プロジェクト概要

子どもたちの職業体験イベント

「リトルアキナイ」を行って商店街を元気にしたい!

 

はじめまして。私、大森コレカラカイギという団体を主催しております、町田と申します。「大森コレカラカイギ」とは大森に住むママやパパが中心となって、子どもたちから高齢者まで、これまでに出会わなかったような”人”や”モノ”に出会える機会を作ること、すなわちワクワクするようなまちづくりを目的として、様々なイベントの企画運営をしていくチームです。

 

そのなかの活動「リトルアキナイ」という、子どもたちの職業体験イベントを継続的に行うための活動資金を今回皆様にご支援いただきたいと思います。

 

(4/13に「大森コレカラカイギ」主催で開催した、「みんなで作ろう!祭り」です。多くの地域の方が参加してくれました!)

 

「事件は教室で起きてるんじゃない!商店街で起きてるんだ!」

を体験するイベント「リトルアキナイ」!!!!


リトルアキナイは商売のプロが集まる商店街で商売のプロの元、リアルな職業体験が出来るイベントです。子どもたちが実際の商品を販売します。


「商品が売れるように声を掛けるにはどうしたらよいか。」「商品が売れるにはどう商品を並べたらいいか。」「商品を売るために、どのようにPOPを装飾したらいいか。」など子どもたちが自分たちの頭で考え、身体を使って商店街でリアルな商売体験が出来るイベントです!

 

前回は参加費が1家族2,000円という値段にも関わらず、あっという間にチケットが売れました。子どものうちに、色々な体験をさせてあげること、色々な人に出会わせてあげることが、その後の人生にどれだけの影響を与えるか。

親だけが伝えられることそれはすごく限られるけど、まち、商店街という場所を通じて、たくさんの人と出会えば、世界と可能性はぐんぐん広がると思うんです。
 

そう思う理由は僕が商店街で育ったということがあります。
詳しくはこちらを御覧ください!

 

昨年この企画を作るにあたって、商店街の理事であらゆる面からサポートしてくれている高野さんと相当考え、詰めました。そこでのテーマは「来てくれたお客さん(子どもたち)に、どれだけ楽しんでもらえるか」ただひとつです。それまで、アタマでは何となく理解していたものが、カラダでわかりました。商売のプロから教わったことです。この歳になっても学ぶことばかりなのです。

 

(袋詰も一緒にやります カドヤ食品さん)

 

僕が子どもたちに体験させてあげたい思い

 

考えてみてください。「来てくれたお客さんに、どれだけ楽しんでもらえるか」これって商売だけでなく、この世界で生きる一番根本にある大事なものでないでしょうか?

 

その日だけ良ければいいわけじゃない。そのお客さんが「また来たい!」来たい=期待ですよね、そんな思いをどれだけ感じてもらえるか。そういう体験を子どもたちに、商売のプロの元で体験させてあげたい。それも1度限りではなく、繰り返すことで学べることを感じて欲しい。

 

安全面、管理面からも現状、1回の開催で20家族ほどしか参加できません。なので、このイベントを続けてできるだけ多くの子どもたちに参加してもらいたい。ということで、この「リトルアキナイ」という事業を「大森コレカラカイギ」で永続的にやっていくために、皆様に力を貸していただきたいと思っています。


実際、第1回をやった段階で温めて来たモノがまだ僕らの頭の中にもたくさんあり、さらに新しい試みもどんどん挑戦していきます。このイベントは必ず全国に伝わっていくと信じています。

 

(僕が1番好きな1コマです。

蕎麦屋さんのバイトさんの娘さん(先輩)が教えに来てくれました。
続けていけばこういう光景も当たり前になります。六兵衛さん)

 

 

職人気質のオヤジの心だって動かされる、子どもたちの声は本当に偉大です。

 

もうひとつの重要なこと、それは「アキナイ」ということです。前回、子どもたちが一生懸命、商売をしてくれたことで、「大事なことを思い出したよ」と言ってくれた店主の方がいました。それは声を出して自分の信じた、愛するものを売りたいという心です。子どもたちの声が地域に住む人たちを動かしたのです。

 

つまり、このイベントを続けることで、子どもたちはもちろん、職人気質のオヤジまで動かすことが出来るのです、まちに眠った人やモノを掘り起こす。これが僕の1番やりたいことです。


