READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

障がいがあっても地域を支えるキッチンカーで活躍したい! minds

minds

minds

障がいがあっても地域を支えるキッチンカーで活躍したい! minds
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月30日(日)午後11:00までです。

支援総額

642,000

目標金額 2,300,000円

27%
支援者
25人
残り
30日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月30日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

 

サービスを受ける側から地域を支える側へ!

 

障がいを持つ方々は何かしらの手助けを受けている方が多いのは確かな現状です。

 

だからこそ、サービスを受ける側だけでなく、人々を支える側になる取り組みが必要なのだと私たちは考え活動しています。

 

 

 

 | プロジェクトを立ち上げたきっかけ 

 

「障がいがあると社会参加がなかなか出来ない。もっと障がい者のことを知ってもらいたい。」

 

ある時、当事者の方がおっしゃっていました。

 

その時の私にはどうしたら良いのか分からず、返す言葉もままならなかったことを今でもはっきりと覚えています。

 

ですがその後、時間は経ってしまいましたが、改めてそんな話をする機会がありましたので、耳を傾けて一緒に真剣に考えてみたところ、

 

・理解者が少ないこと

・協力者が近くにいないこと

・社会体験が幼少期から本当に少ないこと

・当事者が行うべき具体的な動きがわからないこと

・当事者の「自分にはできない」イメージが強いこと

 

 

などに課題があると考えました。

 

そこで、私たちmindsでは、

 

・理解者を増やすこと

・協力者を日々継続して募ること

・地域にある社会活動の中で具体的な活動に参加すること

・難しいこととできることを明確にすること

 

に焦点を当てて何かできることはないかを考え始め、

 

 

#ふっくらほっこりプロジェクト 

 

を立ち上げました。

 

まだ始まったばかりですが、地域の人々とのやりとりがそこには生まれていて、参加してくださっている障がい者の方々の笑顔を見る機会も少しずつ増えてきています。私にとってもそんな笑顔がほっこりする時間であり、かけがえのないものになりつつあります。

まずは、地域のパン屋さんや焼き菓子屋さんと地域の方とを障がいを持っている方が間に入ってつなげる取り組みを開始しました。

 

 

みんなの合言葉は

 “やってみなければわからない!”  

 

でスタートしたところです。

 

   

   

 

   

 

 

 | 自己紹介 

 

障がい児・者福祉に関わった人の人生を豊かにする。 

 

mindsはそんな想いを抱きながら活動しています 

 

 

はじめまして。埼玉県新座市にあるmindsの佐野と申します。 このページを見ていただき本当に本当にありがとうございます。 

 

       

 

私は、障がい者福祉に携わり20年ほどが経ちました。その中で地元での障がい者福祉でなにかできることはないか、という想いを抱くようになり、生まれ育った地域でNPO法人を立ち上げ、障害福祉サービス事業所を開設し、その後訪問看護ステーション、認可外保育施設をスタートさせました。そして今、NPO法人とは別組織としてmindsを創設して、セミナー事業、障がい者福祉に関するプロジェクトなどを行っています。時間はかかってしまいましたが、今ようやくスタートラインに立てたと思っています。

 

 

 

 

    

 

 

 

  「普通の生活」が夢   

 

▼特別視しすぎないで大丈夫!

周りの方のちょっとした興味、ちょっとした理解で彼ら彼女らの生活は大きく変わる。 

 

地域の方々に、「障がい」についてほんのわずかな興味をもってもらえれば、ちょこっとだけでも知ってもらえれば、障がい児、障がい者と言われている方々はどれほど生活しやすくなるのか。

 

 きっと周りの人たちが特別な目で見なくなるだけでも彼らは今とは比べようもないほど平穏な日々が送れると私は思います。

 

障がいがあってもなくても皆さんと同じように気兼ねなく、普通に地域に出られる、普通に生活できる、その「普通」を多くの当事者、ご家族、支援者は願っていることは実はあまり社会には届いていないのではないかと私たちmindsでは危惧しています。

