プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました
昨年大好評を博した「マネーの獅子!」第2弾! 4月14日・16日、「マネーの鳩胸!」を開催! 民間が生み出すまちづくり事業を発掘し、 優秀者に事業実現のためのアドバイスと支援金を贈ります!

 

こんにちは!リノベリングです。わたしたちは、遊休不動産の再生を通じ地域を元気にする「リノベーションまちづくり」のため、「リノベーションスクール」を開催し、都市・エリア再生事業を全国で展開する株式会社です。

 

リノベーションスクールとは、まちなかに実際に存在している空き家や空きビル、空き店舗といった遊休不動産の活用案を作り上げる短期集中型スクール。2011年から福岡県北九州市の小倉ではじまり、今では「リノベーションまちづくり」として全国のまちに展開し、それぞれの地域の資源や人材を活かした独自の取り組みとなっています。

 

昨年、全国のリノベーションまちづくりの実践や成果を一度に体験できる、「リノベーションまちづくりサミット!!!2016」を開催し、その特別企画として「マネーの獅子!」を開催しました。大好評につき、今年はさらに内容をバージョンアップし、4月14日から16日までの3日間で開催する「リノベーションまちづくりサミット!!!2017」の特別企画として、READYFORとの共催でリノベーションまちづくり「マネーの鳩胸(はとむね)!」を開催します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日本各地でのリノベーションスクールの様子。
まちづくりの第一線で活躍するキーマンたちが共に考え、提案にアドバイスを行う。

 

 

リノベーションまちづくり「マネーの鳩胸!」とは

 

みなさん、「マネーの虎」というテレビ番組があったのを覚えていますか?起業を目指す一般視聴者たちが、マネーの虎と言われる年商数十億円の凄腕の経営者たちにビジネスプランを提案し、その場で出資や融資を募る、あの番組。

 

「マネーの鳩胸!」では、全国各地から、まちづくりに繋がるようなリノベーションの事業計画を募り、リノベーション事業のプロの経営者たち(マネーの鳩胸)の前で、事業のコンセプトや収支計画、運営計画をプレゼンテーションしてもらいます。これに対して、鳩胸たちが容赦ないツッコミと厳正なる審査を行い、優秀なプランには成功のためのアドバイスと活動支援金を贈ります。全国のまちづくり事業を応援し、実現に向けて加速させます。

 

それぞれのまちの課題を解決するような事業プランであり、社会的意義が大きく、地域の人達に求められ、なにより楽しくまちを変えていく可能性がある事業性の高いリノベーション事業プランを発掘するのです。

 

昨年の「リノベーションまちづくりサミット!!!2016」で開催された「マネーの獅子!」の様子。
全国から4つのプランが集まり、マネー争奪バトルが繰り広げられました。

 

 

ミスター鳩胸・岡崎正信さんからのメッセージ

 

マネーの鳩胸・・? 昨年は「マネーの「獅子」」だったのに、今年はなぜ「鳩胸」?と疑問に思った方も多いかもしれません。今回の審査員を率いる司会は、あのバレーボール専用体育館をはじめとした公民連携プロジェクトを仕掛けた、オガールプラザ・オガールベースの岡崎正信さん。岩手県選抜選手の監督も勤めていた岡崎さん、自身も元バレーボール選手だったこともあり、その鳩胸っぷりは筋金入り。 そんな気合十分の岡崎さんより、「マネーの鳩胸」へ挑戦してくる方へコメントをいただいています。」

 

「鳩胸と言えば、ご存じの通り鳩の胸。時には何千キロも飛行する鳩のエンジンを担っている部位です。伝書鳩にたとえられることもある人生。僕たち、私たちは何千キロも飛ぶような大きな人生の航路にも臆さず果敢に挑戦していくんだ!とにかく上を見て飛び続けるんだ!疲れたら、辛くなったら信じる所がある。そう、鍛えられた鳩胸。混沌とした社会を生きる力を養う闘いの場、マネーの鳩胸・・・。 人は皆、強さを欲している。強くなりたい。強くなりたいんだ。その一方で、安寧を求めている。一瞬の心の安らぎ。それが物事の解決にはつながらないかもしれない。それでも、一瞬の安らぎがあるんだ・・・それはマネーの鳩胸に出たものしかわからない。 ※胸板の厚さとリノベーション事業構想力は、ご存知の通り比例はしません。」

