プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

みなさまのご支援のおかげで、予想以上のペースで第一目標を達成することができました! 本当に本当にありがとうございます!!

 

これまで、金銭的な問題から保護シェルターの開設に二の足を踏んでおりましたが、勇気を出してチャレンジして本当に良かったと思っております。

 

みなさまには日頃より絶大に支えていただいているのに、これ以上のお願いをしてしまうのは正直心苦しい気持ちもありました。 しかし、ご支援いただいたみなさまのあたたかい応援メッセージからも、殺処分をなくしていきたいというお気持ちを託していただいているのだなということをしっかりと受け止めさせていただきました。

 

もりねこは、殺処分をなくすためにこれからもすべての力を出し切って突き進んでいきます!! そのため、ネクストゴールまで目指させていただきたいと思います!

 

シェルターオープンにかかる費用は、契約費用や内装工事費用、家具家電代などを含めて230万円が必要です。 また、現在は窓が塞がれているため、猫たちに新鮮なお外の空気と光を届けるための窓を開ける工事や猫たちがのびのび遊べるステップの設置などを予算が許すのであれば予定しています。猫たちの保護費用や医療費、施設の維持費用として年間約300万円必要になる見込みです。

 

これからかかる費用を考慮して、最終目標金額は2倍の300万円とさせていただきます。このプロジェクトの最中にも市や県の保健所からは次々と猫たちがもりねこへ入居してきています。 より安定した運営のため、さらなるお力添えをいただけると幸いです。

 

NPO法人もりねこ代表 工藤幸枝

 

 

猫エイズなどを抱え保健所で即日殺処分されてしまう猫は全体の約1割。ハンディのある猫のためのシェルターを盛岡の中心地に設立し、保護猫の殺処分ゼロを目指します!

 

こんにちは。工藤幸枝と申します。もともと北海道の出身で、札幌市で猫の保護活動をしているNPO法人猫と人を繋ぐツキネコ北海道でスタッフとして活動させていただいていました。現在は岩手県盛岡市に移り、NPO法人もりねこを立ち上げました。猫の保護とおうちさがしの活動のための保護猫カフェの運営をしています。

 

しかし、過酷な野良猫生活や飼育放棄などの現場から保護される猫たちは決して状態の良い猫ばかりではありません。様々な事情のある猫たちを幸せにする活動をしてきましたが、現在の店舗だけでは隔離ケアの必要な猫やハンディのある猫たちをしっかり保護できるスペースがないため、今回新たな試みに挑戦することにいたしました。

 

しかし、既に多くの保護猫を抱えていて、医療費や運営費の負担も大きく、十分な予算が確保できないのが現状です。ハンディを背負っていたとしても、猫が命を全う出来る施設を作るため、どうかご協力いただけないでしょうか。

 

生まれてすぐに感染症にかかり生死の境をさまよった泉くん。
スタッフやボランティアの手厚いケアにより元気に成長し新しい家族のもとで幸せに暮らしています

 

 

保健所ではハンディを抱えているというだけで猫たちは譲渡不可能とされ、殺処分の対象となってしまいます。

 

保護される猫の中には新しいおうちを見つけることが難しい猫たちもいます。病気や治療法のない感染症であるFIV(猫エイズウイルス)やFelv(猫白血病)に感染していたり、身体に障がいを持っていたり、人間に異常な恐怖心を持った猫たちです。

 

ハンディを抱えている猫は譲渡不可能という理由で、保健所では殺処分されてしまいます。特に、猫エイズなどの感染症を持った猫は即日殺処分の対象です。地域差はあるものの、野外で暮らす野良猫の10〜20%がFIV(猫エイズ)に感染しているといわれ、殺処分ゼロを目指すには、この猫エイズの問題を避けて通ることはできません。

 

生まれつき両足が欠損しているやきいもちゃん
保健所では譲渡が難しく、もりねこで保護しました

 

 

盛岡市の殺処分0を目指し活動をつづけ、これまで200匹の保護猫と新しい家族と出会いを繋げてきました。

 

もりねこでは、スタッフ4名に加えボランティアでのサポートスタッフ約30名の仲間たちと、行き場をなくしてしまった野良猫たちを引き取り、おうち猫として卒業できるよう猫たちのサポートを行っています。活動は3年目に入り、これまでに新しいおうちへとご縁の繋がった猫たちは200匹以上になります。

 

これまで、ハンディを抱えた14匹のFIV(猫エイズ)キャリア猫を保護してきました。しかし、現在の店舗には専用のスペースがなく、預かりボランティアさんのおうちなどで保護するしかありません。そのため、ハンディのある猫は保護を最小限にとどめていました。

 

