新規就農者向け研修住宅「めぶき」の内装工事は日々進んでいますが、資金調達も同時並行で進めています。


資金調達の一つとして市の助成金を申請し、2月25日にプレゼンテーション審査が行われたのですが、無事に採択されました!


自己資金、ご寄附(READYFOR?も大いにお世話になりました)、助成金と色々な資金のおかげ様で資金的な目処も何とかなりそうです。


今回の新規就農者向け研修住宅「めぶき」のプロジェクトに関しては、当初の計画に比べて途中から土地の取得費&工事費用が予想外に上がったのですが、既に一部動き出していた部分があったため、予算がないから止めるという選択が状況的にできなかった事もあり、跳ね上がった予算を新たにねん出せねばならないという厳しさが実は水面下でありました。

 

地域おこしの本質を踏み外さず、自分のためだけにやるのではなく、地域にとっても役に立つ取組を地道に途中であきらめる事なく進めておれば、困難な状況も乗り越えていけるのだと思います。

 

今後も常に本質を忘れずに取組を進めていきたいと思います。
今回の助成金の審査員の方々からありがたいアドバイスを頂きましたので写真掲載させていただきます。

新着情報一覧へ