 

今回の司会:「痛風!ビッグバディ 岡崎正信」

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
今回みなさんのビジネスプランを厳しく審査する「鳩胸」の方々。
全国各地でリノベーションまちづくりの事業に携わる実践者たち。


 

新しい時代の主役に新しい形の支援をしよう!

 

リノベリングとREADYFORが共催する「マネーの鳩胸!」は、このように、きちんとした事業性とエリア再生を担う公共性を兼備した新しいまちづくりのプレイヤー(現代の家守たち)を支援するための大きな一歩として企画しました。

 

厳重な審査過程を通じて、適切なアドバイスを与えることで、地域づくりの質を上げ、さらに資金の支援をすることで実現させるような仕組みです。エントリーはすでに開始しており、4月14日・16日には、公開審査イベントを開催します。3分のプレゼンテーションをもとに鳩胸たちの審査によって、優れた事業計画には、支援金を贈ります。

 

今回必要な資金は100万円。集まったお金のなかから、審査に基づいて挑戦者たちに事業支援金を贈り、事業実現のためにスタートアップ資金として活用してもらいます。100万円を超えた金額は、イベント運営費用として使わせていただきます。

 

 

リノベーションまちづくりのプロジェクト

 

私たちが考えるリノベーションまちづくりのプロジェクトは様々です。古い一軒家を使ったカフェかもしれないし、ビルの上層階を使ったシェアオフィスかもしれない。空室だらけになったアパートを蘇らせたシェアハウス、商業施設だったビルのワンフロアを使ったゲストハウスかもしれません。それらのリノベーション事業を企画、投資、運営することで、自らまちなかに欲しい暮らしを自分たちで作っていくことで、エリアを変え、住みたいまちや暮らしを市民自らの手で実現していくプロセスです。

 

「現代の家守」による民間主導のまちづくりを目指して

私たちは、まちづくりには、「家守会社」の存在が欠かせないと考えています。「家守」とは江戸時代に活躍した民間の町役人のこと。江戸のまちにたくさん建っていた長屋を不在地主になり変わって管理した長屋の管理人です。彼らの仕事は戸籍の管理、店子の商売の世話、冠婚葬祭の世話、いさかいの解決など。江戸幕府から給金をもらうことなく、店子から支払われる店賃(家賃)の一部などを収入にしながら自立して生計を立て、まちの公用を担っていました。このような江戸時代の家守のような職能を蘇らせ、現代の家守会社がリノベーションまちづくりの担い手として、様々なまちで、まちの新しいコンテンツづくりを次々と行っていくことを目指しています。

 

江戸時代の日本橋界隈を描いた「熈代勝覧」家守が活躍したまちの風俗が描かれている。

 

今、日本は人口減少、特に生産年齢人口の減少や高齢化・少子化が同時に進む縮退局面にあります。この局面では、自治体の税収が減りつづける一方、社会福祉にかかる支出はどんどん増大していきます。このままでは、自治体の財政状況はどんどん悪化し、これまで通りの公共サービスの質を保ちながら維持していくことが非常に困難になっていくのは明白です。こういう時代だからこそ、行政からの補助金に頼らずに自立して事業を行い、民間人でありながらもパブリックマインドを持って、公共の一翼を担ってコミュニティーを維持していく新しい主体が必要ではないでしょうか。それを担うのが民間自立型のまちづくり会社である「家守会社」なのです。

 

鹿屋の家守会社「株式会社 大隅家守舎」

 

北九州の家守会社「株式会社 北九州家守舎」

 

