プロジェクト概要

横浜の大学生による国際協力!
パラグアイ共和国の
農村部に小学校を建設したい!

 

みなさん、こんにちは。(特活)ミタイ・ミタクニャイ子ども基金(以下、ミタイ基金)パラグアイ現地インターン生の久喜淳史(横浜国立大学/教育人間科学部/人間文化課程新3年)です。これまで、アジアを中心として子どもへの支援を行う経験を積んできました。2015年11月よりミタイ基金現地インターンとしての活動機会をいただき、パラグアイ農村部において学校建設や教育支援活動を行っています。


今回のプロジェクトは、パラグアイ共和国カアグアス県コロネル・オビエド市域にあるアセンタミエント・ラス・メルセデス地区(以下、メルセデス地区)です。プロジェクトの目標は、現在増設中である学校校舎の2つ目の教室の屋根と内装を完成させるというものです。

 

これまでも本基金が支援し、メルセデス小学校の1つ目の教室と2つ目の教室の建設支援を行ってきました。しかし、2つ目の教室の屋根と内装のための資金が不足しており、完成に至っていない状態です。そのため、残りの資金を本プロジェクトで集めたいと考えています。

 

メルセデス地区の1校目の校舎は2013年に建設されました。
今回のプロジェクトでは2校目の校舎を建設するために必要な資金を集めるプロジェクトです。

 

 

やっとの思いで建設できた1校目の小学校。
しかし、生徒の数が増え、新たな教室が必要です。


ミタイ基金はプロジェクト対象地域であるメルセデス地区の住民への聞き取り調査を2009年より開始し、2010年より建設計画を立て始めました。そして、ミタイ基金現地メンバーや校長先生、地域住民と連携し、土地を取得し、2012年より建設を開始しました。そしてやっとの思いで1つ目の教室を2013年9月に開校することができました。校長先生や教員たちの努力の結果、地域の方々からのの小学校の評価も高く、生徒数が徐々に増え、1つの教室には入りきれない状態となってきました。
2016年度も多くの新入生や転入生が入学し、現在の生徒数は74名です。
 
この学校では4歳から12歳までの全部で9学年が通っています。天候に関係なく校舎として使うことが出来るのは1校舎のみで、足りない部分は近くにある狭い集会所を借りたり、臨時の木造の校舎をしつらえて、合わせて3つの教室で授業を行っています。しかしそれでも教室が足りず、天気の良い日は外で授業を行わざるを得ない状況が起きています。

 

向かって右側は1つ目の教室で、左側が2つ目の教室です。

 

 

決して満足とは言えない学習環境――。
教育熱心な子どもたちのためにも環境を整えてあげたい!

 

木造教室は蟻が繁殖したり、雨が降れば授業を行うのは難しくなったり、夏の時期には40度を超えるため教室内に熱がこもり、とても勉強できる環境ではありません。教育の場がきちんと整えられていない状況ですが、子どもたちの学習意欲はとても高く、そんな子どもたちのためにしっかりとした教育の場を整えたいと考えています。

 

2015年10月より新たに教室を増設するプロジェクトを地域住民とともに開始しましたが、セメントやレンガの価格の高騰や為替の変動、さらにはエルニーニョ現象による酷暑で建設が滞ってしまったために、ミタイ基金で準備したお金と地区の住民で集めた費用では不足してしまう事態がおきてしまい活動がストップしています。

 

パラグアイでは2016年2月29日より学校が始まりました。毎日暑く、屋根がない教室では勉強することが困難であるため、早急に2つ目の教室を完成させ、教育の場を提供しようと、現地校長や地域住民、本基金代表と日本とパラグアイのメンバーたち、そして本基金学生部のメンバーたちと共にこのプロジェクトを立ち上げました。

 

木造の校舎

 

 

臨時の校舎で、この中で子どもたちは勉強しています。

 

 

教室に入りきらない場合には外で勉強する子どももいます。

 

 

どうして大学生が国際協力活動をするの?

 

なぜ私たち大学生が、日本とは地球の反対側にあるパラグアイ共和国の子どもたちを支援するのか疑問に思う方も多いかもしれません。写真を見る限りでは、きれいな風景やきれいな校舎、笑顔の子どもたちばかりが目立つかもしれませんが、パラグアイ共和国における教育の現場には地域格差も含め、問題点が山積しています。

 

雨が降ると農村部では赤土の道がぬかるんでしまい、車やバイクの通行は困難となり農民の方々は歩いて村から出たり、学校の先生も登校できずに休校になってしまうことがあります。未だに山賊が出る地域があるとも青年海外協力隊の経験者にも聞きました。

 

また、小学校はあるけれども中学校は数10キロ離れた隣の町まで行かなければ無いので、中学校への進学を諦めて農業を継ぐ、という少年の話を直接聞き、やるせない気持ちになってしまいました。他にも、パラグアイに色濃く残るマチスモ思想やジェンダー規範は弱まったとはいえ、15歳で父親違いの2人の子どもを持つ農村の少女に出会い、「貧困のトラップ」というものを現実に見て衝撃を受けました。

 

私たちが国際協力活動に従事する理由は、「そのことを知ってしまった上に、見てしまった、会ってしまったから」なのです。「所詮、大学生。」「所詮、自己満足。」そう揶揄する方は多いのかもしれません。ですが、私たちがこの課題に取り組むことでパラグアイの子どもたちの教育環境を改善できるのであれば、挑戦する価値はあると信じています。

 

子どもたちが安心して勉強できる環境を整える、そのお手伝いをさせて頂きたいのです。

 

このプロジェクトが担う未来への役割


今回のプロジェクトで、子どもたちは整備された学校という教育現場できちんと学びを深めることができます。政府のプロジェクトにより、住民が暮らす場所(日本でいう団地のような居住区)は与えられましたが、それと引き換えに教育をするための場所の提供は追いついていないのが現状です。

 

私たちは、この状況を打開し、子どもたちにパラグアイの未来を担う人材として成長して頂きたいという熱い思いを持っています。子どもたちの中には、首都にあるアスンシオン国立大学への進学を夢みる子もいます。

 

現地の校長先生や教員の方々、保護者の方々、日本のサポーターの皆様方と連携し、教育支援活動を行うことにより、この地区の、そしてパラグアイの更なる発展をサポートさせて頂きたいと願っています。

 

子どもたちに教育の機会を届けたいと考えています。

 

メルセデス地区への1校目の建設支援につきましてはW様によるご支援の下、建設することができました。もちろん今回の活動は私たちミタイ基金学生部の大学生たちの力だけでは実現することはできません。日本から支援をしてくださるサポーターの皆さま、大学の関係者、ミタイ基金本部の事務局スタッフ、現地の通訳の方やドライバーの方、校長先生や住民の方々など、挙げればきりがないほどたくさんの方々に支えられて実現している活動です。

 

その方々の期待や信頼を裏切らないためにも、今回のプロジェクトを実現して、パラグアイの子どもたちに教育の機会を届けたいと考えています。ご支援を賜りたくどうか宜しくお願いいたします。

 

参考:

「ミタイ・ミタクニャイ子ども基金ホームページ」<http://mitai-mitakunai.com/>(2016年6月1日最終アクセス)

 

 

リターンについて

 

リターンには【ご支援がすべて今回の活動のために使われるコース】【楽しみながら支援ができるコース】の2種類がございます。

 

日本国外からご支援いただける場合には、リターンの送付の関係により、【ご支援がすべて今回の活動のために使われるコース】のみとさせていただきます。予めご了承くださいませ。

 

※今回のREADYFORを通じたクラウドファンディングについては【購入型】のクラウドファンディングであるため、税額控除の対象となりません。こちらについても予めご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

【ご支援がすべて今回の活動のために使われるコース】

□サンクスメール
□活動報告書
□帰国後渡航報告会へのご案内
□HPにお名前の掲載(希望者のみ)

(10,000円 / 30,000円 / 50,000円 / 100,000円)

 

21f9c10a596d0668045fa80cc201400d34914e01

 

【楽しみながら支援ができるコース】

□サンクスレター
□ミタイ基金オリジナルステッカー
ニャンドゥティ(小)

※画像はイメージです。色はお選びいただけません。

 

57c25029976520845a7a25aacd8d8ffc0a61a808

 

□活動報告書
□帰国後渡航報告会へのご案内
□HPにお名前の掲載(希望者のみ)
□ニャンドゥティピアスセット

※画像はイメージです。色はお選びいただけません。

 

5ea6e23456bc6c7f3b8546d267ff9a84c2273b89


□メルセデス地区の子どもたちの書いた絵
□ニャンドゥティのポストカード(1枚)

 

B335890efe9a9e8e44537f08fec87d0a562bd255

 

□パラグアイ共和国の民芸品またはニャンドゥティ(大)
※画像はイメージです。色はお選びいただけません。

 

A6dd0b9d66de6b95b3abbd88d04906926c435fdc

 

【NEW】□【限定5個】ニャンドゥティのクラッチバッグをプレゼント!

 

 

テレレセット

(グアンパ・ボンビージャ・ジェルバ・テルモ)の4点セットをお名前入りでお送りします!

(※色・デザインは指定いただけません。)

 

73b2238530459dc39ef5b4f7e851667a0e296dce

 

□パラグアイの伝統的な正装の民族衣装「アオポイ」をお送りします!
(サイズは別途お伺いします。色・デザインは要相談とさせていただきます。)

 

4d0129dfac79d0d6d67f614e45d2a9aed56108b5

 


最新の新着情報