日本人の父とガーナ人の母を持つ3兄弟で結成されたヴォーカルユニット YANO BROTHERS の長男、矢野マイケルさんからのメッセージです。

 

-----------------------------------------------

もう21世紀だから戦争やめようよ。

 

俺は大金持ちになれなくても、人間レベルを上げ続けていきたい。

 

自分自身がLGBTsじゃなくても、共存する中で自分と異なる存在だからといって拒否や差別は、本当の意味での一番ピースな選択肢じゃないと思う。

 

家族にも話せない、友達や先生にも打ち明けられないで苦しんでいる子どもたちがいます。

 

自分のまわりにはいないから、ではなく、知ってほしいです。 どんなことを悩み、苦しんでいるのか。

 

LGBTsのことだから、よくわからないとか、関係ないではなく、みんなの悩みと同じように、子どもたちの悩みとして。

 

ぜひ、学校プロジェクトを応援してください☆ Get in touchからのメッセージ、想いを広めて下さい。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

「一般社団法人Get in touch 」は、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざし、第一弾のサルサガムテープ+Get(https://www.youtube.com/watch?v=Y-jxq... BROTHERSとGet(東ちづる)によるメッセージソング『Get in touch!』のPV(プロモーションビデオ)を制作。国内のラップ選手権で優勝した長男の矢野マイケルが、日本とアフリカのテイストをミックスした新ジャンルの音楽、ジャフリカンバージョンにアレンジ。

 

MAZEKOZEの社会の実現をめざすメッセージソング『Get in touch!』プロモーションビデオ

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)