 

 

 

普通の生活のための手助けは「特別なもの」にこだわらない。 

 

私たちは介護や支援、専門性というものは、当事者が願っている「普通」を手助けする道具として考えています。

ふっくらほっこりプロジェクトの販売活動においても、普通はやらない「特別なこと」ではなく、

 

・「普通に商品を売ってみたい」

・「普通に喜んでもらう体験をしてみたい」

・「普通にお金を得てみたい」

・「普通に自分のお金で好きなものを買っておなかいっぱい食べてみたい」

・「普通に社会に参加している、貢献しているという実感を得たい」

 

そんな当事者たちの「普通の生活への願い」からスタートさせました。

 

 

 

 

  皆様からの応援そのものが「生活の変化」   

 

もし、このプロジェクトが遂行できて、多くのことを経験してみても、

もしかしたら

 

「あれっ?うまくいかないじゃん!」

「おや?コミュニケーションとるって難しいんだなあ。」

「疲れるから行きたくないなあ。。」

 

 

なんて感じることもあるかもしれません。

でも、それが普通を経験するということだと思います。

 

 

しかしながら、

そんな時こそ実はチャンスで、

 

皆さまからの応援があったから、

 

・地域の方々とつながっている。

・地域社会に参加し、人々を支えている。

 

そこには生活の変化がすでに起きていることと思います。

 

そんなことを実感してもらうために私どもは尽力していく次第です。

 

 

 

是非とも、障がいを持つ方々が、子供、大人関係なしに

 

地域を支える側に立つきっかけづくりを応援していただきたいと思っております。

何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 | プロジェクトの内容  

 

【意義】

住み良い地域社会の創造と障がい児、者の生活の質の向上

 

【目的】

障がいを持つ当事者が主体的に地域資源や人と出会いながらお互いの理解を深め、また地域を支える一員であることを実感していただく。

 

 

【具体的な活動】

8月〜10月

・キッチンカー選定、発注、契約、打ち合わせ、支払い(車両関係)

・駐車場契約、支払い(車両関係)

・新たな仕入れ店舗、販売箇所への交渉

・SNSにて事業内容の宣伝・チラシ作成及び配布  

 

10月

・納車(車両関係)

・保健所へ営業許可申請

 

・2022年10月から2023年3月31日まで(2022年度下半期を完走を目指します!)

・週2回、仕入れ、盛り付け、販売・活動参加者募集

・2023年4月以降については継続予定ではあるが詳細は未定

 

 

 

【資金使途詳細】

プロジェクト費用250万円のうち、今回募集する230万円は以下のような資金使途を予定しております。

・READYFORへの手数料        276,000円

・+税(10%)             27,600円

・キッチンカー(中古)購入費            1,900,000円

・駐車場契約時諸費用                               40,000円

・営業許可申請費用           18,000円

・その他保険料、装飾費等           38,400円

 

※その他リターンに係る費用及び必要経費については実費とします。

 

 

 | プロジェクトの展望・ビジョン  

 

 

 

キッチンカ―への想い

 

私たちは、ふっくらほっこりプロジェクトにおいて、大切にすることを5つ決めました。

1、人と触れ合うこと。

2、地域の商品を取り入れること。

3、多くの方が参加、体験できるものにすること。

4、知ってもらう活動にすること。

5、初めてのことでもTRYすること。

 

 

そんな私たちmindsの想いを胸に、当事者の方々と地域の方々を結ぶために必要なものは何か。当事者の方々、そのご家族、mindsのスタッフとも何度も何度も話し合いを重ねました。

出した答えが、今の活動にキッチンカーを取り入れ、当事者にもっとたくさん社会参加できる環境づくりにチャレンジしてみよう!となった次第です。

 

 

    

 

キッチンカーだからこその次の展開に明るい未来を描く

私たちは、キッチンカーは単に「販売活動をするための車」に留まらせないことも大切にしています。

 

