READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

[みまもりコール] 独居高齢者の孤立を防ぎ、生活の元気に!

深山雅弘

深山雅弘

[みまもりコール] 独居高齢者の孤立を防ぎ、生活の元気に!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

240,000

目標金額 700,000円

支援者
4人
募集終了日
2022年7月29日
募集は終了しました
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

 

私はこれまで、システム開発会社の営業や制作ディレクター・ネット系新規事業のコンサル・コールセンター会社のシステム担当などを経験してきました。

 

自分の人生も後半になり「自分の経験から、なにか世の中の役に立つことを残して人生を終わりたい」そう考え、シニア起業で立ち上げたのが「みまもりコール」です。

 

みまもりコール

https://mimamori-call.com/

 

 

設立は当初は東京都内で考えてましたが、起業にあたってご尽力いただいた千葉商工会議所やベンチャー支援団体さまの温かい期待に応えようと、私が生まれ育ったここ千葉市で起業することに決めました。2022年6月に創業したばかりのちっぽけな会社です。

 

 

本店のある海浜幕張は、幕張メッセやZOZOマリンスタジアムが有名ですが、最近では日本初のXゲーム開催地でも知られ、スポーツや文化、ビジネスが集約した躍動感のある街です。ここからみんなに笑顔と安心を届けるサービスを発信していきます!

 

経営理念、経営ビジョン、目標など

 

少子高齢化にともない、単身や夫婦の「高齢者のみ世帯」は増える一方です。離れて暮らすご家族も、今日の経済・社会状況下では「自宅で容易に老親の様子を確認することができない状況」にあります。 

 

見守りサービスは行政からも行ってはいますが、人間関係の希薄化などから、地域の目が届きにくいという現実も。みまもりコールは民間ならではの、きめ細かいサービスが特徴です。「高齢者本人にも、その家族にも元気で安心できる暮らし」をテーマに、活動を行っています。 

世の中に見守りシステムは多々ありますが、IoTを使った安否確認がほとんど。それではなにか味気ないなと私は感じます。コロナで在宅ワーク化が進み、人と人の接点がどんどん少なくなっている現代社会。

 

こんな時代だからこそ「会話でのつながり」が大切なのではないでしょうか。「みまもりコール」でのちょっとした会話が、在宅高齢者の孤立を防ぎ、生活の元気につながればいいなと願っています。

 

みまもりコールとは・・

 

遠く離れて暮らす高齢のご両親、元気で暮らしているか心配ですね。

 

みまもりコールは、あなたに代わって離れて暮らすご家族(ご高齢者など)を電話で見守るサービスです。担当オペレーターが電話でその日の様子をお伺い、異常や不測の事態には、迅速に関係各所に連絡をいたします。みまもり対象者さまご本人にも、ご家族さまにも安心でうれしいサービスなのです。

 

他の見守りサービスとの違い

 

現在、他社で行っている高齢者見守りサービスは、IT機器を取り付け、監視・通報するサービスが多くを占めています。電話での見守りサービスもありますが、コンピューターの自動音声であり、人と人が会話するものではありません。

 

「みまもりコール」はコミュニケーターが電話し、世間話を交えてご様子の確認などをするため孤立を防ぎ、電話がかかってくるのを心待ちにし、生きがいや楽しみにつながるサービスであることが競合他社と絶対的に違うポイントとなります。

 

やさしい人間味のあるサービス

 

「みまもりコール」は、コンピューターが電話をかけるオートコールシステムではありません。心やさしいコミュニケーターが、一人ひとり丁寧にご連絡。淡々と安否確認だけ行うのではなく、ちょっとしたお話などもおまかせください。寂しさがまぎれて元気がでてきます。

 

「遠く離れて暮らす両親が元気か気になる…」「忙しくてなかなか時間が取れない…」そんなとき、お客様に代わってサポートをいたします。

選べる柔軟な見守りコース

 

お電話の回数は、コースによって異なります。「毎日コース」「週2コース」「週1コース」の3つをご用意。生活環境にあわせてお選びください。

 

