READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

あれから10年。2021年3月11日をみんなと一緒に作りたい

Love For Nippon

Love For Nippon

あれから10年。2021年3月11日をみんなと一緒に作りたい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月11日(木)午後11:00までです。

支援総額

2,125,000

目標金額 6,540,000円

32%
支援者
119人
残り
14日
119人 が支援しています
Yoshihiro Grico Tomioka
Yoshihiro Grico Tomiokaさんが10時間前に支援しました
Osamu Oyama
Osamu Oyamaさんが15時間前に支援しました
sawa
sawaさんが18時間前に支援しました
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
13お気に入り登録
13人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月11日(木)午後11:00までです。

13お気に入り登録
13人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

目次

 

 

皆さまへお願い:
一人でも多くの人が、311に関われるように!

 

被災地支援をおこなっている一般社団法人LOVE FOR NIPPON代表CANDLE JUNEと申します。

 

東日本大震災が起きた2011年3月11日から10年が経とうとしていますが、私たちLOVE FOR NIPPONは、この10年間ずっと福島に通い続け活動してきました。10年が経とうとする今もなお、まだまだ帰れない街があったり、風評被害などで苦しんでおられる方々がいらっしゃいます。

 

毎月11日は月命日として福島でキャンドルナイトを開催し、みなさんそれぞれの想いを聞いています。

 


現在はコロナ禍となり、たくさんのメンバーで集まることはかないませんが、そのかわりに、月命日の夜には福島県内外から想いがメールで届き、たくさんの想いが集う素敵なキャンドルナイトになっています。

 

2021年の3月11日には、その集大成となるキャンドルナイトを福島でおこないます。


10年を迎える今、私たちだけではなく、もっともっとたくさんの人の想いを灯すことができたら!

そう考えてこのプロジェクトを立ち上げました。

 

月命日では復興住宅を訪問し、マッサージやゲーム、歌や体操など様々な活動をおこなっています。
みなさんと一緒にご飯を作って美味しくいただいたり、長い時間を過ごすことで、それぞれの抱えている問題や悩みなどを聞き寄り添っています。これからは復興住宅だけでなく、こども園や学校などでもたくさんの笑顔を作りたいと願っています。

 

2021年も、毎月の月命日活動を続けたいです!

そして、このクラウドファンディングへの参加を通して、皆さまにこの活動を紡いでいく仲間となっていただきたいと思っています。

そのためのご支援を、よろしくお願いいたします。

 

 

ご支援金の使いみち

 

今回のプロジェクトでは、ご支援いただく皆さまに、各リターンとともに 【震災、福島へのメッセージ】 を募集していきます。

 

いただいたメッセージは、2021年3月10日・11日、福島県Jヴィレッジにて開催するキャンドルナイトで、福島各地、月命日や、当日集まったメッセージと一緒にキャンドルにして灯します。

 

10年の活動で集まったメッセージはこちらからご覧いただけます。:https://fukushima311.jp/

キャンドルナイトの詳細はこちらから:http://songoftheearth.info

 

 

 

また、今回皆さまよりいただいたご支援は、キャンドルナイト施工費用、2021年4月11日からスタートする毎月11日の月命日活動費用、そして1年間のLOVE FOR NIPPON事務局費用に充てさせていただきます。

 

2021年3月11日のキャンドルナイトに、メッセージを届けることを通して、ご参加いただくこと。

そして、今後1年間の月命日の活動に、ご支援を通して、ご参加いただくこと。

この2つが、今回クラウドファンディングを立ち上げた目的です。

 

たくさんの方の想いとともに、2021年3月11日のキャンドルナイトを開催し、また仲間となっていただくことで、今後の活動を推し進めていきたいです。

 

■プロジェクト概要

目標金額:645万円

目標金額の使途および実施する内容:

・年間事務局運営経費

・月命日10回分経費

・3.11キャンドルナイト参加者メッセージ点灯諸経費

※本プロジェクトは、皆様からいただいた資金を上記内容に充てさせていただき、2022年3月11日までLOVE FOR NIPPONとしての活動を継続したことをもって実施完了となります。

 

 

プロジェクトメンバーより:
皆さんへの想いを込めたメッセージ

 

 

CANDLE JUNE LFN代表

 

かつて
福島の月命日活動をこれからも続けたいからとクラウドファンディングをおこないました
うれしいことに
目標金額以上のお金が集まり、その次の年も活動を続けることができました


