プロジェクト終了報告

2019年04月01日

プロジェクトへの応援ありがとうございました!

【感謝】

『自立援助ホームで暮らす若者たちに、「明日への活力」を届けたい』を

応援してくださったみなさま

 

みなさまからの応援により、入居する若者たちそれぞれの“活力を得るための旅”を実現することができました。

本当にありがとうございました。

2019年11月20日からスタートしたクラウドファンディングは開始から3日で当初の目標に達し、その後も多くの応援を頂戴してきました。応援者が増えていくたびに入居する若者たちと驚き、そして喜んできました。

みなさまからの応援を思い浮かべながら進めてきたプロジェクトですが、3月中にすべての「旅」を終えて、あらためて、感謝の気持ちでいっぱいでいるところです。

 

若者たちは今回のプロジェクトでそれぞれが「おもいっきり」遊び、明日への活力をたくさん補充して来ることができました。

 

それでは、下記の通りプロジェクトの結果をご報告いたします。

 

【若者たちの“明日への活力”となる旅】

今回のプロジェクトでは、応援してくださったみなさまから集まった資金で「若者たちの“明日への活力”となる“旅”」に活用させていただきました。

初めてのキャンプファイヤー
初めてのキャンプファイヤー

 

夢に近づくために「車の免許取得合宿への旅」

車が好きでサーキット巡りを希望していたけれど、自動車関係の仕事に近づくために免許取得合宿に行きたい若者の旅

行ってみたかった!「オホーツク海の砕氷船や流氷、札幌の雪まつりなど北海道への旅」

行くならば北の果てへ。流氷をみるための旅

「真冬のキャンプファイヤー&富士山を眺めながらのパラグライダー体験の旅」

キャンプ体験をしたことがなくキャンプファイヤーをやってみたい。富士山を間近で見てみたい。これらの希望を叶える旅

憧れの修学旅行と友人に会いたい「名古屋・京都の旅」

修学旅行でいくはずだった京都。それから遠くに住んでいる友人に会いに行く旅。

脚の手術を終えての入院生活サポート資金

脚の長さをそろえる手術をした後の入院にも費用がかかりました。将来おもいっきりスポーツをしたり、好きなことに打ち込んだりするために、この入院とリハビリに資金を活用しました。

 

以上5つを実現することができました。

出発の朝
入居者とスタッフが初めて全員で一緒に宿泊に出掛けることができました。
写真は出発の朝。「いってきまーす!」

 

【収支報告】

みなさまからご支援いただいた資金は以下の通り使用させていただきました。

収入

1,157,000

Readyfor支援総額

1,157,000

 

 

支出

1,157,000

Readyfor手数料

212,425

運転免許合宿の旅

239,183

流氷を見に行く旅

 89,550円

キャンプファイヤー&パラグライダー

341,136

名古屋・京都ひとり旅

133,475

入院・リハビリサポート生活支援

113,272

その他プログラム準備費

27,959

 

 

 

【リターンの発送状況】

お約束しているリターンである、お手紙と報告書ですが、現在準備中です。

2019年4月中に発送いたしますので、もうしばらくお待ちください。

※お知らせいただいているご住所にお送りする予定です。

 

 

【今後の活動について】

 

Readyforでのプロジェクトはリターンの発送をもって一区切りがつきますが、私たちの活動は、まだまだはじまったばかりです。自立援助ホーム「みんなのいえ」は、『暮らし』そのものであり、ここで暮らす若者たちには継続的な支援が必要です。

どうか、これからも多くの方々が自立援助ホームで暮らす若者たちのことをおぼえてくださるよう願っています。

何か関係してみたくなった時は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。

<ご支援のお願い>

http://hikayume.com/support/

 

NPO法人 光と風と夢

また、現在「みんなのいえ」では現在スタッフを募集しています。

私たちといっしょに若者の生活と就労をサポートする仲間になりませんか?

まずはご連絡ください。【0436-37-1932】

<職員採用情報>

https://en-gage.net/npohikayume_saiyo/

 

これからも、どうぞ応援よろしくお願いします!