例えば、

★キッチンカーの役割として考えられることの一例(柔軟な案として話題に出ていた一例)。

・子どもたちへの教育資源。

・教育者への教育資源。

・障がい児・者の作品を展示するギャラリー。

・障がい児・者の、「就労」という生活課題の解決。

・障がい児・者の、「移動」という生活課題の解決。

・地域住民のサロン的な交流の場。

・様々な地域資源の広報媒体。

・地域の人や資源同士を繋げるための補助的な環境づくりのスパイス。

・ボランティア活動の場。

・精神疾患に対応したソーシャルトレーニングの場。

・作業療法に対応した医療提供の場。

・理学療法に対応した動作確認の場。

・認知症支援に対応した場。

・保育等の枠を越えた場。

・子どもたちの遊びの場。

・支援者同士の交流の場。

・他業種連携の場。

・企業のイメージアップ。

・行政のイメージアップ。

・公務員のイメージアップ。

・医療、福祉、保育のイメージアップ。

 

 

車であること、移動できること、人が作業をすること、医療、福祉、保育、そんなことを掛け合わせていくと、可能性はどんどん広がっていく。

理想論かもしれませんが、未来に向けてトライ&エラーを繰り返すことができるのもキッチンカーの強みだと思っています。

 

 

 mindsはふっくらほっこりの循環が育まれることを願っています。

今回、キッチンカ―取得への支援をお願い申し上げているところではございますが、キッチンカ―は一つの「場面」をつくるという意味合いが強いと思っています。

 

皆様の皆さんの日常の中でも、もし障がい児・者の方と触れ合う機会がありましたら、是非、触れ合ってみてください。「こんにちは」の一言でもいいんです。強いて言うなら声をかけなくても何か声をかけようかな?と思っていただけるだけでも嬉しいものです。

 

そこに生まれたぽわっとした、ふっくらした気持ち、ほっこりした気持ちを少しでも感じていただけたらとてもとても嬉しく思います。

 

 ふっくらほっこりしてみたい方、なんとなくでも応援してみようかな、と思っていただけた方、リターンについては大変微力ではありますが、精一杯努めます。

 

皆様からの支援を心よりお待ち申し上げます。

 

     

     

 

 | 応援してくださっている方からのメッセージ   

 

●Y昌人さん(理学療法士。整体院昌 院長)

  

 

近年、バリアフリー化が進む世の中ですが、障がい者が社会参加出来る場面はいまだ限られています。

特に仕事を通して、障がい者がお客様と直接接する場面は限られており、障がい者が接客業を通して、仕事の楽しさややりがいを感じられる機会を提供できる場はほとんど無いのが現状です。

その中で、キッチンカーを用いた食品販売は、障がい者と消費者が直接繋がることが出来るまたとない機会であると思います。

障がい者の中には、仕事を通して「もっと社会参加したい」「もっと社会に貢献したい」と望んでいる方が多くいらっしゃいます。

キッチンカーの購入は、その様な望みを持つ障がい者の方々のやる気ややりがいをより一層引き上げ、能動的な社会参加が促進されるのではないかと思っています。

社会参加をしたい障がい者の方々の望みが叶い、夢への第一歩となれることを心から願っています。

 

 

●Y佑さん(理学療法士)

社会参加をしたいというニーズがあるのであればそれを叶えてあげたいと強く思います。しかし医療機関に勤めながら何から始めて良いか迷う部分も多い中、このようなお話をお聞きして是非とも応援させてください。

 

 

 

●Y野花さん(ヘルパー)

   

 

障がいのある方が直接地域の方と関わることで、お互いを知って理解し合う良い機会になると思います。キッチンカーを通して働くことのやりがいや、人と関わることの楽しさを感じて欲しいです。応援しています。頑張ってください!!

 

 

●O貴子さん(保育士)

    

地域で障がいをお持ちのお子様も健常児のお子様も同じ空間で、楽しい時間を過ごしています。キラキラした子ども達のこの先の環境が豊かであると願いながらも、自分には保育以外で何が出来るのかと考えている時にこのキッチンカーのお話!!!

