READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

命と、勇気を守る「まもるまる」で、女性へのAED使用率を上げる!

命と、勇気を守る「まもるまる」で、女性へのAED使用率を上げる!

支援総額

524,800

目標金額 410,000円

支援者
69人
募集終了日
2022年9月15日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

 

INDEX

1. ABOUT US

2. プロジェクト内容ー「まもるまる」とは

3. 専門家からの応援メッセージ

4. 過去の実績

5. 今後の展望

 

ABOUT US

こんにちは!私たちは、公益財団法人 日本AED財団 学生チームに所属する医療系大学生の団体です。

まもるまる」というプロジェクトを興し、2019年より活動しています。
公式サイト:https://mamorumaru-aed.org/

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

高校1年生の夏、私たちは  「inochi学生フォーラム」という中高生と大学生が医療の課題解決に取り組むプロジェクトに参加しました。

 

私たちが取り組んだ課題ー「心臓突然死」とは

正常な心臓が、心室頻拍や心室細動を起こし停止してしまうという、とても恐ろしい、誰にでも起きうる現象です。

 

心臓突然死を起こした人は倒れ、胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDなどの救命処置が必要になります。 

現在、心臓突然死は年間7.9万人もの人に起こっています。

計算すると、7分に1人が心臓突然死で命を落としていることになります。

それに対応するため、AEDは日本中に59万台もあり、日本はAED大国と呼ばれています。

AEDが使用された時の救命率は53.2%と使用されなかった時の約6倍にもなります。

 

しかし、AEDは依然低く、さらに新型コロナウイルス感染症流行により、2020年の使用率は4.2%と低くとどまっています。

 

その深刻な事実を知った私たちは、救命講習に参加しました。

全国各地で、胸骨圧迫・AEDの実施率を上げるために心血を注いで活動されている方々がたくさんいらっしゃいました。

同時に、多くの方が意欲的に活動されている背景には、心臓突然死で亡くなられた方への強い想いがあるということを感じました。

私たちはAEDの必要性を感じ、AEDの使用率について追求したいと思うようになりました。

 

性別とAED

 

小学校ではAEDの使用割合に性差はありませんが、中学、高校と年齢が上がるにつれ、男子生徒に比べて女子生徒の方がAEDを使用される割合が低いことが報告されています。

このことを知った私たちは、女性へのAED使用率が低いという課題に対して、「女子学生である私たちがやらんで誰がやるねん!」という思いで取り組むことにしました。

 

| プロジェクト内容ー「まもるまる」とは

女性へのAED使用率が低い原因の一つとして、救命処置の際、女性の肌に直接触れる、見ることへの抵抗感が考えられています。

 

心停止で倒れた人を救いたいという思いがあるにもかかわらず、抵抗感が障壁となり救命処置が行われないことがあるという現状を知り、助けられる人の命と助ける側の助けたい思いを守りたいと思いました。

 

そこで私たちは、救命処置を施す際に体を簡単に覆うことができるシートまもるまる」を考案しました。

 

倒れた人の体が露出されるのを防いだまま、迅速にAEDの使用・胸骨圧迫を行うことができます。

また、コンパクトに折りたたむことができるため、AEDボックス内に収納することができます。 

 

・寸法:タテ 950mm × ヨコ 700mm

 

実際の使用の様子

https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=UFQIovTDTgg

※現在のバージョンと裏面のデザイン、たたみ方が異なっています。

 

使い方

AEDの指示に従ってください。

胸骨圧迫は絶え間なく!(電気ショック時を除く)

 

保管方法

まもるまるを AED のそば (AED ボックスの中など ) に配置してください。

下からくるくると巻いて、二つ折りにして畳んでください。

 

 

リターンについての注意事項

 

〈寄付控除について〉

本プロジェクトは、任意団体 日本AED財団 学生チーム まもるまるによる行われるため、寄付控除の対象となりません。ご注意ください。

 

〈「まもるまる寄贈セット」寄贈先について〉

・対象:学校(小学校、中学校、高校、高専、大学、短大、専門学校)、消防団

・募集方法:弊団体SNS(Facebook、Twitter)にて募集

・募集数:50施設

・決定方法:先着順

・適切に寄贈先を決定出来る理由:職員等に救命訓練を行っていることを確認し、もし行っていない場合は外部講習の受講を推奨します。

 

※皆様からいただいた支援金は団体会計の山下結子が受け取り、プロジェクトにおける会計管理をいたします。

 

専門家からの応援メッセージ

 

 

 

これまでの設置先敬称略

 

※名称掲載の許諾を得ています

 

 学校

 つくばみらい市立谷和原中学校

 尼崎市立大庄中学校

 八尾市立八尾中学校

 大阪大谷大学

 茨城県立下妻第二高等学校

 つくばみらい市立小絹中学校

 