電話に出なかった場合は、すべてのコースで1日3回まで再コールいたします。それでも繋がらないときには、その旨メールでお知らせいたしますので、ご安心ください。連絡先は、他のご家族やご親戚など、申込者さまを含めて2ヵ所まで設定可能です。

安心みまもりレポート

 

日々のみまもり状況は、逐次メールでご連絡いたします。過去のみまもり履歴は、お客様専用マイページでご確認いただけます。さらに、契約者さまにより安心していただけるよう、コミュニケーターとの会話録音をマイページから再生できるようシステム構築中です。

 

 

 

 

生活者アンケート調査結果

 

生活者アンケート調査「ミルトーク」でヒアリングを実施しました。

 

質問:遠くで暮らす高齢の親がご心配の方へ

 

あなたの代わりに定期的に電話をかけて、日々の何気ないおしゃべりをする中でのご様子の変化などを察し、連絡をくれるサービスがあったら使いたいと思いますか? もし使うとすると、電話をかける頻度や価格はどれぐらいが適切だと思いますか?

 
 

 

回答数100人のうち9名(全体の9%)が、

金額・頻度の大小はあるが『使いたい!』と回答をしています。

 

30代 女性: 月1,000円前後、高くて2,000円程度で使いたい

30代 女性: 半年に1度、500円以下

30代 女性: 週4回 3,000円

40代 女性: 月3回 5,000円以下。

50代 男性: 週1回 5,000円

40代 女性: 週1回 3,000円

30代 女性: 話し相手になってくれるなら使いたい 3,000円以下

40代 男性: 2週に1回 2,000円くらい

20代 女性: 週に数回  価格 3,000円以下

 

属性を絞らない生活者全体に対する調査で9%の好意的な回答は、想定していた以上に優秀な結果であり、「みまもりコール」のサービスが市場で求められていることが確認できました。

 

みまもりコールの働き方

 

専門スキルが必要ないこと

 

「みまもりコール」のお仕事は、特別な専門スキルは必要なく誰でも参加できることが特長です。介護保険の適用外なので介護の資格はいりません。唯一の条件は、「人とお話しすることが好きな人」、「人からありがとうと言われる仕事がしたい人」それだけです。社会経験は豊富だが、残念ながらコロナで失業をやむなくされてしまった方にも是非参加していただきたいと願っております。

 

時間配分を自分で調整できる

 

コミュニケーター(みまもりコールでは架電オペレーターをこのように呼んでいます)さんは、8:00~18:00の営業時間のなかで自分で決めた任意の数時間、お仕事をしていただきます。1日のスキマ時間を使ってお仕事をするイメージです。

 

コミュニケーターさんはそれぞれ家庭の事情がおありでしょうから、1日の仕事量は約束していただいて、その時間配分は各人にお任せする働き方です。子供が熱をだして病院に行かなくてはいけなくなったなど、予定していたお仕事をこなせない事情が発生した場合は、コミュニケーターさんの間で仕事を分かち合う、助け合い制度も作ります。

 

障害者でも就業できること

 

「みまもりコール」は、身体に障害があり出勤が困難な方や、ご家族の介護や子育てで在宅を余儀なくされている方に対し、テレワークで社会活動に参加できる機会を提供していきたいと考えています。在宅ワークや障害者雇用のサイトと連携し、従業員の確保と情報収集・情報交換を図ってまいります。

 

 

 

プロジェクト内容と資金使途

 

妊娠・育児・介護・身体障害などさまざまな理由で、恒常的または一時的に通勤が困難な働き盛り世代も多いです。コミュニケーターにはICTを活用したテレワーク環境を提供し、個人に活力とゆとりを。ワークライフバランスの取れた新規雇用の機会を創出します。

 

本クラウドファンディングで調達する資金は以下のような資金使途で使用させていただきます。

  • 従業員の採用費
  • 教育・研修費
  • 従業員給与
  • 広告費
  • システム費(主にCTI通信費)

