プロジェクト概要

WOOD♡LOVE

木と生きる人を追って、日本の林業地を密着取材
「ユニーク製品紹介 & 林業界版リクルート情報サイト」をつくります!

 

はじめまして!杉山沙織(すぎやま・さおり)と申します。私たちは、林業女子会@東京と題して、“林業”に熱い思いをもつ約70人が、「森の仕事」をより身近に、よりリアルに感じてもらおうと活動しています!

「木の製品を始めとした、木にぬくもりや文化を感じる」
「アロマによる美容・健康・リラクゼーションで安らぐ」こうした感覚が味わえるのは、「森の仕事」をする人がいるおかげです。木を植え、育て、伐り出す「森の仕事」をする人がいて、初めて木が木の製品の材料になるんです。そこで、それらの源である「森の仕事の担い手」を支援することを目的として、プロジェクトを立ち上げました。

 

木の生産・加工・消費に関する情報サイトを作るため、全国各地の森の現場の魅力や可能性を探り、林業事業体や木工加工場で働く人々の声を集めるため、私たちが全国の林業地で密着取材を行います!

 

 

 

あなたの仕事は200年後に残りますか?
 

このプロジェクトのきっかけは、私自身が森林の保全と管理をする実践の場として「森の仕事への就職」を考えたことがきっかけでした。しかし、東京で育った私がいざ就職に向けて動いたとき、各県の林業事業体の情報がバラバラで、特色を知るためには、それぞれの地へ赴くしかありませんでした。そこで私は、従来のサービスでは知り得ない現場の情報を探すため、2年間かけて多くの林業事業体に足を運びました。そんな中で私が林業の世界観に心から惚れ込んだのは、ある林業家さんの思いを聞いてからでした。


—「いつもいつも四六時中、200年後にどんな木が、どんな森が求められているかを考えている。どこに行ってもどんな育林が施されているかが気になるし、その技術を実践して自分の森を作っていく。200年後の需要を考えるからこそ、世の中のどんな情報にも敏感になるし、だからこそあなたとこうやって話をしたいと思うんだよ。」


「ぽっ、と惚れた」と同時に衝撃が走りました。自分がいない未来の地球のために、常に思いを馳せながら取り組む仕事。一生関わりたいと思った瞬間でした。

 

 

 

人やWEBを介した情報にたどりつけなければ、

素敵な取り組みをしている地域や事業体を知ることすらできない


何のゆかりもない土地で林業への就業を考える際に決め手となるのは、その事業体の人間関係や雰囲気、受け入れ体制です。一方で、人やWEBを介した情報にたどりつけなければ、素敵な取り組みをしている地域や事業体を知ることすらできない、という現実がありました。私のように出身地以外の就業による林業就業を希望する場合、農林水産省の「緑の雇用」を活用することができます。これは林業への新規就業を国が支援する総合政策で、諸外国にはない画期的なものです。ただ、各地の林業事業体の情報は県ごとにバラツキがあり、就職活動で何社も訪問して比較検討することは難しいのが現状です。

 

 

「仕事と森との関わり」や「良さと厳しさ」を扱う媒体に、

真っ正面から取り組んでみたい

 

そこで私は、20-30代の若者の視点で就業希望者が最も必要とする情報を提供することを目指し、「仕事と森との関わり」や「良さと厳しさ」を扱う媒体に真っ正面から取り組んでみたいと思いました。幸い、学生時代に立ち上げた「林業女子会@東京」という場には現在老若男女70名ほどが各々に林業に熱い思いと意志をもって集まっています。

 

 

また、「森の仕事」の裾野を広げる存在として林業業界からの一定の知名度と期待が寄せられる中、今春公開になる映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」の試写会イベント ”WOOD JOB!でGOOD JOBみつけよう!” (5月4日実施@日比谷) を主催するなど、各種イベントや活動を重ねています。そして林業に熱い思いを寄せる方々は各地にも大勢いて、これらの思いを1つの形や場に表現していく企画を実行したいと考えるようになりました。

 

 

全国横断、本気の製品&仕事密着レポートを掲載した
「森のしごと×GOOD JOB」の設立!
 