でもご支援くださった皆さんの多くは
福島の方々や他の被災地の方々
そして
いっしょに月命日を作ってくれている仲間たちでした

申し訳ない気持ちで
それ以降クラウドファンディングはおこなうことができませんでした

活動メンバーも少なくなり、活動資金も自分たちの会社から回したりしていました
それでも
「10年はなんとか頑張ろう」
そう決めてここまできましたが
うれしいことに今ではたくさんの新しい仲間たちが活動を支えてくれています


「311のためになにかしたい!」と思っている人たちはもっといるのではないか?
徐々に増えてきたスタッフ達を見て思いました

さらなる新しい仲間たちと出会うためにこのプロジェクトを立ち上げました

あらためて
みなさまどうぞおねがいします

このプロジェクトに参加していただき、10年の節目の311をいっしょに作ってください!
みなさんの想いをしっかり311に、福島につなげさせてください

どうぞよろしくおねがいします

 


 

 

新羅慎二(a.k.a若旦那 / 湘南乃風) LFN理事

 

「福島」
東日本大震災により原子力発電所が爆発しました。そして、メルトダウンも。
あの当時は、情報が沢山出ていましたが、今はコロナ情報ばかり。
あれから10年という月日が経ち、だんだんと歴史の1ページのように扱われてきました。
しかし、それは歴史ではなく、まだまだ続いてる事柄だということをいつもいつもLFNの活動にて教えられます。
そこに行くと、いつも出迎えてくれるお母さん達や子供達。あの時10歳だった子が今年で成人します。
僕達に何ができるのか?僕達は未だ何も知らされていないのか?
現地に行くとわかることが沢山あります。
皆さま、ぜひLFNの活動にご参加ください!
そして、僕達と共に歌ったり、踊ったり、ご飯食べたりしませんか?
とても、楽しいですよ^_^

 


 


岡部 純也 LFN副理事

 

LFN理事の岡部と申します。
LOVE FOR NIPPONでは東日本大震災直後から活動を開始し、
現在も毎月の月命日をはじめ全国各地で様々な活動を続けています。

LOVE FOR NIPPONをより多くの方に知ってほしい、そして応援していただきたい。
そんな想いで今回クラウドファンディングを行うことになりました。

今回のクラウドファンディングを通じて、一人でも多くの方に活動を知っていただけると嬉しいです。
皆様のご支援、ご協力、宜しくお願い致します。

 


 

 
石崎 進 LFN理事  福島支部

 

あの日から毎月11日は福島県内各所で「たのしいね おいしいね うれしいね ありがとう」な一日を作る活動を続けています。


LOVE FOR NIPPONは一方的な支援というフェーズではなく、復興という形が見えない中で「困った時はおたがいさま」がみんなの共通認識となっています。これからも各地で起こる災害へも一方的な支援ではなく「おたがいさま」の気持ちで今後もアクションを続けていきます。

福島各地での毎月11日の活動を通して各地で起こる災害に対し、すべき時にすべき事を。
この10年間があったからこそ学び、助け合い、強い絆ができ、繋がりあって行く事こそがこれまでの活動の結晶であり、これからの減災に必要な事だと思っています。


私は福島に住んでいます。
あの日からさまざまな人たちから「福島どうなの?」と聞かれることがあります。
「来てみたら?」と答えます。それぞれの事情を抱えた人たちを知っています。
一言で答えるのはあまりにも無責任な発言になってしまうからです。

毎月11日に全国から仲間が来てくれて、福島の人々と交流し、それぞれが"福島の今"を知って帰ります。

知り続けることで少しだけわかる事が出来るのだと思います。

どうぞみなさん
よろしくおねがいします!!

 


 

 

 

齊藤 巧 LFN理事 新潟支部

 

LOVE FOR NIPPON理事・新潟支部長の齊藤と申します。

平成16年の新潟・福島豪雨災害で私自身も水害で被災しました。
その数ヶ月には新潟中越地震。。。
その時に全国の皆さまから、復旧作業や支援物資をたくさんいただきました。

その時のご恩をお返しすべく現在はLFNの一員として、災害が起きた時、全国各地に赴いて様々な活動をしております。

これだけ災害が多発する昨今、いつどこで何が起きるかわかりません。
そんな時、LFNはすぐに現地へ駆けつけて支援活動していきたい。
明日は我が身、おたがいさまです。