 

まちづくりは、まちのコンテンツづくり

「まちづくり」という言葉を聞いて、みなさんはどういうイメージを浮かべますか? 私たちが考えるまちづくりとは、「まちのコンテンツづくり」です。まちのコンテンツとは、そのまちの仕事や生活や暮らしと言い換えても良いでしょう。

子育てしながら豊かに暮らせるまちの未来を描いた豊島区リノベーションまちづくり構想。

 

「リノベーションスクール」では、ある地域特有の空間資源や周辺エリアに眠っている様々な地域の資源を発見し、つなぎあわせながら編集し、うまく活用することでそのまち独自の新しいくらしの未来を創っていきます。そして、そのように作り上げたエリア再生のビジネスプランを実際に提供された遊休不動産のオーナーに対して提案します。オーナーの了解を得られればリアルに事業化のプロセスへ進み、新しいコンテンツづくりを実現させていくことになります。そこで、主体となって事業を推進し、物件と縮退エリアの再生プロデュースを行う「家守会社」が誕生するのです。

 

★スクール3日間のスクールの様子はこちらから(YouTube)

 

 

まちづくりは、補助金からファイナンスの時代へ

これを事業として継続していくには、補助金ではなく、民間の資金を使って事業化する。自己資金を投じたり、地域の金融機関から融資を得るなど、民間の資金を使っても問題なく継続できる事業性を確保することが重要です。つまり大事なのはファイナンス(金融)!!私たちは、これからの時代のまちづくりは補助金ではなくファイナンス活用にこそ成功の秘訣があると思っています。金融機関の審査の厳しい目こそが、事業性を担保してくれるからです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
リノベーションスクール@和歌山から生まれた新たなスポット”水辺座”

 

みなさん、是非ご協力をお願い致します。

 

 

リターンについて

 

●¥10,000のリターン 「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント
・「リノベーションまちづくりサミット」HPへのお名前掲載
・マネーの鳩胸オリジナル「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント

 

●¥20,000のリターン 「リノベーションスクール」オリジナルワッペンプレゼント 
・「リノベーションまちづくりサミット」HPへのお名前掲載
・マネーの鳩胸オリジナル「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント
・「リノベーションスクール」オリジナルワッペンプレゼント

 

●¥50,000のリターン 厳選されたまちづくりレクチャー動画の配信 
・「リノベーションまちづくりサミット」HPへのお名前掲載
・マネーの鳩胸オリジナル「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント
・「リノベーションスクール」オリジナルワッペンプレゼント
・リノベリング所有のまちづくりレクチャー動画コンテンツをインターネットで10本配信。(これまでのリノベーションスクール会場にて、まちづくりのキーパーソンたちが語ってきた貴重な動画をご覧いただけます。まちづくりの実践や手法をたっぷりと知ることができます)

 

●¥100,000のリターン 厳選されたまちづくりレクチャー動画が見放題! 
・「リノベーションまちづくりサミット」HPへのお名前掲載
・マネーの鳩胸オリジナル「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント
・「リノベーションスクール」オリジナルワッペンプレゼント
・リノベリング所有のまちづくりレクチャー動画コンテンツをインターネットで3ヶ月見放題。(これまでのリノベーションスクール会場にて、まちづくりのキーパーソンたちが語ってきた貴重な動画をご覧いただけます。まちづくりの実践や手法をたっぷりと知ることができます)

 

●¥100,000のリターン 「リノベーションまちづくりサミット」での活動紹介 
・「リノベーションまちづくりサミット」HPへのお名前掲載
・マネーの鳩胸オリジナル「鳩胸たちの迷言」ステッカープレゼント
・「リノベーションスクール」オリジナルワッペンプレゼント
・「リノベーションまちづくりサミット」内の「マネーの鳩胸・最終審査(4/16)」にて、支援いただいた方(個人・法人)の活動紹介をさせていただきます。


最新の新着情報