READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

復刻!「らんたい耳かき」久留米伝統工芸とハイテク素材の融合

Riverland

Riverland

復刻!「らんたい耳かき」久留米伝統工芸とハイテク素材の融合
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月31日(日)午後11:00までです。

支援総額

154,000

目標金額 300,000円

51%
支援者
28人
残り
6日
28人 が支援しています
**
**さんが21時間前に支援しました
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
7お気に入り登録
7人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月31日(日)午後11:00までです。

7お気に入り登録
7人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼突然ですが、マイクロファイバー耳かきと綿棒を比較動画をご覧ください

 

これは、パルメザンチーズを使って実験した動画です。

 

 

それぞれを容器にそれぞれを差し込みます。取り出した瞬間はあまりかわりませんが、軽くはたくと綿棒はかなり落ちてしまいますが、マイクロファイバー耳かきはしっかりくっついています。モップやメガネ拭きなどによく使われているマイクロファイバーは超極細繊維でしっかり絡みつくメカニズムです。

 

▼自己紹介

ご挨拶が遅れてすいません、プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私は福岡でフリーランスのデザイナーをしている、笠克也(りゅうかつや)といいます。

写真は伝統工芸職人(末吉籃胎漆器製作所三代目)の末吉正季さんです。

私たち15年ほど前にある商品プロダクトで出会い意気 投合し、様々なもの作りプロジェクト、イベントの開催を行ってきました。
今回はその中でも最初に組んで最大のヒットとなった商品【久留米籃胎耳かき らん】を復刻するプロジェクトにチャレンジします。

 

末吉籃胎漆器三代目 正季

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

久留米伝統工芸「籃胎耳かき らん」とは

その当時、定価3,800円の耳かきが福岡の百貨店を中心に半年で2,000本を売上げました。

福岡で百年の伝統を受け継ぐ工芸品「籃胎漆器(らんたいしっき)」と国内大手繊維メーカーのハイテク素材が 見事に融合した商品でした。

 

一本一本手作りの工芸品のため、価格は3,800円で限定100本を販売することになりました。

告知は地元タウン誌と百貨店会員の広報誌のみ、販売店は県内の都心を中心に展開していた百貨店である井筒屋3店舗。

 

ところが予約を開始し数日で予約数に達し、その後も問い合わせが殺到しているとの状況を百貨店から相談され、限定数を超えるものについては納期に余裕をもたせることを条件に生産数を順次増やしていきました。
待っていただく期間は最大で6ヵ月。それでもなお注文は増え続け、材料の限界数である2,000本まで生産を続けました。

地元のテレビ・新聞のみならず、雑誌の全国紙を賑わしたのです。

 

しかし、丁寧に手作りで頑張ってきたが職人さんたちが高齢化や下請け業者の廃業で、生産力が不足しました。さらにリーマンショックの影響で景気が落ち込むなど様々な事情で生産中止に...。

 

▼【久留米籃胎耳かきらん】ってどんな耳かき?

久留米の籃胎漆器(らんたいしっき)は100年の歴史を持つ工芸品です。

日本全国に竹の産地があり竹細工の工芸品は日本の伝統でもあります。その中でも竹の漆器は非常に珍しいものです。久留米籃胎漆器の最大の特徴は色違いの塗装を何層にも施し、竹編みによってできた凹凸を利用し表面を研ぎ出し下部層に塗った色を浮き出し、絶妙な文様を醸し出します。

 

久留米籃胎耳かき らん
【久留米籃胎耳かき らん】
グリップは黒に赤の下地の色が研ぎ出された伝統色
グリップは黒に赤の下地の色が研ぎ出された伝統色

 

汚れが目立つときは水洗いできます

 

この籃胎漆器の伝統技術をグリップ部分に採用し美しい伝統模様と優しい持ち心地、ただしこれだけではありません。
肝心の「耳かき」部分の最高級のハイテク素材を使用しているのです。
それは国内大手の繊維メーカーの高級マイクロファイバーです。

 

マイクロファイバーの極細繊維が細かい耳垢や張り付いた耳垢を吸着し、柔らかなのでデリケートな耳の中も傷みにくいのです。

“伝統工芸とハイテク素材のコラボ”そして“美しさと高機能の融合”これがヒットの要因だったと確信しています。

 

伝統工芸品【久留米籃胎】とは?