そんな活動を知ってもらい、ご支援いただければと、
このクラウドファンディングを立ち上げました。

ぜひ、皆様のご協力よろしくお願いいたします。

 


 

 

荒木 信也 LFN理事 熊本支部

 

LOVE FOR NIPPON理事・熊本支部長の荒木と申します。

 

熊本地震、九州南部豪雨と立て続けに大きな自然災害に襲われた熊本。

熊本地震からもうすぐ5年の月日が経過します。

街のシンボルとなっている熊本城は少しずつ工事用足場が外され被災前の美しい姿を見られるようになり、崩落した阿蘇大橋も開通の見通しが立ち、インフラの整備なども進み、一見『復興』に向けて順調に進んでいるように見えます。

しかし今も900人近くが仮設住宅での暮らしを余儀なくされており、まだまだ全ての人への生活再建のへの支援を必要としています。

 

そして、

そんな中起きた九州南部豪雨災害。家屋の倒壊や損壊だけでなく、農林水産業を含めた産業被害も大きく、家を失い、家族を失い、さらに仕事を失った方々を目の当たりにしました。

もともと高齢化・過疎化が進む地域、さらにはコロナ禍での発災。

 

立て続けに自然の驚異を目の当たりにした私たちですが、

この活動を通じ1つわかった事があり被災者の方々は現状を受け入れ復興に向けて前進するエネルギーに計り知、れないパワーを逆に頂いています。

 

そして今、私は皆様から頂いたパワーを原動力に、被災し出荷できなくなったフルーツなどを使ったクラフトビール造りも行っています。

 

廃棄処分されるべくものをさらに付加価値のあるものにアップサイクルし、みんなを笑顔にするようなビール造りを目指しています。

 

LFNの活動を通じて出会ったご縁だからこそできる支援の形「ビールを飲んで支援につながる」で、微力ながらも貢献できればと思っています。本プロジェクトを通して、応援いただける多くの皆様それぞれができる支援の形「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!!」を、どうぞ宜しくお願い致します。

 


 

佐藤義明 LFN理事 北海道支部

 

LFN理事の佐藤と申します。

 

JUNEさんとのご縁で、LFN皆様の活動やJUNEさんの考え方を知り、それまで自分は、自分に出来る事すら考えようともしなかった自身の在り方を深く考えさせられ、北海道の仲間とこの活動を少しでも多くの人に伝えるお手伝いがしたいと考え、地元FMラジオ放送局の協力を得てLFNの活動を広げる事を目的とした番組制作を始めました。

 

その放送に共感してくれた生産者さんや企業様からの食料などの提供を受けるようになり、改めてどんな些細な行動でも出来る事をやるという事が重要だと、そして行動すると賛同してくれる人がいるという事を学びました。

 

北海道も2018年9月に北海道胆振東部地震が発生し街中の電気が消えるという事態を実際に経験し、日常が日常でなくなるという事がどれだけに人に恐怖と不安を与えるのかを痛感しました。

 

自分の行動が誰かの勇気や安心につながるのであれば、LFNのテーマでもある「かなしみから喜びへ」という思いを自身の胸に強く抱き、今後も自分にやり続けられる事を僅かながらでもやり続けていきたいと考えます。

 

そしてLOVE FOR NIPPONの活動や存在ををより多くの方に知ってほしい、そして共感し、応援していただきたい。そんな想いで今回クラウドファンディングを行うことになりました。

 

コロナ禍の状況ではありますが、
どうぞ、皆様のご理解そしてご支援・ご協力何卒宜しくお願い致します。

 


 

 

谷本 賢一郎 LFN月命日参加ミュージシャン

 

僕は歌うことを職業として日々活動しています。
2015年からLOVE FOR NIPPONに参加し、毎月11日には福島県内の復興住宅の集会所や小学校、幼稚園、保育園、お寺などで「たのしいね おいしいね うれしいね ありがとう」な一日を福島の方々と一緒に作っています。

子どものキラキラした目や笑顔って不思議なもので、大人を元気にする”力”があります。
僕はNHK-Eテレ「フックブックロー」という子ども向け番組で歌っていたということもあり、子どもたちが楽しんでくれるような歌を中心に歌っています。

