プロジェクト概要

森と心が育つ循環型社会を保育園から!

 

こんにちは。大貫駒です。神奈川県大磯町に新しくできる小規模保育施設『もあな・こびとのこや』の施設長を務めます。大磯町は、紺碧の海に山の緑が映える美しい町です。そんな自然豊かな場所で、未来に繋がる持続可能な社会をみんなで考えていきながら、その思いを子どもたちに伝えていきたいと思っています。

 

2015年4月に開園する保育施設に、木質ペレットストーブを設置します!

しかし、ストーブ本体の購入費用、取り付け工事費用、その他施設整備費用40万円が必要です!どうかご支援を御願いします!!

 

(国産無垢材を使った保育室)

 

(大磯の海)

 

子ども達に、自分で考えてやってみる喜びを!


小規模という特徴を活かして、園では子どものペースに合わせた ゆったりとした環境を心がけます。また、この時期に最も大切な、人に愛され信頼すること、自分で考えやってみる喜びなどを大切に、子どもたちと毎日を過ごして行きたいです。

 

(森の中で遊ぶ子どもたち)

 

(身近な森が子どもたちの遊び場)

 

園庭を持たない、「森のようちえん」。

自然の中での活動を重要視しています!


私たちは「森のようちえん」という、園庭を持たず、周辺の自然の中で活動することを大切にした保育を行います。森では秋にふかふかの落ち葉が積り、それが豊かな土壌となって、春に様々な芽が芽吹き、花が咲き、夏には水を保ち、また秋に葉が落ちる。この森の循環のおかげで私たちも活動できると実感しています。
 

森の中では、子どもたちもよく体が動き、好奇心旺盛になり、気持ちも高ぶって、友達とのやりとりも活発になります。木登りや崖登りなど、様々なことにチャレンジして、のびのびと成長していくのがわかります。そんな贈り物をくれる森の中で、ふと、この循環を活かして保育施設を作れたらいいなと思いました。

 

資源を有効に使えて森林維持につながるよう内装に使う木材は、国産無垢材を使用することにしました。そこで、宮城県栗原市にあり国産無垢材を製材している、「株式会社くりこまくんえん」に協力していただくことにしました。「株式会社くりこまくんえん」が取り扱う国産無垢材は、燻煙乾燥した国産木材一本から作られます。その木材は化学物質を含まないため、有害物質のない室内環境を作ることができます。また木材を加工する際に出るおがくずを木質ペレットに再加工。ペレットストーブを導入すればこれが燃料となり、木を余すことなく活用できます。こうして日々遊び場として過ごす森、生活の場となる保育施設、そこを暖めるストーブ…
子どもたちは森の循環を感じ、また森へ出かけて遊び、成長していく。そんなシンプルで豊かな循環を作ることが保育施設でもできる!と思ったことがきっかけでした。

 

(ペレットストーブ)

 

(木質ペレットに加工されている様子)

 

(木質ペレット)

 

これから入園する子ども達やご家族のみなさんへ


これから入園する子どもたちやご家族のみなさんには、この保育施設に来ることで様々な人に出会い、協力して子育てができるきっかけにしてもらえればと思っています。保育施設の開設準備の時から沢山の方に支えられてきました。今後もみなさんと一緒に子育てをしながら、たくさんの人たちとつながり、支え合って循環する暮らしを作っていきたいと思います。

 

(4月に開園する小規模保育施設『もあな・こびとのこや』

(1階部分)の外観)

 

施設長からのメッセージ!

 

理事長からのメッセージ!

 

 

 

【引換券について】
支援額3,000円
A:サンキューカード
B:もあなキッズ自然楽校通信(1年間4回送付)

 

支援額10,000円
A:サンキューカード
B:もあなキッズ自然楽校通信(1年間4回送付)
C:大磯物産品 詰め合わせ

 

          (大磯物産品一例)


支援額30,000円
A:サンキューカード
B:もあなキッズ自然楽校通信(1年間4回送付)
D:大磯での農作業イベント 田植え、稲刈り 単発2回分 ご招待券

 

支援額100,000円
A:サンキューカード
B:もあなキッズ自然楽校通信(1年間4回送付)
E:大磯での農作業イベント 年間会員 ご招待券

 

※D、Eは現地集合、現地解散で交通費、食費は含まれません

 

支援額300,000円
A:サンキューカード
B:もあなキッズ自然楽校通信(1年間4回送付)
E:大磯での農作業イベント 年間会員 ご招待券
F:宮城県での「皮むき間伐ツアー@くりこま」6月26日(金)~28日(日)ご招待券

 

※Fは現地集合、現地解散で入湯代、酒代、交通費は含まれません

 


最新の新着情報