ご支援を頂き誠にありがとうございます。

 

モルディブの甥が若干20歳で腎不全になり、移植以外助かるすべがなかった・・・。

 

こんなショックな現実が昨年訪れました。

彼は普段から余り水分を取る子ではなかったのですが

この現実を知った時、真っ先に私が思ったのは
『安全な水をもっと飲んでいたら・・・』と思ったのです。

実際、病気とは因果関係がなかったとしてもそう感じてしまうのです。

それに、モルディブでは高血圧、糖尿病、肝臓病もとても多いのです。

緊迫した甥の状態に、その兄が腎臓を一つ移植する事で一命を

取り留めることが出来たのです。

しかし、手術はスリランカで行われました。

 

医療設備が十分でない事も問題ではありますが、海外で治療を受ける

モルディブ人は非常に多く居ます。

 

普段から安全な水を飲む事ができる環境であれば

多少、食料が不足したり偏ったりしても体に及ぼす影響は違うのでは

ないでしょうか?

 

雨水は飲む事はできます。私も飲んで暮らしておりました。

しかし、体内に何かは蓄積されてしまうのではないでしょうか?

それが一生・・・

 

多くの人々が安全な水を飲めるよう、浄水器を贈りたい気持ちは増します。

 

何卒、ご支援の程宜しくお願い致します。

 

新着情報一覧へ