とっても素敵です。

人と人との繋がり、ワクワクします。

是非、応援させてください。

 

 

●N理恵子さん(保育士)

特別支援学級のお子さんの支援をしています。

子どもらとのお付き合いが長くになるにつれて、成長を見守ることが出来るのでやりがいを感じています。

そんな子どもらが成人した時、地域で就業の選択肢が増えて欲しい。

こんな素敵なキッチンカーが自分達の街にあるといいなと思い、趣旨に賛同します。

 

 

 

●Tさん(幼稚園教諭)

私が勤めている幼稚園にも、障がいを持った子ども達が通ってきます。

魅力に溢れ、キラキラと輝いて生きている彼ら達。

キッチンカーで働くお兄さん、お姉さんを見て、夢を膨らませて欲しいです。

そんな気持ちから、応援させて頂きたいと思いました!

 

 

 

   資金の使い道等  

今回のクラウドファンディングでは、環境を整備するため、中古のキッチンカ―を購入するための車両購入費とクラウドファンディング手数料、税金、駐車場契約費、保険料、車両整備費、装飾品等で合わせて230万を目標としています。 足らない金額については自己資金で補っていく予定です。

 

 

※この障がい児者が社会参加をしていく活動は今後も継続していく予定です。 この活動が少しでも多くの方に知っていただき興味をもっていただけるよう、一人でも多くの障がい児者当事者及びスタッフが意欲的に活動できるよう、皆様の温かいご支援、ご協力を賜れれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
佐野雅之(minds)
プロジェクト実施完了日:
2023年3月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

プロジェクト費用250万円のうち、今回募集する230万円は以下の資金使途を予定しております。 ・READYFORへの手数料     276,000円 ・+税(10%)         27,600円 ・キッチンカー(中古)購入費 1,900,000円 ・駐車場契約時費用     40,000円 ・営業許可申請費        18,000円 ・他保険料、装飾費等      38,400円 ※本プロジェクトは、期日までに集まった支援総額に応じて、実行内容の規模を決定します。 【具体的な活動】 8月〜10月 ・キッチンカー選定、発注、契約、打ち合わせ、支払い(車両関係) ・駐車場契約、支払い(車両関係) ・新たな仕入れ店舗、販売箇所への交渉 ・SNSにて事業内容の宣伝・チラシ作成及び配布   10月 ・納車(車両関係) ・保健所へ営業許可申請   ・2022年10月から2023年3月31日まで(2022年度下半期を完走を目指します!) ・週2回、仕入れ、盛り付け、販売・活動参加者募集 ・2023年4月以降については継続予定

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
本クラウドファンディングで実施するプロジェクトでは、履行のために食品衛生法に基づく営業許可が必要となります。現在、既にキッチンカー取得の手続きを進めており、本プロジェクト実施である令和4年10月1日までには食品衛生法に基づく営業許可の取得の見込みが立っております。(令和4年8月3日現在)
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします。万が一自己資金でも確保ができなった場合は、プロジェクトが大きく変わらない範囲で縮小するなどして対応し、返金はいたしかねます。

プロフィール

mindsは、障がいを持つ当事者、支援者、支援団体、学生等を応援する団体です。 #セミナー事業 / #ふっくらほっこりプロジェクト

リターン

3,000+システム利用料


1、とっても気軽に応援コース

1、とっても気軽に応援コース

★プロジェクトページにて、心を込めたサンクスメール(メッセージ機能利用)をお送り致します。

支援者
4人
在庫数
46
発送完了予定月
2022年11月

5,000+システム利用料


2、ベーシック応援コース(サンクスメールのみでOK!という方向け)

2、ベーシック応援コース(サンクスメールのみでOK!という方向け)

★プロジェクトページにて、心を込めたサンクスメール(メッセージ機能利用)をお送り致します。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

10,000+システム利用料


3、しっかり応援コース(作成動画にてRYOさんからの全力サンクスメッセージ掲載)

