月27日から3月5日までの10日間、キベラスラム内のマゴソスクールにてワークショップを行う) 
・2019年3月7日ケニアのナイロビからモザンビークのペンバに飛行機にて移動 
・2019年3月8日から3月20日までモザンビーク、ペンバに滞在。(3月10日から3月19日までの10日間、ペンバにある寺子屋にてワークショップを行う) 
・3月20日ペンバから成田空港へのフライト 
・3月21日帰国

 

*参加集団について 
 集団の名称:LES WORLD 
 URL:https://lesworld.org 
 参加の許可:許可取得済み(2018年9月14日)

 

 *映画作成について 
 完成予定日:2019年3月5日(ケニア編)、2019年3月19日(モザンビーク編)それぞれ完成したものをワークショップを受けた子どもたちと鑑賞します。 
 作成者:主に編集は 南雲俊樹(LESWORLDキャストメンバー)が行います。