プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

愛知県で唯一、日本女子サッカーリーグに所属する

- NGUラブリッジ名古屋 -

 

NGUラブリッジ名古屋は、1995年に名古屋グランパスジュニアレディースとして発足し、長く東海リーグに所属していました。2014年からは日本女子サッカーリーグへの昇格を決め、2015年シーズンから同リーグ3部チャレンジリーグに所属しています。 

 

この地域に愛され、応援され、そして目標とされる存在になるべく、これからも挑戦を続けたいと思いますが、チームの運営資金は決して潤沢なわけではなく、経済的にも厳しい状況にあります。そこで今回、チャレンジリーグ公式戦、および練習試合のための遠征費用の一部を募集しています。

 

皆様のご支援を、よろしくお願いします!
 

 

愛知県を牽引するチームとして、
地域の皆さんに愛されるチームを目指しています

 

私たち「NGUラブリッジ名古屋」は、2017年シーズンよりクラブの名称を「NGU名古屋FCレディース」から「NGUラブリッジ名古屋」に変更しました。

 

「ラブリッジ」とは、愛知県の愛(LOVE)と知(KNOWLEDGE)をあわせた造語です。愛知県を牽引するチームとして自覚と誇りを持ち、子ども達や観戦していただいた方々を魅了できる様なプレーをし、地域の皆さんに愛されるチームを目指しています。

 

練習はもちろん、地域の方々とのふれあいも大事にしています

 

 

今シーズンは、なでしこリーグ2部昇格を、3年後には、なでしこリーグ1部昇格を目標にしており、今シーズンからは日本サッカー協会公認指導者S級ライセンスを持つ熊田喜則(くまだよしのり)監督を招聘しました。

 

熊田監督はINAC神戸レオネッサの監督をはじめ、ミャンマー女子代表監督などを歴任し、ASEANサッカー女子最優秀監督賞を受賞したこともあるスペシャリストです。 

「ここ名古屋から、変わるべき女子サッカーのあるべき姿を示す」
「名古屋のサッカー史に新たな1ページを残す自信がある」


こう意気込む熊田監督のもとで、なでしこリーグ2部昇格を勝ち取ってみせます!
 

 

トップチームの強化と育成、
女子サッカーの普及活動を大切にしています

 

私たちNGUラブリッジ名古屋は、トップチームを強化し、地域の方々から支援され、憧れられる存在になれば、サッカーに興味を持ってくれる女の子が増えると考えます。そして、サッカーに興味を持ち、プレーする女の子が増えれば、その中から優秀な選手が誕生します。

 

その女の子が成長し、トップチームでプレーするという循環ができれば、トップチームはさらに強くなることができると考えます。

 

子どもたちにサッカーの楽しさを伝える「なでしこ広場」を開催!

 

その一方で私たちは、育成年代の女子サッカー選手の育成、普及活動も大切にして来ました。一人でも多くの女の子が実際にボールを蹴り、サッカーの面白さに気づき、サッカー選手として成長することが、この地域のサッカー文化の発展につながります。

 

現在はトップチームの他に、18歳以下の選手で構成するユースチーム(東海リーグ1部所属)、15歳以下の選手で構成するジュニアユースチーム(東海リーグ2部所属)、12歳以下の選手で構成するジュニアチームの計4チームを運営しています。

 

私たちは、サッカーの技術を磨くだけではなく、サッカーに関わる全ての人にリスペクトの心を持ち、ひとりの自立した人間に成長できるよう導くことが重要だと考えています。そのため、選手の人間的成長を促すためのセミナーを適宜開催しています。普及活動としても、NGUラブリッジ名古屋のコーチや選手によるサッカー教室を随時開催するなど、女子サッカーの普及に努めています。

 

トップチーム選手たちによるサッカー教室。

 

トップチーム選手とアカデミー選手の交流会&BBQ!
トップチームを目指す子どもたちにはいい思い出になったはずです。

 

 

認知度の低さによる資金難

 

NGUラブリッジ名古屋は、特定のビッグスポンサーに頼らず、地域の企業、個人の皆様にご支援をいただきながら、ともに成長することを目指しています。

 

しかしながら、女子サッカーそのものの認知度が低く、私たちのクラブが3部チャレンジリーグに所属していることから、チームの存在はまだまだ認知されておらず、選手の強化に必要な遠征費用などの捻出が難しい現状にあります。

 

去年のリーグ戦でも、あと一歩というところで悔しい思いをしました。
 

 

皆様から頂いたご支援は、遠征費用の一部に充てさせていただきます

 

私たちが所属するチャレンジリーグは、全12チームを東西(EAST、WEST)6チームずつに分け、3回戦総当りリーグ戦を行います。リーグ戦終了後、EASTおよびWESTの1位と2位、3位と4位、5位と6位が3グループに分かれ、各グループ4チームにてプレーオフを行い、順位を決定します。総合1位はなでしこリーグ2部へ自動昇格、総合2位はなでしこリーグ2部9位のチームと入れ替え戦を戦います。

 

WESTには、静岡県から広島県までを本拠地とするチームが所属しており、選手、スタッフの交通費がかさむほか、試合開始時刻によっては、選手のコンディションを維持するために前泊が必要な場合もあり、宿泊費が必要になります。

 

また、チーム、個人の成長のために、強い相手と競い合い、足りない部分を知り、それをトレーニングで克服し、試合で実践するMatch-Training-Matchを繰り返す必要があります。そのためには強い相手の胸を借りる必要があり、愛知県外への遠征が必要にもなります。

 

そこで、今回のクラウドファンディングでは、今年07月01日からの遠征費用の一部を募集しています。

 

 

 

もっと強くなって、女子サッカーの裾野を広げたい

 

NGUラブリッジ名古屋は、日本女子サッカーリーグに所属する愛知県内で唯一のクラブです。この地域を代表する女子サッカークラブとしての自覚と誇りを持ち、今シーズン、必ずなでしこリーグ2部昇格という目標を達成します。熊田新監督の指導のもと、あとは資金という強い追い風があれば、私たちは必ずその目標を達成できると信じています。

 

そして、将来、この地域に女子サッカーが根付き、スポーツ文化として発展していくことに貢献します。 
 

今回のクラウドファンディングという機会を通して、NGUラブリッジ名古屋を知っていただくと共に、私たちクラブに共感・魅力を感じてくださった方々と共に、昇格を目指して一緒に戦っていただきたいと強く考えています。

 

選手、スタッフ全員で頑張ります!

皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 


最新の新着情報