東日本大震災から、もうすぐ丸10年が過ぎようとしています。
時間の経過や環境が変わることで集会所に集まる機会が減ったり、お年寄りの孤独化も心配され、心のケアも大切になってきています。
また、未だに故郷に帰ることができなくて、新しい町での生活を始めている方々もたくさんいます。
福島に行ったときに、『おかえり♪』、『ただいま♪』と言い合える関係性、災害以降ずっと継続してきたことでの信頼や安心感を今後も大切にしていきたい。
そして、このクラウドファンディングをきっかけにLFNの活動の継続だけではなく、LFNの活動を多くの方に興味をもっていただけたら嬉しく思います。

 


 

 

岩槻正康 LFN書記長
 

2011年3月11日。
以前の職場の事務作業中にPCに向かっている時に強烈な揺れを感じました。
長い揺れの中、路上に出ると道がうねっているのが見え、ただ事ではないという事を本能的に感じました。
同時に頭の中に身近ないろんな人がこの事態に直面しているである事に急に不安になりました。
報道などで状況が明らかになるにつれてその不安な予感は的中しました。
宮城県沖で発生した巨大な地震によって、見たこともないような津波が発生して沿岸を飲み込んでいるシーン。
戦慄を覚えました。僕の両親は気仙沼出身。多くの親戚がそこには住んでいたからです。
 
当時のネット環境などを駆使して安否を確認。
幸いな事に、教師の家系だった岩槻家の親類は避難が可能だったのですが、そこからの生活は今の時代の生活からは想像できないようなものだったと、その後聞かされました。
そして3ヶ月後の5月に現地を訪れ、巨大災害の無慈悲さを目の当たりにして愕然としたのを覚えています。
 
一方で、あまりに大きな事態に一人の人間のできる事のちっぽけな事に、何もできずに佇んでいる自分がいたのも事実で、そんな中アクションをとっている人が眩しく感じられる日々でした。
それから4年ほどが過ぎ、さらに時を経ると喉元過ぎれば痛みも薄らいでゆくのか、どこか遠い記憶になっていきかけた時、キャンドルジュンという人物に出会いました。
彼は今だに、東北、特に物心ともにダメージの大きい福島に足繁く通っていました。
フルーツ屋で働いていた自分が関われるとしたら、LFNが訪れる原発などからの避難者の多いエリアで、フルーツを目一杯楽しんでもらう事しかないと社長と話し合い、社をあげて参加する事になり、そこから彼との関係が始まりました。
 
そして2020年、長く働いた職場を去り、そこで培った経験を生かして、図らずもコロナ禍の真っ只中、自分の事業を立ち上げました。そこで新たに自らの意思でLFNに深く関わる事を決意しました。僕は僕で、いついかなる時でもフルーツで誰かに幸せな時間を持ってもらうことが至上命題。それは災害直後でも同じだと思っています。
LFNの正式なメンバーとなり、新たに中から「楽しいね うれしいいね おいしいね ありがとう」が伝えられるようにできたらと考えています。
 
そして、今、「かなしみから喜びへ」というテーマの元、長くLFNの活動を続けられるようクラウドファンディングを立ち上げる事になりました。一人でも多くの人が災害など何かの理由で日常を奪われたとしても、またいつもの、いや、その出来事をきっかけに新たな出会いがあり、それ以上の日々を送れるように一緒に進んで行けたらと思っています。

 


 

 

太田 佑生 LFN事務局長
 

初めての被災地支援は2007年の新潟県中越沖地震から始まりました。当時は建設業に勤めており、仕事として被災地を訪れ、目の当たりにした光景に「こんなに理不尽な事があるか。。」と、強く天災への憤りと恐怖を感じました。
 
現在に至るまで私の仕事や立場は様々ですが、全国各地で発生する災害に対して「自分の無理なくできる事」は何かを考え、出来る限りの事をするというスタンスは今でも変わりません。
 
これからも災害は無くならないでしょう。
 
災害から目を背ける事なく、向き合い、「かなしみから喜びへ。」をテーマに活動は続いていきます。
 
天災は天からの災い。
関係ない人などいないはずです。
お天道様の元で暮らしている私達。お互い様です。
 
我々の活動を知ってもらいたい、
応援してもらいたい、
協力してもらいたい
という思いからこの度クラウドファンディングを立ち上げる事となりました。
 
是非みなさまお力添えをお願い致します。

 

 

LOVE FOR NIPPONとは?