前述の通り久留米籃胎漆器は、福岡県久留米市の伝統工芸品であり、福岡県知事指定特産工芸品です。
しかし、現代の生活様式の変化や職人不足から存続の危機に直面しています。

 

 

例えば、昭和の時代では食卓に当然のようにあった籃胎漆器の菓子器や茶筒は当たり前の風景でした。スナック菓子は袋や箱を開けて直接食べるようになり、器の多くは100円ショップで十分事足りるようになりました。網目と模様が特徴的で持ちやすく人気だったお箸も、食洗機では塗装がもちません。
また、マーケットが縮小すれば当然ビジネスとして継続は難しくなります。

 

分業制だった工芸品は竹編みの下請け業者が次々と廃業していきました。
それでも根強いファンがいたので高級化した籃胎漆器は百貨店の売り場や、工芸展などの催
事販売が販売チャネルでした。
ご存知のように、百貨店は全国的に低迷し売り場は急激に先細りしています。

 

▼耳かきだけでなく【久留米籃胎】の新しい取り組み

記録では最盛期、久留米には30件以上の工房がありました。ところが現在では3件のみです。
新しい試み、そこで試行錯誤の結果【久留米籃胎耳かきらん】が開発され光明が見えました。その後、伝統色(黒や朱色)にこだわらず、ホワイト・ピンク・ブルーなどの新色で食器を開発しました。

 

白い籃胎 らんでぃっしゅ
籃胎のアクセサリー

 

白い籃胎「らんでぃっしゅ」
白い籃胎「らんでぃっしゅ」

立体的な絵画風の高額な装飾品も少しずつ広まっています。
新型コロナは大きな影を落としましたが、まだ職人たちは諦めていません。
ぜひ、皆さんの力を貸してください。

 

プロジェクトを通じ久留米籃胎漆器の機能性・デザイン性の素晴らしさを皆様に知っていただくこと

何より地元福岡の皆様にも再認識していただきたいと考えています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【プロジェクト終了要項】


製作物    
久留米籃胎耳かき らん


籃胎アート 赤富士

 

製作完了予定日    
2021年2月28日

 

製作個数    
久留米籃胎耳かき らん 200セット
籃胎アート 赤富士 5セット

プロフィール

福岡県久留米市で主にデザイン・ブランディングやイベント関連の仕事に携わっている、RIVERLANDの笠(りゅう)克也と申します。福岡から出たことがない井の中の蛙ですが、地元愛は人一倍強いと自負しております。 ■1965年生まれ 県立久留米高校→久留米大学卒

リターン

4,000

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き(20%OFF)

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き(20%OFF)

久留米籃胎耳かき「らん」・久留米絣の専用巾着・取替カートリッジ3本付きのセットです。
20%OFFのお得な限定50セット

支援者
20人
在庫数
29
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

4,500

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き(10%OFF)

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き(10%OFF)

久留米籃胎耳かき「らん」・久留米絣の専用巾着・取替カートリッジ3本付きのセットです。
10%OFFのお得な限定50セット

支援者
0人
在庫数
50
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

5,000

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き

久留米籃胎耳かき「らん」 久留米絣の専用巾着+取替カートリッジ3本付き

久留米籃胎耳かき「らん」・久留米絣の専用巾着・取替カートリッジ3本付きのセットです。

支援者
7人
在庫数
93
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

35,000

籃胎アート「赤富士」

籃胎アート「赤富士」

籃胎漆器の網目を生かした技法で立体的な赤富士を引き立てたアートです。姉妹都市へ寄与されるなど評価の高い作品です。

サイズ 約W35.5×D30cm

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

プロフィール

福岡県久留米市で主にデザイン・ブランディングやイベント関連の仕事に携わっている、RIVERLANDの笠(りゅう)克也と申します。福岡から出たことがない井の中の蛙ですが、地元愛は人一倍強いと自負しております。 ■1965年生まれ 県立久留米高校→久留米大学卒

あなたにおすすめのプロジェクト

ペン型プリンター!あなたの思いを場所を選ばずプリントできます

井比 博井比 博

#ガジェット

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
3日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする