プロジェクト概要

 

スウェーデントーチは知っていますか?

 

昔から北欧の国々で木こりたちが、

切り込みを入れた丸太に、

直接火をつけて作った焚き火です。

 

そんなスウェーデントーチを、

2019年8月15日 福井市リズムの森で、

108本着火点灯して、

幻想的な空間・ひと時を演出します。

 

 

 

福井市リズムの森
キャンプ場で使ってる美舎炭

 

初めまして、津田達也と申します。私は、福井市美山芦見地区にあるキャンプ場「福井市リズムの森」の指定管理者として2018年度より運営しております。

 

この地域は、山林に囲まれた自然豊かな里村でアウトドアを楽しむことができます。

 

 

リズムの森のBBQで使う炭や、今回のイベントで使うスウェーデントーチは、芦炭窯の藤井さんが焼いてくれた美舎炭(ミヤスミ)を使用しています。

 

藤井さんは、富山出身の71歳です。中心市街地活性化協議会タウンマネージャーとして10年前に単身で福井に来られました。もともと美山で炭作りを作られていた85歳の方(Mさん)と出会い炭作りに魅了され、藤井さんは、当時60歳を過ぎてから自分の炭小屋を新設し、炭焼きを始めました。

 

芦炭窯ができてからはMさんと藤井さん2人を中心に炭焼きを行っていたのですが、3年前にMさんが森林伐採中の事故で亡くなってしまい、それからは藤井さんと支援者の方で炭焼きを続けておられます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
~芦炭窯~291森の保全の会代表の藤井さん

 

芦炭窯で活動する藤井さんは、291森の保全の会として森林の保全活動もされています。炭作り、スウェーデントーチ作りをすることで、森林の保全、更新が進むのです。

 

そんな藤井さんの活動を応援する意味もこめて、実際に作っておられるスウェーデントーチを108本を使って、福井市リズムの森でイベントを行います!

 

 

幻灯祭
美山ウッドキャンドルナイトについて

 

〜 幻灯祭・美山ウッドキャンドルナイトのテーマ 〜

 

まずこのイベントを通して、福井市美山芦見地区の自然豊かな里山をもっと多くの方に知っていただきたいです。加えて、芦炭窯で活動する291森の保全の会 藤井さんの活動に触れていただきたいと考えています。

 

藤井さんのスウェーデントーチを知って見て、108本の灯火に感動してほしい。このイベントを開催することで、森林保全を考えるきっかけになればと思っています。

 

このイベントから福井市リズムの森が地域にとって親しみ深い拠点となるよう地域を活性化していきたいと思っています。参加したゲスト、関わるスタッフ、みんなが笑顔になり、この夜が素敵な想い出になるようなイベントを目指します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
スエーデントーチを初めて見た時は、その恰好の良さ魅了されました。

 

〜 出店いただくお店、イベント概要 〜

 

カフェモカジジ(飲料・軽食)

秋吉(焼き鳥)

291森の保全の会(飲料・軽食)

amis (ハンモック・キャンプグッズ)

芦見会(薬膳弁当)など

 

イベント日:2019年8月15日(木)16:00~20:30

住所:福井県福井市西中20-23

 

 

 

 

藤井さんの作る炭は、魅力いっぱい。
しかし炭作りは、とても労力がかかります。

 

世に大量に流通している炭の原木はマングローブです。美舎炭の原木は楢(なら)です。藤井さんの作る美舎炭は、煙の出量が少ないため、においも少ないです。何より火持ちがよく(約2.5倍!)、火がつきやすい、火花が飛びにくい炭です。

 

しかし、この炭を作るには非常に手間がかかっているのです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

〜 炭作り工程 〜

 

①この地域で育った広葉樹(楢や椚)を伐採し、窯に入る長さに裁断し炭の大きさにカット。まず、この工程を一人でやるのにとても時間がかかります。

 

②カットした材を窯に詰める作業。窯詰を失敗してしまうとすべて燃えてしまって炭はできません。放っておくことはできないため、ノウハウやテクニックが必要です。

 

③火入れ。温度管理と熟練の感覚で燃やします。このタイミングを間違えるとただの灰になってしまいます。

 