 

LOVE FOR NIPPONは東日本大震災を機に、被災者支援・復興支援を目的とする団体として2011年3月に設立しました。

 

代表のCANDLE JUNEは、3.11以前からハイチ地震や新潟中越地震などで支援してきた経験から、チームとして継続的に支援・復興活動に取り組むことの必要性を感じ、LOVE FOR NIPPONを立ち上げました。被災者の方々と直接的に繋がり、長期的に活動をおこない、復興までの歩みをともにする団体を目指しています。

 

10年の経験を生かし、渋谷区の防災に関わるなど新たなステージへ展開している中、福島での3.11イベントでは環境省と「チャレンジアワード」を設立し、福島の子ども達への作文・論文コンクールを開催します。

 

これは2030年のSDGsゴールドゴールまで継続する予定で、福島の子ども達への支援を、より広がりのあるかたちへと発展させていく予定です。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。:https://lovefornippon.com/

 

 

 

リターンについて

 

すべてのリターンに311メッセージカードがついてます。
お届けする311メッセージカードに、みなさんの311への想いや福島のみなさんへの想いをご記入の上、事務局までご送付ください。


みなさんからいただいた想いを、私たちが311におこなうキャンドルナイトの中で、一緒に灯します。

 

その他、金額に応じて「東北うまいものセット」など、いくつか特典がございます。

詳しくは、以下のボタンをクリックして返礼内容をご覧の上、ご希望のリターンをお選びください。

 

 


※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、こちらのページの「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

※本プロジェクトのリターンに一部「酒類」を含むリターンが設定されていますが、未成年者の飲酒は法律で禁止されています。このリターンは20歳以上の方に限りご支援いただけますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

Love For Nippon

Love For Nippon

東日本大震災をきっかけとしてアーティストCANDLE JUNEが発起人となり、災害時における緊急支援とその後の継続的な支援。それに伴う体制づくりによる復旧から復興までの支援を行なう為に設立された一般社団法人。 「悲しみから喜びへ」をテーマに毎年3月11日にはSONG OF THE EARTH 311という復興イベントを開催。これからの支援のあり方や防災、SDGsなどを災害地と結びつけるSOTEシンポジウムも設立。 311以降も熊本地震や台風被害地域など幅広く活動を続けています。

リターン

5,000

プラン1:気軽に応援コース

プラン1:気軽に応援コース

・サンクスメール
・SOTE2021ステッカー
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※画像はイメージです

支援者
40人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

10,000

プラン2:限定Tシャツコース

プラン2:限定Tシャツコース

・クラウドファンディング限定Tシャツ

- - -こちらもセットでお届け- - -

・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※TシャツのサイズはS・M・L・XL・XXLよりお選びください。
※画像はイメージです

支援者
57人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

30,000

プラン3:限定Tシャツ&トートバッグコース

プラン3:限定Tシャツ&トートバッグコース

・クラウドファンディング限定Tシャツ
・SOTE2021トートバッグ

- - -こちらもセットでお届け- - -

・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※TシャツのサイズはS・M・L・XL・XXLよりお選びください。
※画像はイメージです

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

30,000

alt

【豪華なリターンはご不要な方へ】3万円応援コース

・サンクスメール
・311メッセージカード

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

50,000

プラン4:CANDLE JUNE キャンドルコース

プラン4:CANDLE JUNE キャンドルコース

・CANDLE JUNE キャンドル

- - -こちらもセットでお届け- - -

・SOTE2021トートバッグ
・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※画像はイメージです

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

50,000

alt

【豪華なリターンはご不要な方へ】5万円応援コース

・サンクスメール
・311メッセージカード

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

100,000

プラン5:エールマーケット東北うまいものセットコース

プラン5:エールマーケット東北うまいものセットコース

・エールマーケット東北うまいものセット

- - -うまいものセット内容- - -

・金華サバの生ハム
・にいだしぜんしゅ にごり酒
・金華さば使用 凄い鯖缶(水煮)
・福島県産 特別栽培米 天栄米 5キロ
・石渡商店 オイスターソース ギフト 気仙沼完熟牡蠣
・洋野うに牧場の四年うに/
 UNI&岩手産バターSPREAD
・酔仙酒ケーキ 大船渡おおうらや

- - -こちらもセットでお届け- - -

・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※「うまいものセット」は、酒類販売業免許を保有する園田隆酒店、株式会社スペースワン(免許番号:021126-1)からご提供いたします。
※画像はイメージです

