本日は市役所と保健所で、行政や他の市民活動団体とどのように連携をして進めていけるのか、などの話を伺いに行ってきました。

 

保健所でも当事者の方たちが自分の体験を話す事で同じように苦しんでいる人の役に立ちたい!という人を募り、話をしに行ったりもしているらしく、詳しくお話を聞かせていただきました。

 

市民活動支援のコミュニティ喫茶へも話をしに行き、他の団体さんのお話も伺えることができました。

皆、目指すところは一緒です。

生きづらさを抱えて苦しんでいる人に、安心して自分でいられる場を作り、その中で自己肯定感を高めていき、社会に出る準備をさせてあげたい・・・ ・・・そういう思いなのです 。

 

同じ思いを持って活動しているもの同士が連携していけばもっと大きな力になる。

そういう希望をもって帰ってまいりました。

 

 

皆様のおかげであと4万1千円のところまでやってきました。

暖かいご支援とメッセージに心から感謝しています。

感謝・・・という言葉では足りない、熱い思いがこみあげてまいます。

 

メッセージでの皆様の想いをしっかりと受け止め、何としてもこのプロジェクトを成功させたいと思います。

 

 

 

泣いても笑って、あと1日。

 

 

 

自分が自分でいれる居場所を見つけることができない人たちが安心できる場を見つけ、社会に出る準備ができるよう、どうか皆様、ご協力をお願いいたします

 

新着情報一覧へ