プロジェクト概要

小さな図書館を集めて一冊の本を作ります
『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を出版!

 

こんにちは、礒井純充と申します。“まちライブラリー”という小さなコミュニティ・ライブラリー作りを2011年から始め、現在では全国約100カ所に広がっています。また、一緒に小さな図書館=「マイクロ・ライブラリー」を応援する会を運営しています。READYFORでは、去年8月に「マイクロ・ライブラリーサミット」の開催費を募集し58名の方から温かいご支援のもと無事サミットを終えることができました。ありがとうございます!マイクロ・ライブラリーの取り組みは、一人で始めた小さな取り組みですが一歩一歩積み重ねて、気がつけば全国に広がり、たくさんの活動が実施されるようになりました。

 

マイクロ・ライブラリーが全国各地に広まった活動の歩みを、本にして出版します。2000部の発行のための資金の一部として、今回も皆様のお力をお借りしたくプロジェクトに挑戦致しました。

 

(“図書館は魂の治療所” 走れ東北!移動図書館プロジェクト

/写真提供 シャンティ国際ボランティア会)

 

 

本を介して夢を実現する!

「マイクロ・ライブラリー」とは…

 

マイクロ・ライブラリーとは、個人や小さな組織が運営する私設図書館です。自宅やオフィス、カフェ、ショップ、お寺や病院などに本箱を設置し、また公共図書館にも開設されていて、移動型のものもあります。ライブラリー活動を通して子どもを育む環境を作ろう、まちを活性化しよう、人と人の交流を図りたい、と様々な想いで自らの夢を実現しようと始まりました。

 

(本を介して気の合う仲間と出会う! co-ba library)

(本がつなぐ子供と地域の輪 もものこぶんこ)

 


無事に開催!「マイクロ・ライブラリーサミット」2013

 

2013年、このREADYFORでスポンサーを募り、イベント「マイクロ・ライブラリーサミット」を開催し、2013版の本の発行を行うことができました。ご協力くださり、本当にありがとうございました。

 

(マイクロ・ライブラリーサミット2013年開催の様子)

 

 

『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014版を作ります!

 

今回のご支援の使い道は、
・『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014版をつくるために使用します。
・マイクロ・ライブラリー一覧の作成をします。

・マイクロ・ライブラリーサミットの講演の記録をまとめ、編集します。

 

【製作期間(予定)】

2014年11月1日〜2015年3月31日
【完成予定日(予定)】

2015年3月31日

【製作主体】

一般社団法人まちライブラリー発行部数:1000部
【仕様(予定)】
A5サイズ/192頁 白黒(一部カラー)無線製本
本の内容:

・今年8/29・30に開催するマイクロ・ライブラリーサミット2014の講演記録。

・全国の小さな図書館の一覧を作り掲載します。

(▲写真は、2013年版です。

全192ページ、定価1620円税込み)

 

 

8月29・30日開催!「マイクロ・ライブラリーサミット2014」

リトル・フリー・ライブラリーのトッド・ボルさんが来日し、

彼の活動も『マイクロ・ライブラリー図鑑』に載せます。

 

今年のマイクロ・ライブラリーサミットでは、ゲストに、世界最大規模のマイクロ・ライブラリーである「リトル・フリー・ライブラリー」の発案者トッド・ボルさんをお招きします。(サミットの詳細とお申し込みは文末をご覧ください)

 

「リトル・フリー・ライブラリー」は、家の庭先に巣箱型の小さな本箱をおいて、通る人が自由に本を手に取って読んだり置いていったりする地域の人に開かれたライブラリーで、全世界に約15,000カ所あります。また、日本国内から個人宅を開放したり、病院、ショッピングセンター、公共図書館で開設しているもの、スポーツをテーマしたり、大学生が取り組んでいるものなど、様々なスタイルのライブラリーが参加し、オーナー自らが本に対する想いやライブラリーの開設、運営の舞台裏をご紹介します。

 

(リトル・フリー・ライブラリー提唱者 トッド・ボルさん)

(リトル・フリー・ライブラリー 庭先に巣箱型の本箱を置きます)

 

 

マイクロ・ライブラリーは、

小さな個人の力でも、大きな役割が果たせる活動!

 

マイクロ・ライブラリーは、個人の力で高い社会性や公共性を実現できる活動です。しかも、誰にでもすぐに始められます。ライブラリーのオーナーは、みなさんの隣にいる普通の人で、多くの資金や大きな組織を持つ人ではありません。

 

こうした個人が活動を継続していくには、ライブラリーのオーナーが切磋琢磨し、互いに協力し励まし合う関係が大切です。加えて、ライブラリーを始めよう!という人をサポートする環境も欠かせないと思います。『マイクロ・ライブラリー図鑑』の出版と、「マイクロ・ライブラリーサミット」というオーナーが参加するイベントの開催を通して、志ある個人の想いや行動を支えていきたいと思っています。

 

(まちのコミュニティ・ライブラリー ISまちライブラリー)

 

 

みなさまからのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

是非、近くにある「マイクロ・ライブラリー」を教えてください!全国の「マイクロ・ライブラリー」に行ってみませんか?そして「マイクロ・ライブラリー」を始めてみませんか?みなさまと一緒に、マイクロ・ライブラリーのムーブメントを起こすことができればとても嬉しく思います。

 

 

引換券について


■サンクスメール

■「マイクロ・ライブラリーサミット2014」リーフレット

 (当日配布資料)をメールにてお送りします。

■『マイクロ・ライブラリー図鑑』(2014版)を進呈します。

■図鑑にはご支援くださった方のお名前をクレジット記載いたします!

■マイクロ・ライブラリーサミット2014参加ライブラリー

 

 

マイクロ・ライブラリーサミット2014 開催概要

 

日時:2014年8月29日(金)18:30-20:30

   30日(土)10:00-20:30

会場:まちライブラリー@大阪府立大学

 

参加ライブラリー:

29日 リトル・フリー・ライブラリー トッド・ボル氏

30日

  ショッピングセンターにあるライブラリー

    和歌山イオンモールのカフェ、JAMES TAYLOR

    岡本商店街まちライブラリー(スカイプ等中継)
  医療や福祉の現場のライブラリー

    関西医科大学附属滝井病院
    藤田歯科医院
  公共図書館と連携するライブラリー

    北海道恵庭まちじゅう図書館
    墨田区ひきふね図書館パートナーズ
  こだわりのライブラリー

    愛知県体育とスポーツの図書館
    島根県立短期大学松江キャンパス 

         おはなしレストラン ライブラリー
  世代を超えたコラボレーション・ライブラリー 

    奈良県大和高田市 個人宅の図書館
    大阪市東住吉区 一乗会 Youth Library えんがわ

  注目ブックスポット
    東急不動産 大阪城公園コミュニケーションモール
    立命館大学いばらきキャンパス

  上記は予定です。変更する場合がありますことご了承ください。

  詳細は随時ホームページでご案内いたします。

 

どうぞよろしくお願い致します。


最新の新着情報