支援者
2人
在庫数
8
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

100,000

alt

【豪華なリターンはご不要な方へ】10万円応援コース

・サンクスメール
・311メッセージカード

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

300,000

プラン6:スポンサーボードにお名前を掲載&Tシャツ&トートバッグコース

プラン6:スポンサーボードにお名前を掲載&Tシャツ&トートバッグコース

・スポンサーボードにお名前(企業名)を掲載いたします
・クラウドファンディング限定Tシャツ
・SOTE2021トートバッグ

- - -こちらもセットでお届け- - -

・CANDLE JUNE キャンドル
・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※TシャツのサイズはS・M・L・XL・XXLよりお選びください。
※画像はイメージです

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

500,000

プラン7:スポンサーボードにお名前を掲載&東北うまいものセットコース

プラン7:スポンサーボードにお名前を掲載&東北うまいものセットコース

・スポンサーボードにお名前(企業名)を掲載いたします
・エールマーケット 東北うまいものセット

- - -こちらもセットでお届け- - -

・CANDLE JUNE キャンドル
・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -うまいものセット内容- - -

・金華サバの生ハム
・にいだしぜんしゅにごり酒
・金華さば使用凄い鯖缶(水煮)
・特別栽培米天栄米 5キロ
・石渡商店 オイスターソース ギフト 気仙沼完熟牡蠣
・洋野うに牧場の四年うに
 /UNI&岩手産バターSPREAD
・酔仙酒ケーキ大船渡おおうらや
・ふくしま美酒めぐり桐箱6本入りセット
・殻付きホタテ&牡蠣セット
・岩手の瓶ドン
・金華サバ堪能セット
・牛タン仙台ラー油詰合せ

- - -ご注意事項- - -

※「うまいものセット」は、酒類販売業免許を保有する園田隆酒店、株式会社スペースワン(免許番号:021126-1)からご提供します。
※画像はイメージです

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

1,000,000

プラン8:スポンサーボードにお名前を掲載&1日月命日ツアーコース

プラン8:スポンサーボードにお名前を掲載&1日月命日ツアーコース

・スポンサーボードにお名前(企業名)を掲載いたします
・CANDLE JUNEと一緒に行く福島丸一日月命日ツアー

- - -こちらもセットでお届け- - -

・CANDLE JUNE キャンドル
・SOTE2021トートバッグ
・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※ツアーは現地集合・現地解散です。交通費等はご自身でご負担ください。
※ツアーの日程詳細は、サンクスメールを送付させていただく2月頃より順次ご連絡させていただきます。
※ツアーの開催は2021年4月頃の開催を予定しております。ご都合もお伺いしながら、随時調整とさせていただきますが、有効期限は2021年12月までとなりますのでご了承ください。
※画像はイメージです

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

3,000,000

プラン9:スポンサーボードにお名前を掲載&福島2日間ツアーコース

プラン9:スポンサーボードにお名前を掲載&福島2日間ツアーコース

・スポンサーボードにお名前(企業名)を掲載いたします
・CANDLE JUNEが案内する福島2日間ツアー

- - -こちらもセットでお届け- - -

・CANDLE JUNE キャンドル
・SOTE2021トートバッグ
・SOTE2021ステッカー
・サンクスメール
・311メッセージカード

- - -ご注意事項- - -

※2日間福島ツアーは現地集合・現地解散です。交通費・宿泊費や宿泊サービス等はご自身でご手配の上、ご負担ください。
※ツアーの日程詳細は、サンクスメールを送付させていただく2月頃より順次ご連絡させていただきます。
※ツアーの開催は2021年4月頃の開催を予定しております。ご都合もお伺いしながら、随時調整とさせていただきますが、有効期限は2021年12月までとなりますのでご了承ください。
※画像はイメージです

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

プロフィール

東日本大震災をきっかけとしてアーティストCANDLE JUNEが発起人となり、災害時における緊急支援とその後の継続的な支援。それに伴う体制づくりによる復旧から復興までの支援を行なう為に設立された一般社団法人。 「悲しみから喜びへ」をテーマに毎年3月11日にはSONG OF THE EARTH 311という復興イベントを開催。これからの支援のあり方や防災、SDGsなどを災害地と結びつけるSOTEシンポジウムも設立。 311以降も熊本地震や台風被害地域など幅広く活動を続けています。

あなたにおすすめのプロジェクト

益子エールプロジェクト:コロナ禍で苦しむ益子の未来を拓く。

益子エール実行委員会益子エール実行委員会

#地域文化

48%
現在
976,000円
支援者
59人
残り
53日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする