出演者 モンキー高野さんよりメッセージをいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私はトランスジェンダーです。 身体は女、心は男。小さいときからずっと、男だと思っていました。 でも、チンコがなくて不思議だなあと・・・、立ちションしたくても出来ない自分にイライラ。 結婚結婚!とうるさい母に、自分は女の子が好き!とカミングアウトしたのが22歳。それから会うたびに説得。でも、23年たった今も母は「昔は可愛かったのにもったいない!」と不満顔。会うたびパートナーにも嫌味を言う母。

 

ところが、先日久しぶり実家に帰ると、玄関に家族写真や自分が小さかった時の写真と共に、パートナーと旅先で撮った顔を寄せ合っている写真が大きく引き伸ばされて飾ってあったのです。それを見たパートナーの嬉しそうな顔。

 

カミングアウトは苦しみの終わりじゃなく、スタートラインに立つと言う事だと教えてくれた人がいました。 23年前のカミングアウトがなければ、喜ぶパートナーの顔を見ることはなかったんだと思うと、カミングアウトして本当に良かった! 仲間がいるから大丈夫!みんなも1人じゃないよ!多くの子ども達にこの映画を観てもらえたら嬉しいです。

 

手話フレンズ 代表

モンキー高野

左 モンキー高野さんと右 パートナーのらーちゃん

 

 

 

【モンキー高野さんプロフィール】

手話フレンズ代表 神奈川県川崎市出身、都立石神井ろう学校卒業。千葉県九十九劇団「真間の夜ばなし」、AZ「おかしな魔女の物語」、イスパシオ「カフカ/変身」、「天使のプロジェクト」、映画「アイラブユー」などに出演。立川ろう学校PTAに手話指導を行うほか、平塚ろう学校をはじめとする全国のろう学校でワークショップを開催。「日本手話の魅力とは?」「LGBTとは?!」「今と私」「海外体験記」「ろう者、聴者の手話コミュニケーションのズレ」「CL・ロールシフトワークショップ」などをテーマに講演活動も行っている。

 

【手話フレンズ】

https://www.shuwafriends.com/

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