プロジェクト概要

人工知能「「Lummy」」がウェブ上で為替変動の予測をし、

その結果をユーザーに情報提供、および解説などを行うウェブサイトを作ります!

 

こんにちは!エンジニアの副島利康と申します。大学を修了してからICOT(第5世代コンピュータ)の研究所に所属し、1990年当時から通産省が行っていた第5世代プロジェクトの人工知能の開発を行ってきました。現在は独自で開発を行っています。

 

今回、為替動向の予測に特化した小さな機械学習システムを応用した「 Lummy 」という人工知能を開発しました。95%のトレーダーが失敗すると言われる為替予測をコンピュータを使って機械的に予測し、多くのトレーダーの参考にし、異常な動きを検知して危機回避に役立ちます。

 

しかし、ウェブサイトの立ち上げに際して、分かりやすい、見やすいサイトをデザイン、製作するための資金100万円が足りていません。どうかみなさまのお力をお貸しいただきたいとおもいます。

 

 

95%が予測不能といわれる為替の動向を

コンピュータを駆使して予測します。

 

実際に1年ほどの間、予測を行ってきました。当初はかなり間違った予測をしていましたが、機械学習が進むにつれ予測の精度があがってきました。これが一番の要因です。現在のところ85%以上の確率で翌日の為替動向範囲を予測できます。個人投資家など、大手の機関投資家にしか利益が出せない現状を打破することで、国内の投資家の重要な情報になると思われます。

 

出典:The São Paulo Stock Exchange

 

詐欺まがいの投資情報なども多く出回るご時世

それらの被害にあっている個人も多くいます。

 

当然ですが、現状では多くの情報を瞬時に収集できる機関投資家が有利です。また、中央銀行などの動向なども大きく関わってきますが、その都度、個人投資家は損害を受けています。金利がマイナスとなってしまうような現状では、特に個人は利殖の機会もありません。なんらかの方法で現状を変えて、多くの個人がリスク資産でも比較的安全に利益を出せるようにするのが理想です。

 

また、詐欺まがいの投資情報なども多く出回っており、それらの被害にあっている

個人も多くいます。Lummyを使うことで、100%ではないとしても、なるべくシンプルで有効な情報を提供することで、多くの個人がリスクをコントロールできれば、重要な情報ということになると考えます。

 

 

為替動向の予測に特化した小さな機械学習「 Lummy 」開発を応援してください!

 

95%が予測不能といわれる為替の動向をコンピュータを駆使して予測しようと思い、実験を繰り返してきました。物事を予測するという理論にはいろいろなアルゴリズムがありますので、それらの中から有用と思われるものをいくつか並行して開発しています。ようやく結果が出せるようになってきましたので、皆さんにも評価してもらおうと思ったからです。すでに開発を行った Lummy という名の人工知能を使い、多様な角度から為替市場を分析して情報提供を行います。人工知能「Lummy」の普及は投資家の方々にとって役に立つはずです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

 


 

 

◎1000円をご支援いただいた方には、メルマガ3ヶ月無料
◎5000円をご支援いただいた方には、メルマガ1年無料

※こちらは7月より配信予定です。
◎10000円をご支援いただいた方には、主要クロス円予測の閲覧半年無料!
◎30000円をご支援いただいた方には、サイトのコンテンツ全てを半年間無料!