3、しっかり応援コース(作成動画にてRYOさんからの全力サンクスメッセージ掲載)

■今回のチャレンジ動画を作成し、YouTubeチャンネルに掲載致します。その動画内に、ご登録いただいた氏名、社名、団体名等(ニックネームOK!)へRYOさんからのサンクスメッセージを掲載致します。


※掲載する弊社YouTubeチャンネル(mindsちゃんねる)のURL:https://www.youtube.com/channel/UCeqopMEfsgnjcMBQsg89uAA

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。


【RYOさん】ー地域で暮らす知的障がい者。minds運営お助けメンバー。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

100,000+システム利用料


4、【5名様限定】「拍手喝采」コース:制作動画にてRYOさんからの全力拍手喝采を掲載とキッチンカーに写真掲載

4、【5名様限定】「拍手喝采」コース:制作動画にてRYOさんからの全力拍手喝采を掲載とキッチンカーに写真掲載

■今回のチャレンジ動画を作成し、YouTubeチャンネルに掲載致します。その動画内に、ご登録いただいた氏名、社名、団体名等(ニックネームOK!)へRYOさんからの「拍手喝采」を掲載致します。

■いただいた写真をキッチンカーに掲載致します。

※掲載する弊社YouTubeチャンネル(mindsちゃんねる)のURL:
https://www.youtube.com/channel/UCeqopMEfsgnjcMBQsg89uAA

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

※RYOさんー地域で暮らす知的障がい者。minds運営お助けメンバー。

★キッチンカーに掲載する写真は、mindsniiza@gmail.comにデータを添付してメールを頂きたいと思います。

支援者
2人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年11月

200,000+システム利用料


5、【3名様限定】「全力バンザイ」」コース:制作動画にてRYOさんからの「全力バンザイ」を掲載とキッチンカーに写真掲載

5、【3名様限定】「全力バンザイ」」コース:制作動画にてRYOさんからの「全力バンザイ」を掲載とキッチンカーに写真掲載

■今回のチャレンジ動画を作成し、YouTubeチャンネルに掲載致します。その動画内に、ご登録いただいた氏名、社名、団体名等(ニックネームOK!)へRYOさんからの「全力バンザイ」を掲載致します。

■いただいた写真をキッチンカーに掲載致します。

※掲載する弊社YouTubeチャンネル(minds ちゃんねる)のURL
https://www.youtube.com/channel/UCeqopMEfsgnjcMBQsg89uAA

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

※RYOさんー地域で暮らす知的障がい者。minds運営お助けメンバー。

★キッチンカーに掲載する写真は、mindsniiza@gmail.comにデータを添付してメールを頂きたいと思います。

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年11月

500,000+システム利用料


6、【1名様限定】「全力カンパイ」コース:制作動画にてRYOさんからの「全力カンパイ」を掲載とキッチンカーに写真掲載

6、【1名様限定】「全力カンパイ」コース:制作動画にてRYOさんからの「全力カンパイ」を掲載とキッチンカーに写真掲載

■今回のチャレンジ動画を作成し、YouTubeチャンネルに掲載致します。その動画内に、ご登録いただいた氏名、社名、団体名等(ニックネームOK!)へRYOさんからの「全力カンパイ」を掲載致します。

■いただいた写真をキッチンカーに掲載致します。

※掲載する弊社YouTubeチャンネル(mindsちゃんねる)のURL:
https://www.youtube.com/channel/UCeqopMEfsgnjcMBQsg89uAA

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

※RYOさんー地域で暮らす知的障がい者。minds運営お助けメンバー。

★キッチンカーに掲載する写真は、mindsniiza@gmail.comにデータを添付してメールを頂きたいと思います。

支援者
0人
在庫数
2
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

mindsは、障がいを持つ当事者、支援者、支援団体、学生等を応援する団体です。 #セミナー事業 / #ふっくらほっこりプロジェクト

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
56人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする