全盲のシンガーソングライター佐藤ひらりさんよりメッセージをいただきました! 

---------------------------------

 

私がこの映画で感じたことは、まさに「私はワタシ」です。

特性も性格も当然違う私たちなのに、生きていくなかで生きづらさを感じている。

 

それを、LGBTsのみなさんの思いを通じて、表現してくれていると言うことです。

 

私は視覚障害があり、晴眼者のみなさんと生きるうちに悩みも出てきました。

でも、見えないからできること、見えていたら味合えなかっただろうと思えるような感覚も、たくさん楽しめています。

私は日々身をもって、「私はワタシ」を体験しています。

 

みなさんも、この映画を見て、「私はワタシ」を体験してみませんか?

全てはわからなくても、LGBTsのみなさんの思いを通して、「私はワタシ」と思いながら日々を過ごせたらと思います。

 

私のように子どものうちにこの映画を感じることができれば、自分という私を信じて歩ける人が増えるんじゃないかと想います。

 

佐藤ひらり

 

2001 年、新潟県生まれ。視神経低形成により生まれつき全盲。5 歳の時ピアノに 触れ音楽に目覚める。老人ホームや東日本大震災の避難所での慰問コンサートなど県内外 で演奏活動を行う。2013 年NYアポロシアターのアマチュア・ナイトでウィークリー・ チャンピオン獲得、2014 年デビュー・ミニ・アルバム『なないろの夢』、2015 年 2nd アルバム『こころのうた』リリース。将来の夢は 2020 年東京オリンピック/パラリンピッ クで国歌を斉唱すること。現在、筑波大学付属視覚特別支援学校 在学中。

 

 

Get in touch!  佐藤ひらり+Get  -MAZEKOZEの社会をめざすメッセージソング-

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)