※調達目標金額 700,000円

 

 

私が心配しているのは、人材の採用・育成面です。

 

たくさんのお申込みをいただいても、それに対応するスタッフが揃っていなければお客様の期待に応えることはできません。

 

人材の採用や教育費・従業員給与は先行コストとして発生するものであり、このクラウドファンディングを通じてそのコストを賄う運転資金を調達したいと考えています。「みまもりコール」に参加していただく従業員の皆様に、キャッシュフローショートで賃金未払いということをしたくないからです。

 

 

プロジェクトの展望

 

「みまもりコール」の話をしたときに、「自分で電話すればいいじゃないか」という否定的な意見を聞いたことがあります。しかし私は、それは事業を進めるうえで問題ではないと考えます。なぜなら「みまもりコール」はマス(一般向け)を対象としたサービスではないからです。

 

たとえば、足が悪く外出できない方がいます。車椅子があれば障害があっても外の世界にふれることができます。車椅子は健常者にとってはまったく不要なものですが、障害者にとっては必要不可欠なものです。

 

世の中には、色々な事情があって「老親が心配でも、自分で電話をかけることができない方」が一定数存在します。そのような方々を救う車椅子にあたるサービスが今の世の中にありません。

 

そのような方々は、自分が親不孝にみられることを気にして、おおっぴらに困っていることを口にだしません。顕在化していない隠された市場であると言えます。この市場に対し、認知・啓蒙をし、「みまもりコール」はこの市場におけるデファクトスタンダートになることを目指します。

 

★★「みまもリコール」★★

★★是非ご支援お願いいたします!★★

 

プロジェクト実行責任者:
深山雅弘(みまもりコール株式会社)
プロジェクト実施完了日:
2022年8月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

「みまもりコール」サービスをスタートします。いただいたご支援は、従業員の採用費、教育・研修費、従業員給与、広告費、システム費(主にCTI通信費)に充てさせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
自己資金にて補填、融資も決定しています。

プロフィール

深山雅弘

深山雅弘

みまもりコール株式会社 代表取締役(61歳、シニア起業チャレンジ中)

リターン

10,000+システム利用料


alt

「みまもりコール」初回登録料無料(利用者向け)

「みまもりコール」の初回登録料が無料になります。「みまもりコール」のようなサービスを心待ちにしていた、「みまもりコール」をサービス利用者の立場として応援したいという支援者様にお選びいただいております。

本権は2022年7月よりご利用いただけます。有効期限はなく無期限です。ただし、将来的に事業の運営が難しくなった場合でも、支援者様への返金は致しかねますのでご了承ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000+システム利用料


alt

お礼メール、Webページへの掲載(個人向け)

ご支援いただいた感謝のメールをお送りするとともに、ご希望の方は当社Webサイトの支援者様名簿に掲載させていただきます。お名前は実名でなくてもかまいません。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000+システム利用料


alt

リターン不要!全力応援A

ご支援ありがとうございます。
感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000+システム利用料


alt

リターン不要!全力応援B

ご支援ありがとうございます。
感謝のメールをお送りします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000+システム利用料


alt

リターン不要!全力応援C

ご支援ありがとうございます。
感謝のメールをお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

100,000+システム利用料


alt

「みまもりコール」協賛企業(法人向け)

「みまもりコール」の活動に共感し、ご支援いただける企業さま向けです。当社Webサイトに協賛企業として掲載するとともに、当社SNSアカウントでの拡散、プレスリリースでメディア発信いたします。

ただし、公序良俗に反する企業、反社会勢力に関係する企業からのご支援はご遠慮ください。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

みまもりコール株式会社 代表取締役(61歳、シニア起業チャレンジ中)

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
107人
NEW
重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい! のトップ画像

重度の障害者が安心して暮らせるグループホームを建設したい!

社会福祉法人あぜくら福祉会 社会福祉法人あぜくら福祉会

#医療・福祉

0%
現在
0円
寄付者
0人
残り
64日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする