プロジェクト概要

高校生レーサー岩井正典がトップレーサーの登竜門「スーパーFJ」に出場し、優勝を目指します!

 

はじめまして、岩井正典です。「F1レーサーになる!」という小学生の頃からの夢を実現するため、私は中学2年の時に伊豆の親元を離れて岡山県のプロレーサー養成学校NODAレーシングアカデミーに入学しました。高校2年生になった現在は、寮での暮らしにも慣れ、平日は学校で勉強とトレーニングを、週末には岡山国際サーキットでのアルバイトする日々を送っています。

 

今春、岡山国際サーキットにて開催されるスーパーFJ岡山チャレンジカップ第2戦に参戦します。優勝して、地元で私を応援して下さる後援会の皆様、両親、そして今回のプロジェクトで支援して下さる皆様に喜んで頂ければと思います。試合を通して私の実力をプロのチームに認めてもらい、F1の舞台に向けて着実にステップアップしていきます。

 

私の学費のために深夜まで働く両親にレース参戦費用までは負担をかけられない、との想いからこの度、皆様のお力をお借りしたいと思います。どうかご支援よろしくお願い致します。

 

(レース直前。緊張感が走ります)

 

きっかけはデパートの催事場で行われたじゃんけん大会

初めて目の前で車のレースを観た僕はシートから飛び上るほどの衝撃を受けたのです

 

ある日、家族でデパートに行った際、催事場に100人以上の人が集まり、じゃんけん大会が開催されました。わけもわからず参加した私はなんと1等賞になったのです。その賞品が車のレース観戦チケットでした。これは後から判った事ですが、実はそのじゃんけん大会は富士スピードウェイ主催のPRイベントだったのです。

 

当時、特に車に興味は無かったのですが、折角の機会なので観戦しに行くことになったのです。そしてレース当日、僕は何が始まるのかとワクワクドキドキ!レースがスタートした直後、僕はシートから飛び上るほどの衝撃を受けたのです。マシンのスピード、サウンド、独特のニオイ、その全ての虜になったのです。

 

帰宅してからもずっと興奮が収まらず、夜遅くまでレースの話題で盛り上がっていたのを今でも覚えています。そんなきっかけでフォーミュラーレースと出会い、僕のその後の人生に大きな影響を与えたのです。その後も時々観戦に行くようになり、次第に自分もドライバーになり、フォーミュラーレースの最高峰であるF1の舞台で活躍したいと思うようになりました。

 

(運命の1日★すべてはこの日から始まったのです)

 

カート経験も実績も全くない、ゼロからのスタート

周りとの大きな差は徐々に縮まり走行タイムは学校で1番に!


私は中学2年の時に親元を離れ、念願の岡山県のプロレーサー養成学校「NODAレーシングアカデミー」に1期生として入学しました。同期のほとんどはレーシングカート経験者でしたので、当然実力には大きな差がありました。最初は実習授業についていくだけで精いっぱいでしたが、自分が好きで選んだ道なので人の2倍、3倍努力しました。その努力が実り、最初の1年で同期との差はうまり、今では走行タイムは学校で1番です。
 

(伊東市長へ表敬訪問、レースの魅力と今後の意気込みを伝えるMASA)

 

(信頼するメカニックとマシンの細かな調整を綿密に行いレースに挑む)

 

 

元F1レーサー小林可夢偉氏などのトップレーサーにとっての登竜門と呼ばれるレースに参戦し、プロへの道を切り開きます!

 

2016年4月23日(予選)24日(決勝戦)の2日間、岡山国際サーキットにて開催されるスーパFJ岡山チャレンジカップ第2戦に参戦します。スーパーFJとはフォーミュラーレースの入門編ともいうべきカテゴリのレースです。日本全国の各サーキットで地方戦として全6戦を戦います。そして最終戦は地方戦での上位入賞者が集結する日本一決定戦となります。優勝者には、次のステップのカテゴリレースに優先的に参戦することが出来る権利が与えられます。

 

学校の授業を受けながら週末は岡山国際サーキットでのアルバイトをしているのでなかなか企業様へのスポンサー活動もままならないのが実情です。スポンサー無しでプロになるのは不可能に近いです。チームに認めてもらい、契約を結べるように、今はとにかく試合に出て実績を残したいと思います。

 

(体幹トレーニングに重点を置き、レーサーに必要な筋肉とバランス感覚を養う)

 

(表彰台のトップに立つ自分を常にイメージして走る!)

 

 

年間約500万円の学費に加え、年間6戦に参戦するには最低でも別途500万円もの費用が必要。皆様のご支援を力にかえてサーキットを走り抜けます!

 

NODAレーシンングアカデミーの学費は入学金、授業料、寮生活費、食費など込みで年間約500万円です、但し、レースに参戦する費用は含まれないので別途用意しなければなりません。練習走行の回数により幅はありますが、スーパーFJのカテゴリレースで年間6戦フル参戦するには最低でも500万円の資金が必要となります。

 

僕の父は週末を除く週に4日間、コンビニエンスストアで23:00~翌7:00までの深夜勤務のアルバイトをしています。2013年に立ち上げた後援会には、現在120名の方に所属して頂いています。僕の夢のために、日々休まず働き続ける両親や後援会で支援してくださる皆様を見て、自分にも何か出来ることがあるのではないかと今回、クラウドファンディングに挑戦しています。皆様からのご支援を力にかえて、必ず優勝します!どうか応援よろしくお願いします。

 

岩井正典君を応援する会ホームページ → http://izufull.com/masanori/

 

(レース後のインタビューでは張りつめた緊張が解け、笑顔が!)

 

 

◆目標金額80万円の内訳◆

①マシンのレンタル費用

②タイヤ、ガソリンなどの消耗品

③サポートして頂くメカニックさんへの報酬

④エントリーフィー

 

◆リターンについて◆

 

・レーサー岩井正典の応援Tシャツ(MASA・T

※カラーはブラック・ホワイト・レッドの3色
サイズはS・M・L・XLからお選びいただけます

 

・MASA(正典)がレースで着用するレーシングスーツと、時速200㎞で疾走するフォーミュラーマシンに貴方のお名前(お店または企業名等の広告でも可)をプリントして「走る広告塔」となり、宣伝させていただきます。


最新の新着情報