プロジェクト概要

 

美を楽しむために。知って頂きたい事があります。

 

皆さん美術展と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

 

上野や銀座、都心などで開催される事が多く、電車などの移動に含め、その行き帰りや、人ごみに疲れて帰るイメージが強いのではないでしょうか。

 

そんなイメージを払拭したい、美を楽しむ展示会を最高の体験にしたい。

 

そんな思いから私は、美術展や作品を楽しむと同時に、季節の風景、音、食、建物、温泉など、総合的にその日一日をまるまる楽しめるような催しをできればと考えました。

 

そのために皆様のお力が必要です。どうか最後までお読み頂けると嬉しいです。

 

 

 

主に「桜」「椿「藤」「松」などの巨樹巨木や花を日本画で描いています。

 

改めまして、ページをご覧頂き有難うございます。伊東正次と申します。

 

今まで主に日本画で「桜」「椿」「藤」「松」などの巨樹巨木と言われる樹木と花を描いてきた作家です。大きさは手のひらサイズから横10mにも及ぶ襖絵などです。

 

作品を多くの方に見て頂きたいと願う私たちですが、美術作品と展覧会だけではなく、その日一日を楽しめるような体験をして頂きたい。常にそう考えています。

 

そこで私たちは、様々な地域へ足を運び、「襖絵の回廊展」を開催したいと考えました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

その場所、その場所ででさまざまな方たちと、襖絵が出会ってくれることを。

 

今まで古民家、寺社、老人ホーム、ホテルのロビー、歴史的建造物など、美術館やギャラリーとはちょっと違う、一般の方が行き交うようなスペースでの展示、あるいは、建物やそれをとりまく風景と絵画作品をふくめて楽しめるような展示を行ってきました。

 

今回は特に、襖絵を回廊上に展覧し、歩きながら楽しめる展示会を開催しようと考えています。

 

今後も、いろいろな地方での展覧会を予定していますが、そんな中でも最も力を入れておりますのは、2017年2月28日〜4月26日の期間に開催の「ぶどうの丘美術館」(山梨県勝沼)です。

 

しかし、その為の開催費用がとてもギリギリな状況です。そこで今回皆様に是非応援して頂きたいと思いこうして、プロジェクトを立ち上げさせて頂きました。

 

 

展覧会を観るために人が移動するのではなく、人のために、展覧会を移動させます。

 

「ぶどうの丘美術館」(山梨県勝沼)

2017年2月28日〜4月26日

 

桜と桃の満開の時期に、花を楽しみながら、日本画襖絵の美術展覧会を味わいながら、ワインや音楽、温泉などを楽しんで頂きたいと考えています。

 

美術館の周りが、桜や桃で一色に染まる時期。

 

それらのすばらしい風景を楽しみながら、かつ、温泉、ワイン、音楽などを楽しみながら、その上で、襖絵の展示を味わえるそんな展覧会にしたいと思っています。

 

そのために皆様の皆様のお力が必要です。どうかご協力お願い致します。

 

 

費用詳細

 

・搬入搬出費用  500,000円

・額縁アクリル板 500,000円

・作品制作費   500,000円

・その他手数料等 200,000円