こんにちは、大阪国際メディア図書館です。
いや〜寒い!寒すぎる!!もう上着を出してよいのでしょうか。しかしまたふわっと暑くなったりして…などと考えてしまい、二の足を踏んでしまいますね。

 

さてまずは現在のプロジェクト状況ですが、30万円を超えるご支援が集まっています。ありがとうございます!

のこり19日で目標まであと685,000円。余裕のあるペースではないかもしれませんが、頑張っていきたいと思います。

 

そんな中、5度目の投稿となる今回は単刀直入に「ロゴ」の話を致しましょう。

皆さん、こちらのマークをご覧ください。

 

 

おそらくどちらも知らない、という方はおられないでしょう。日本を代表すると言ってもいい、お菓子メーカーと石鹸製品の図。
では、これらのデザインがおなじデザイナーさんによるものだということはご存知でしたか?そのデザイナーさん、当館が運営する写真表現大学でも講師をしていただいている奥村昭夫さんという方なんです。

 

 

奥村先生のデザインワークスは、そのどれもが日本の各分野を代表する企業や組織といったもので、今日まで多数の受賞も受けられています。

というか、今このページをご覧いただいているあなたは、すでに奥村先生の知られざるロゴに出会っているはず。なぜ断言できるのかですって?なぜなら…

そう、何を隠そう当館のロゴもまさに、奥村先生の"子ども"だからです。

 

 

「図」をかたどりつつ、どこかマスコットキャラクターのような親しみを覚えるこのマーク。僕はとっても好きなのです!

また当館が運営する「写真表現大学」や「Eスクール」についても奥村先生によるロゴを使用しております。

 

なお奥村先生にはデザイン分野の書籍を多数寄贈いただいており、「奥村昭夫コレクション」として皆様に閲覧していただけます。

それは、日本を代表するクリエイティビティには膨大かつ多様な知識が必要だということの証でもあるのです。

 

次代のクリエイターが育つ場となるべく、皆様からのご支援をお待ちしております!

新着情報一覧へ