本プロジェクトでは、「森の仕事×GOOD JOB」と題し、20~30代の若者の目線で林業の現場を「日々の生活」に接続していくために、全国各地の林業事業体で働く人々の声を集め、現場の魅力や可能性を探す「全国林業地巡り」を行い、「木製品紹介&林業界版リクルート情報サイト」を設立します。


私たちの設立するサイトの特徴は以下の3点です
・ 情報は必ずその業務を体験した上で書かれたものである
・ 取材者の視点で「その仕事は何のために働くのか」が書かれている
・ 就職以外で森の仕事と関わる可能性(木製品やイベントの紹介)も提示する

 

 

▶︎サイトイメージは【こちら】

 

 

私たちのサイトは、、、体、張ります!
木製品情報は全て自分たちが使ってみたもの
リクルート情報も現地体験の上、密着レポートします!

 

現在の日本には、こうした目線での林業事業体情報を全国横断的に扱った媒体がありません。このプロジェクトは、今年から全国各地の林業の現場で「林業の仕事取材」を行い、「森の仕事 密着レポート」を作成します。密着レポートは、その地域の外で育った人たちに対して就業機会を積極的に提供している林業事業体に限定して行います。レポートには,雇用条件などの一般的な企業情報だけではなく、職場風土、親方や働く若者達の声を掲載、1日の働き方ロールプレイングなどを掲載する予定です。

 

(定例活動:森づくり活動より)

(森めぐり活動:林業事業体 訪問より) 

(森めぐり活動:三重・家具工房 取材訪問より)

(森めぐり活動:栃木・集成材工場 取材訪問より)

(森めぐり活動:栃木・木工工房 取材訪問より)

 

 

「興味はあるけど・・・。

 具体的な話や体験を通じて現場を知りたい。」そんな声に応えます!

 

取材と合わせて見学体験イベントを実施して、「森の仕事」に「少しでも」関心のある人に実際に現場へ行っていただき、働く人の姿を見たりお話を聞いたりする機会、また同じ思いを持つ仲間との出会いを提供します。また、ただ闇雲に楽しいイベントを実施するのではなく、林業の世界の厳しさにも触れてもらいます。実際に「仕事が林業」であるためには何が必要なのか。「興味はあるけど、向き不向きもあるだろうし、もっと具体的な話や体験を通じて現場を知りたい。」そんな声に応えます。

 

 

 

ご支援金の使途

 

本プロジェクトでは、日本全国の林業事業体(6000カ所)のうち、“緑の雇用”制度を使い、広く若者を取り入れている1000カ所に対して、交流と取材の依頼書を順次送っています。そのうちの企画にご賛同いただけた事業体に対し取材に行き、

(1) 木の製品の紹介・活用サイトの構築

(2) 林業界版リクルート情報サイトの構築   
(3) 見学体験イベントの実施

を行いたいと考えています。その取材実行、イベント実施、サイト構築にあたっての資金として、300万を募らせていただきます。


 

最後に

 

このプロジェクトにより、「林業事業体」と「就業を望む人」の両者にとって有益なサービスを必ず実現してみせます。「林業事業体」は、職業イメージの不一致による新規就業者の離職という課題を抱えています。実際に入ってみないとわからない世界ではありますが、働く前に実際に現場で働く人から生の声を聞く機会を持つことで、そのギャップを埋めたいと考えています。「就業を望む人」にとっては、林業界の新しい知識・技術を集中的に習得できる場になります。

 

プロジェクトは、これらの一貫した目的の下でイチから運営されます。そして、情報の質の高さを担保するため、綿密な取材を基盤として、時には専門家や業界の方からご意見を頂きながら、各種企画をコーディネートいたします。同じ想いを持つ仲間との出会いが行動や発想を促す原動力となり、200年後、その時に求められている森が日本にありますように。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

引換券について

 

■ WOOD♡LOVEなお礼状

  ーヒノキの香りが漂うカードに木愛を込めて

(イメージ画像)

 

■ 林業女子おススメの木の製品「モクロック」(24ピース)

(イメージ画像)

(イメージ画像)

 

■ 林業女子おススメの木の製品「森のディフューザーセット」

(イメージ画像)

 

■ 林業女子おススメの木の製品「森薫る入浴剤3点セット」

(イメージ画像)

 

■ 林業女子コーディネート海外林業取材ツアー

 (現地までの渡航・宿泊・飲食等ツアー費は各自)

 

■ 林業女子コーディネート国内林業取材ツアー

 (現地までの交通費は各自)

 

■ スギ・ヒノキを使ったカヌー工房見学 & 乗船ツアーご招待

 (現地までの交通費は各自)

 

■ 山林を舞台にした、あなたのための

     ドキュメンタリー映像(10分)を制作します。

 

■ 林業女子の森での感謝祭へのご招待(2014年7月13日あるいは9月13日)


最新の新着情報