37ba4914d9732608aef4769756ea8478649571f0


千葉で早朝の大雨。

お近くの皆様、御無事でしょうか。


雨は都心でも降りました。

陽が落ちると気温がぐっと下がり、体温を上げるのが苦手な私の身体は、すっかり冷えてしまいました。


祖母が作ってくれた大好きな『くずじる』。

椎茸と豆腐をだしとしょうがで煮て、しょうゆと酒・砂糖(みりん)で香りを付けた後、水溶き片栗粉でとろみを付けます。



祖母は豆腐を薄く小さく切っていた事もあり、『お豆腐の屑の汁』だとずっと思い込んでいました。

大人になって、和食系のコンセプトレストランで働いた時、とろみ付けに葛粉を使っているのを見て

『くずじる』って『葛汁』か!と気が付きました。



葛根湯という漢方薬があるように、葛は風邪に効果があると言われています。

熱ばかり出していた私への、祖母からの愛情だったかも知れません。
(実際使われたのは片栗粉ですが)



しかし『葛粉』は、私の出身・北海道では作っている話を聞きません。

主な産地は奈良やその周りのようです。

祖母はどこで葛汁を覚えたのでしょうか?



北海道は入植者の街なので、私は自分のルーツが分かりません。

祖父母あるいは層祖父母、そこからは北海道ですが、それより上が分かりません。

さらに祖母は小学5年生で奉公あがったので、その奉公先で覚えた料理もあるだろうから、料理からルーツを探るのも大変かも。


自分のルーツ~自分がどこから来て、今ここにいるのか~それを知れば、また物の見方が変わる気がします。


機会があれば、ルーツ探しをしてみたいです。
新着情報一覧へ