プロジェクト概要

ずっと、バレーが好きでした。18年間で発表してきたバレー記事をまとめて単行本を出版したい!

 

こんにちは。バレーボール系フリーライターの中西美雁と申します。バレー部だった母の影響で、子供の頃からバレー観戦が好きでした。長じてバレーボールをメインに活動するフリーライターになりました。過去18年間あちこちで発表してきた私のバレー記事をセレクトしてまとめ、フルカラーの単行本として発行します。越川優、佐野優子、中垣内祐一、加藤陽一、山本隆弘等。書籍売り上げの一部は被災地にバレーボールを寄贈します。

 

しかし、フルカラーで印刷するための印刷費・写真使用料・協会に納める肖像権使用料など、150万以上が必要になります。皆様のご支援をいただけませんか。

 

(試合会場で取材中の筆者)

 

バレーライター歴18年。一時は仕事として関わることはおろか、バレーの情報に触れることすら苦痛だった状態から、観戦する楽しさを取り戻せた今、初めての単行本を出版したい。

 

これまで雑誌やムックを一冊丸ごと編集したり執筆したりということは何度もしてきたのですが、なぜか単行本は出版する機会に恵まれませんでした。選手や監督1人をメインにした本のお話しがあっても、自分が体調を崩してしまって機を逸したり、版元が見つからなかったり。それならいっそ、これまでの作品をまとめて世に出したいと思ったのです。


数年前、私はバレー関係のことでいやなことが重なり、体を壊してしまいました。バレーの仕事はおろか、試合を見たり、バレーの情報に触れることすら苦痛でした。そんな時に、故松平康隆名誉会長から「最近会場で見かけないけどどうしたの? また是非バレーを取材にいらっしゃいよ」と電話をいただいたことで浮上のきっかけを得ました。まずは松平さんのインタビューを、と企画を出して通った時、訃報を聞き、急遽追悼記事での復帰となりました。

 

(バレーボールを愛する気持ちを、単行本を通して多くのファンと共有したい)

 

復帰しても最初は記者会見に出席しても質問をすることができず、インタビューでも相手の目を見て離すことができない状態だったのですが、薄皮をはぐように少しずつ少しずつ感覚を取り戻し、2013/14シーズンには、「バレーを見るのってこんなに楽しかったんだ」ということを思い出せました。この機会に、是非自分にとって初めての単行本を、これまでの自分の作品をまとめたもので出そうと決めました。

 

このサイトでは、まだ書籍化が決定していないため、選手の写真が使えないのですが、実際の書籍にはプレイ写真やインタビューカットをふんだんに使用する予定です。

 

今まで多くの大会を取材してきました!

 

2004 2008 オリンピック

98、2002、2006、2010年世界選手権

99、2003、2007、2011ワールドカップ

97、2001、2005、2009、2013グラチャン

Vリーグ・黒鷲旗・天皇杯、OQTなど、数限りない試合を取材してきました。

 

最も感動した大会は三つ。2005年にタイで行われたアジア選手権。けが人や辞退者が相次ぎ、規定人数に満たないたった11人で出発した全日本男子が、フルセットで韓国を破ったりして、10年ぶりの金メダルに輝いた時です。このとき、日テレの中継スタッフを除くと、日本人記者は私一人だけでした。ここから植田ジャパンの奇跡は始まったのです。

 

あとは、全日本女子が史上初の出場権を逃した次のアテネオリンピック最終予選と、全日本男子が16年ぶり出場を決めた北京五輪最終予選ですね。いずれも選手の目に光る涙をしっかりと記憶しています。

 

(北京五輪バレー会場前にて)

 

以下は発表した記事のほんの一部です。

 

越川優「エース・折れない心」「全日本主将として」

中垣内祐一「撃墜王の孤独」「太陽ハ西天ニアリテ未ダ沈マズ」

加藤陽一「幸福の王子」

荻野正二「16年前の忘れ物」

山本隆弘「最後の、スーパーエース」

青山繁「遅すぎた邂逅」

菅山かおる「かおる姫と”本当の自分”との間で」

大友愛「大友愛は菩薩であります」

佐野優子「最後の東洋の魔女」

竹下佳江「銅メダルを獲得して」

松平康隆「追悼・男子球技で唯一五輪金メダルを獲った監督」

「カーテンコール」熊田康則 井上謙 広瀬美代子 成田郁久美 等

順不同・他多数

 

(加藤陽一のセリエA挑戦の記事を担当した)

 

大きな感謝を込めて。バレーファンに最高の1冊を捧げたい!

 

新旧のバレーファン・スポーツファンに捧げたいと思います。今バレーボールが好きな人たち、そしてかつて好きだった人たちへ。また、私の復活を辛抱強く待ち、支えてくださった多くの方々に感謝の気持ちを込めて。

 

書籍の売り上げの一部は、被災地にバレーボールを寄贈する予定です。

 

 

引換券について

 

1.サンクスレター(お礼のお手紙)

2.中西美雁よりメールでの進捗具合や取材こぼれ話などのご報告

*こちらのコースには書籍自体は含まれません。

3.書店に並ぶ前にバレーボール作品集『眠らずに走れ』を発送

4.本に支援者としてお名前を記載

5.中西美雁名義で発表された記事を一本指定していただき、『眠らずに走れ』に掲載いたします。

*過去に掲載された形そのままでは掲載されないこともございます。また諸事情により掲載が不可能な場合、代替の記事をご指定いただくこともございます。

6.中西美雁名義で発表された記事を二本指定していただき、

『眠らずに走れ』に掲載いたします。

*過去に掲載された形そのままでは掲載されないこともございます。また諸事情により掲載が不可能な場合、代替の記事をご指定いただくこともございます。


最新の新着情報