④密閉させ窯を窒息。ここが最も緊張する作業で、レンガを積んで土で蓋をします。

 

そこから2週間時間をおきます。

 

⑥冷ましてから窯を開けて炭を取り出す作業。

取り出すのも一苦労です

 

⑦炭を商品の大きさにカットして箱詰め作業。

 

正直、この途方もない作業と炭の金額が釣り合っていません。そのため、後継者もいない状況です。

 

この炭作りの担い手がなくなってしまうことで、森林保全という観点からこの地域の広葉樹の伐採が進まなくなってしまいます。人手を加えることで森林の自然更新をコントロールすることができ人と山の共存につながるのです。

 

藤井さんもまだまだお元気ですが、あと何年やれるかと言う不安もあります。これからも美舎炭・スウェーデントーチ・薪などの販売を促進し、持続的に活動できるようにしていきたい。そして、この地域の森林を保全していきたい。

 

山のこと森のこと地域のことを教えていただき、この里山と街中をつなぎ盛り上げることはできないかと「美山ウッドキャンドル実行委員会」を立ち上げ、スウェーデントーチを利用したイベントを企画しました。

 

 

 

第一回のイベントを成功させて
これからも継続させていきたい

 

このたび地域に根差した里山を盛り上げるイベント「幻灯祭・美山ウッドキャンドルナイト」の第一回を開催いたします。回を重ねることに変化していく「多様性」をキーワードに継続していきたいと考えています。

 

また、今回のイベントをきっかけに、芦炭窯と福井市リズムの森を多くの方に知っていただきたいです。そして、炭やトーチが欲しい方に買っていただき、BBQ場やキャンプ場をいまよりもっと盛り上げていきたい。


森林を守り、森林に手を加えていくことで自然と調和し生活していく人達が住んでいることを感じてももらえる機会をつくることができる施設を目指して...


ご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

資金使途について

材料費(スエーデントーチ):350,000円
広告宣伝費(ポスター制作、チラシなど):100,000円
その他経費(備品、運営費):42,000円
Readyfor手数料:129,600円

 

【必読】お申し込みにあたって

 

※イベント当日が雨天の場合は、中止となります。開催中止となってしまった場合、すでに開催準備に費用が発生しているため、ご支援金を返金することができません。ご支援金は開催準備にかかる費用の一部として充てさせていただき、同様のイベントを開催する際に資金を使用させていただきます。

 

 

美山ウッドキャンドル実行委員会メンバー紹介

 

美山芦見地区を拠点に森のようちえんひとときを開催運営する堀井さん

この地域の1番の魅力はどんなところですか?『なんもないところ』です!このなんもないところで、なにかを活かし、自然を教材にし、自然と共に活動するそのすべてが「なんもない」魅力なんですね!

 

  

唯一の女性メンバー 樋田さん【富士桜精米株式会社 代表取締役】

山や森とは無縁な彼女!興味本位だけでこのプロジェクトに参加!「山や森に馴染めていません。。。虫嫌いだし」「木を切るのは見ごたえありますねぇ」こんな方でも楽しめますよ!

 

山好き・森好き・人好きな 林さん

登山が趣味で、雪山もアタックします。MYチェンソーを片手にバリバリ動いてくれます。「楽しいことが好きなだけや!暖炉の薪調達になるしの」とご協力いただける気さくでいつでも金髪のちょい悪おじさんです!

 

マイペースな 寺井さん

なんでもそつなく熟しますが、自称、完璧にできてると勘違いします(笑)

「僕に言わせれば・・・こんなもん楽勝」でもこの御仁!ビジネスで才能を発揮しています。

 

力作業はお任せくださいと頼もしい上野さん【株式会社上野鉄工 専務取締役】

リズムの森の芝刈りを担当していただいています。スウェーデントーチは恰好良いと共感し会に参加してくれました!

 

事務局の津田です【有限会社アクティブスポーツシステム福井 取締役社長】

皆様是非とも主意にご賛同いただきまして、ご支援ください!よろしくお願いします!福井市リズムの森が存続してゆくよう頑張ります。

 

--------

【リターンについてご注意事項】

・本プロジェクトのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

・イベントが中止になった場合、当日受け取りのものは郵送いたします。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)