本日の夕方に、修理を終えたオルガンが明治村へ届きます。

搬入後、最終的な調整を行い、週末のコンサートに臨むのです。

 

先日、調整のための試奏が、長野の工房で行われました。

今回のコンサートの奏者・中村証二さんも駆けつけてくださり、

ストップや足鍵盤の位置、鍵盤の感触や音色を確認されていました。

 

試奏の様子を少しだけご紹介いたします。

 

 

新着情報一覧へ