そのためには、子どもたちの声にかかっています。

だから、僕らはこどもたちに色々な人がこのまちにはいろんな人がいるんだよ、と教えてあげ、子どもたちの可能性を最大限広げて上げたい。子どもたちこそ、この「まち」「未来」を作る大事なメンバーですから。

 

(「大事なことを思い出したよ!」
と言ってくれた商店街理事長の佐藤さん。)
金海堂製菓さん)

 

子どもたちの声が加速していけば、地域は加速していく

 

子どもたちの声には理由なんてなく、大人の心を、世界を動かす力があると信じています。子どもたちの声が街に響けば、みんな重い腰をあげ、地域は加速していくと考えます。

 

僕は考えます。まちを元気にするって簡単な事なんじゃないかって。

 

それはまちに住む人が声を出せる場所を作る、

そしてその声に呼応する人を作る。

そんな声を出すということの大切さを子どもたちから教わりました。

 

(見てください!

この自信に満ちた顔、この笑顔がどれだけ僕らを勇気づけてくれるか!)

 

 

もう一度言います。

僕はこの活動を一度限りのものにしたくない。まずは大森という土地で何度も繰り返すことで、他の地域にも広げていきたい。もしその地域が広がったら・・・子どもたちはその地域を知り、興味を持ち、アクションを起こすキッカケとなるでしょう。何度も何度も声を出すことで、人を動かす。そんなことを子どもたちと商店街という場所で、一緒にやっていきたいと考えています。



(このようなやりとりができます!
山王カフェさん、Cut Salon BEARさん)

 

リトルアキナイ年間スケジュール(予定)
 

場所は全て大森ウィロード山王商店街を中心に行います。メイン会場は商店街のお休み処「アキナイ山王亭」です。
同じアキナイ山王亭で活動をしている「石巻マルシェ」さんとも共同で開催する会もあります。さらに同じような高齢者を中心にまちづくりをしている「おおた高齢者見守りネットワーク」さんにもスタッフなどでご協力いただく予定です。

以下がスケジュールです。

5/24(土)、6/28(土)、7/05(土)、7/27(日)

8/02(土)、8/24(日)、9/13(土)、9/27(土)

10/25(土)、11/29(土)

 

引換券について

 

-3,000円のご支援でお渡しする引換券-
■「リトルアキナイ銀行券」の裏側にメッセージを頂きます。そのメッセージが子どもたちの誰かに届きます。支援者さまの名前入りです。
■お礼のお手紙を大森コレカラカイギよりお届けいたします。
■支援者さま用のメーリングリスト登録と定期的な進捗状況のアップデートを行います。

-5,000円のご支援でお渡しする引換券-
3,000円の引換券に加えて
■WEBサイトに支援者様のお名前を記載させて頂きます。
 

-10,000円のご支援でお渡しする引換券-
10,000円の引換券に加えて
■夏より制作予定のイベントオリジナルムービーの最後に支援者様のお名前を記載させて頂きます。
 

-100,000円のご支援でお渡しする引換券-
10,000円の引換券に加えて
■「リトルアキナイ」イベントをあなたのやって欲しいまちで実現するためのパッケージを提供いたします。ノウハウも全て提供します。



参考資料
 

下記、参考にさせてくださった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

■「大森コレカラカイギ」の主要メンバーであり、いつも元気なまいまいさんが僕の思いを代弁してくれました。
夜な夜なカイギで、時空と日常を超える
 

■前回イベントの参加者である「寄金佳一」さんが、参加者目線で素敵なブログを書いてくれました。
このページの写真の一部も(タイトルもです!)提供してくださっています。
こどもたちが商店街で売り子に!『asobi基地 x 商店街 お店屋さんに変身!』レポート

■前回のasobi基地さんとのイベントの様子です。とても素敵な笑顔がいっぱいです!
2013.11.17(sun)asobi基地 vol.40 x 大森ウィロード商店街
 

■僕の方で前回イベントの総括をさせていただきました。
リトルアキナイ結果報告

■そもそもなぜこんな活動をしているのかというのを商店街の雑誌で紹介してもらいました。
僕の原点が分かる素敵な文章です。
アキナイ vol.1

 



 


最新の新着情報