READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

誰もが「希望」を持てる社会へ―地方議会への陳情プロジェクト

誰もが「希望」を持てる社会へ―地方議会への陳情プロジェクト

支援総額

216,000

目標金額 200,000円

支援者
34人
募集終了日
2014年10月31日
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年08月26日 09:02

地方議員さんが関心を示してくれています!

おはようございます。APFS加藤丈太郎です。

 

更新が滞ってしまい申し訳ありません。連日、陳情や陳情趣旨の説明に走り回っております。これまでに、22の地方議会への陳情を完了しました。

 

これまでで、東京都、荒川区、板橋区、目黒区、品川区、港区、大田区、中央区、杉並区、中野区、新宿区、江東区、川口市、戸田市、富士見市、三郷市、市原市、船橋市、松戸市、愛川町、五霞町の地方議会に陳情を完了しました。


8月18日(月)にNHKニュース7で「地方議会への陳情プロジェクト」が取り上げられました。全国で放送された影響力は大きく、一週間の間に昔の知り合いから沢山連絡をもらいました。視聴者の方の中には、「うちの車を自由に使って欲しい」というありがたいお申し出をくださる方もいました。

 

また、本プロジェクトに関心を示してくださる地方議員さんが続々と出ています。今も千葉県市原市の地方議員さんに陳情趣旨を説明するための電車中でこのレポートを書いています。 東京都内の地方議員さん向けの説明会をすることも決まりました。

 

地方議会によっては、趣旨説明が陳情のプロセスの中に組み込まれている議会もあります。目黒区では議長に直接陳情趣旨を説明する機会が与えられます。神奈川県愛甲郡愛川町では、議会で説明をすることが出来ます。厚木からバスに40分乗って出向くことになりそうです。

というわけで、陳情を出しただけで終わりではなく、度々地方議会を訪れることになりそうです。

 

皆さんの支援が引き続き必要です。
購入予約、facebookでのシェア、メールでの紹介等々、皆さまのますますのご支援をよろしくお願いします。

 

       東京都議会への陳情 2014年8月20日

 

 都庁記者クラブでも記者会見をしました。朝日新聞、東京新聞に記事にしていただきました。 2014年8月20日

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

【ニュースレター】第一線の研究者・実践者が外国人住民について執筆している団体ニュースレターを1回無料送付

支援者
22人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3,000円の引換券の内容に加えて
【ワークショップ半額割引】
毎月1回実施している、外国人の「希望」を聞くワークショップに1回半額でご招待(通常1,000円) 
★開催予定日
12月13日(土)、以降原則毎月第2土曜日

【ホームパーティー半額割引】
隔月で1回実施している、多国籍料理のホームパーティーに1回半額でご招待
(通常2,000円のところ1,000円で) 
★開催予定日
11月30日(日)、以降原則隔月第4日曜日

支援者
9人
在庫数
制限なし

20,000

alt

3000円の引換券の内容に加えて

【ワークショップ全額割引】
毎月1回実施している、外国人の「希望」を聞くワークショップに1回無料でご招待(通
常1,000円)

★開催予定日
12月13日(土)、以降原則毎月第2土曜日

【ホームパーティー全額割引】
隔月で1回実施している、多国籍料理のホームパーティーに1回無料でご招待
(通常2,000円)

★開催予定日
11月30日(日)、以降原則隔月第4日曜日

支援者
3人
在庫数
制限なし

50,000

alt

3000円の引換券の内容に加えて
【ワークショップフリーパス】
外国人の「希望」を聞くワークショップに年間無料でご招待(通常12回12,000円) ★開催予定日:12月13日(土)、以降原則毎月第2土曜日

【ホームパーティー常時半額】
多国籍料理のホームパーティーに毎回半額でご招待(通常6回12,000円のところ6,000円で) ★開催予定日:11月30日(日)、以降原則隔月第4日曜日

【出前授業】加藤があなたの元へ出前授業に伺います。
詳細は本文末尾に記載。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする