こんにちは。

2度目の登場となります。

近藤眞央と申します。

 

皆様の温かいご支援・ご協力

大変感謝しております。

 

本日は今までの投稿に何度か出ている

パラグアイ渡航についてお話ししようと思います。

 

このパラグアイ渡航というのは、

横浜国立大学教育人間文化課程の学部生をメインのメンバーとして、

南米パラグアイ共和国で約1ヶ月活動を行っており、今年で4度目の渡航となります。

 

主な活動内容として

農村部の調査、栄養指導のアクティビティ、日系移住地に住む方々との交流、さらに今回のリターンにもあるニャンドゥティの市場調査などを行います!

 

 

2015年度渡航 道直しプロジェクト

 

 

みんな大学の授業があるので、授業もしっかり受けつつ、毎週5時間ほど集まってミーティング・作業をし、一回一回のミーティングのために準備をしたりと、

積極的に準備を行っております。

 

出発は8月25日を予定しており、

すでに2ヶ月を切っています。

長いようで短い2ヶ月という期間で

自分たちのできることをやりきることを目標にし、

1ヶ月間のパラグアイ渡航を有意義なものにしようと思います!

 

渡航までにクラウドファンディングを必ず

成功させ、学校を作れるという状態で

パラグアイに行きたいです!

 

長くなってしまいましたが

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

これからも、みなさまの温かいご支援・ご協力お願い致します。

 

 

2014年度渡航 NIHON GAKKO大学

 

 

 

【参照】

「パラグアイの学校 - パラグアイSV _ Global Studies Program 2014 _ YNU」(2016年6月30日アクセス)

http://www.ynu-gsp.jp/gsp2014/parSV/article_parSV-04.html

新着情報一覧へ