猫自身は与えられた環境の中で与えられた命を全うしているだけで、何の罪もありません。そんなハンディのある猫たちに、安心して過ごしながら、ゆっくり運命の出会いを待つことのできる保護スペースをつくり、本気で殺処分ゼロを目指すために新たな挑戦をすることを決意いたしました。

 

現在預かりボランティア個人宅で待機中の海老蔵くん&真澄ちゃん
このように普通の猫と変わらず幸せに過ごしています

 

 

ハンディのある猫たちが安心して過ごせ、新しい家族との出会いの場にもなるシェルターを作ります。

 

盛岡市の中心地、保護猫カフェを運営するビルの5階に、ハンディのある保護猫約30匹の収容が可能なシェルターを作ります。FIV(猫エイズウィルス)キャリア専用猫ルーム、Felv(猫白血病)保護ルーム、保護されたばかりの猫を健康チェックを終えるまで隔離してケアできるお部屋、その他ワクチン接種前の子猫や安静ケアの必要な猫たちの個室を確保した、一匹一匹の猫の状態に合わせた保護シェルターです。

 

FIVキャリア猫専用ルーム


FIVは感染しただけではすぐに発症するわけではありません。天寿を全うするまで普通の猫と同じように過ごせる猫も多いのです。そのことを実際に触れ合って実感していただき、新たな家族へとつなげていきたいと思います。

 

実際にふれあいFIVへの偏見をなくしていくためにも、見学可能なオープンラウンジとして、みなさまに触れ合っていただけるスペースとなる予定です。

 

 

Felv(猫白血病)猫専用ルーム

 

隔離でのケアが必要になりますので、しっかりとケアできる個室をつくり、ストレスなく過ごせるようにしていきます。Felvも感染から発症までは元気に過ごすことができますので、QOLに配慮したあたたかいスペースを作っていきたいと考えています。

 

1匹で迎えたり、Felv猫だけで暮らすのであれば普通の猫と同じように過ごすことができますので、ご理解のあるあたたかいおうちへとつなげていけるように工夫していきたいと思います。

 

 

ワクチン接種前の子猫や安静ケアの必要な猫ルーム

 

風邪をひいてしまった猫や保護されたばかりの検査前の猫、ワクチン未接種の子猫たちを一時的に隔離して過ごせるスペースを確保することで、現在保護猫カフェに入居中の猫たちにとってもこれまで以上に安心して過ごせる施設となります。

 


このように猫たちが安心してすごせる空間を作るためには改装を行う必要があり、猫たちの毛布やベッドを洗う洗濯スペースや手洗い場設置の工事、個室を作るための間仕切りやドアの設置などの費用等、約150万円が必要になってしまいます。

 

FIVキャリアで10歳と高齢だった菊蔵くんも家族ができ幸せに暮らしています。
幸せになれる猫たちをもっともっと増やしていきたいのです。

 

 

全ての猫の平等な命を守り、猫にとっても、人間にとっても、幸せに生きられる社会を目指したい!

 

この施設を作ることが出来れば、これまで助けることが難しかったハンディ猫たちが殺処分を回避し、幸せに生きる機会を増やすことができます。そして、盛岡市において殺処分ゼロを達成することは夢ではなくなります。どんな猫もその命を全うできる社会の実現を目指していきたいと思っています。

 

ハンディのある猫への偏見がなくなり、すべての猫たちに同じだけの幸せが与えられる社会になることは、猫だけでなく、必ず人間の心にも変化をもたらすはずです。猫も人も幸せな社会は、人間にとっても素敵な社会です。私たちはそのための一歩を踏み出していきたいと思っています。

 

◆猫も人も幸せな社会を目指します

 

全ての猫が幸せになれるよう、どうか皆様のお力を貸してください。ご協力お願い致します。

 

 

施設詳細

 

◆住所

岩手県盛岡市菜園二丁目6-6 三栄ビル5F

 

◆最寄駅

JR盛岡駅 徒歩10分

 

◆対応可能時間

11:00~19:00(水曜日を除く)

 

◆問い合わせ先

NPO法人もりねこ

019-613-7773

 

◆もりねこHP 

 

◆もりねこFacebookページ

 

リターンについて


・ありがとにゃん (=^・^=) メール

 

・大人気のオリジナルコーヒードリップパックとお菓子のセット

 岩手県内の福祉事業所と共同開発しています。
 READYFORリターン限定サンクスラベルでお届けいたします!

 

・オリジナルポストカード

 

・もりねこシール

 

・もりねこマスキングテープ

 

・日めくりカレンダーまいにちシロたん

 

・トートバッグ

 

・盛岡出身作家 あとりえCicadaさんのオリジナルカップ&お皿

 今回のリターン用にオリジナルで特別に制作していただきます。

 

・オープニングセレモニーにご招待

 もりねこスタッフやボランティアと一緒にオープンを祝いましょう!

 


最新の新着情報