 講習会

 千葉PUSH

 愛知PUSH

 河北町消防団

 三郷市消防団

 飛騨市防災士会

 知多市福祉救援ボランティア

 新潟県赤十字安全奉仕団

 たき未来企画

 笠井防災学習考究社

 

 スポーツ

 SUGATA株式会社

 十勝地区サッカー協会

 長野県トライアスロン協会

 サッカーチーム

 

 その他

 和歌山ノーキョー食品工業株式会社

 株式会社八洋

 のあっく自然学校

 大自然のひろば

 大星湯

 医療法人社団なつみ会 まえだクリニック

 

受賞歴

inochi学生フォーラム2019 最終選考会 最優秀賞

inochi学生未来フォーラム2019 優秀賞

PVC Award 2019 審査員賞

全国高校生My Project Award 2020 全国summit ファイナリスト選出

第49回日本救急医学会総会・学術集会 学生・研修医セッションにて優秀演題

 

今後の展望

「まもるまる」は倒れた人のプライバシーだけでなく、助ける側の意欲も守りたいという、私たちの想いが詰まった製品です。

 

皆様のご協力を賜り、2022年1月頃から全国の学校、講習会、スポーツクラブ等に配布を行い、100枚全て配布することができました。

 

現在、さらなるご依頼もいただいており、私たちもお応えしたいと考えています。

しかし、学生団体で使用できる金額は限られており、新たな「まもるまる」制作のために必要である金額は私たちの力だけでは捻出できるものではありません。

そこで、クラウドファンディングで皆さまにご協力いただきたいと考えています。

 

そして、継続的に販売するため、最終的には企業による販売を目指しています。

ご興味をお持ちいただけた企業の方は、下記までご連絡お待ちしております。mamorumaru.aed@gmail.com

 

あなたも、命と勇気を守る「まもるまる」で、性別を超えた救命活動をしませんか? 

プロジェクト実行責任者:
琴浦 陽南(日本AED財団 学生チーム まもるまる)
プロジェクト実施完了日:
2022年11月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

日本AED財団 学生チーム まもるまるが、体を覆いながら迅速に救命処置を行うことができるシート「まもるまる」を開発します。 【資金の使途】 〈固定費〉 ・ホームページのドメイン取得費 ¥1,886 ・ホームページのサーバー維持費 ¥6,288 〈変動費〉(100枚の場合) ・まもるまる本体製作費 ¥247,500 ・輸送費 ¥70,000 ・梱包費 ¥330 ・取扱説明書印刷費 ¥1,490 ・まもるまる周知用マグネット製作費 ¥9,760 ・オリジナルグッズ製作費 ¥10,340

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上でのリスクについて
本体価格高騰により、返礼品の一部変更(オリジナルグッズの製作中止等)および製作ができなくなる可能性があります。
リターンを実施する上でのリスクについて
本体価格高騰により、返礼品の一部変更(オリジナルグッズの製作中止等)および製作ができなくなる可能性があります。

プロフィール

女性へのAED使用率を上げる-まもるまる

女性へのAED使用率を上げる-まもるまる

リターン

4,100+システム利用料


alt

まもるまる本体セット

支援者様には、下記のものを返礼させていただきます。
・まもるまる本体 1枚
・取扱説明書
・まもるまる周知用マグネット
・オリジナルグッズ
・活動報告書(pdf)
・活動報告書へのお名前/設置先名称の記載

※領収書が必要な方は、ご購入個数を12個以内にしていただきますよう、お願い申し上げます。
※領収書は、発送時に連絡用メールアドレスにpdfにてお送りさせていただきます。

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

4,100+システム利用料


alt

まもるまる寄贈セット

まもるまるの設置を希望している学校や消防団に寄贈します。

支援者様には、下記のものを返礼させていただきます。
・オリジナルグッズ
・活動報告書(pdf)
・活動報告書へのお名前の記載

※弊団体にて募集した施設に寄贈します。寄贈先はお選びいただけません。ご了承お願い申し上げます。
※支援者様にまもるまる本体は送付いたしません。まもるまる本体をご希望の方は、「まもるまる本体セット」をお選びください。

※領収書が必要な方は、ご購入個数を12個以内にしていただきますよう、お願い申し上げます。
※領収書は、発送時に連絡用メールアドレスにpdfにてお送りさせていただきます。

支援者
30人
在庫数
5
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
35人
放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語 のトップ画像

放置竹林は無限の力を生む宝!豊かな水を浜名湖へはぐくむ里山再生物語

耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )耒田 寿夫 ( Nano Intention 代表 )

#地域文化

25%
現在
206,000円
支援者
15人
残り
33日

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする