プロジェクト概要

最高の栄養価値がある『モリンガ』を通してガーナのモリンガ自生農園の仕組みを整え、支援という形に頼らない、地元の女性達の『自立的発展』をサポートしたい。


始めまして!、モリンガライフ代表の熊谷と申します。モリンガという植物を通して、ガーナの貧困問題を一気に解決していくソーシャル・ビジネスをアメリカNYで立ち上げ、2013年からは日本にもその活動を広げています。2008年頃から自分とガーナのNGOであるShapre Lives Foundation と共同でガーナに自生する「モリンガ」という植物(ハーブ)を現地から海外に直接届けるフェアトレード・プロジェクトを始めました。ブローカーを仲介に通さず、出荷、貿易など全てを適正価格で行い、現地に収入が落ちるという仕組みで運営しています。

 

今回皆さまにお願いしたいのは、『生産に関わる現地の女性たちの品質や衛生管理の知識をもっと高める』ためのトレーニングのための費用のご支援です。現地には「モリンガ・アソシエーション」という団体がモリンガの知識や品質管理、栄養分析など全てパッケージされているトレーニングがあります。

 

そのトレーニングを農園の女性達全員に受けさせるには日本円にして、15万円の費用を必要となります。今回はこのトレーニング費用のご支援をお願いします。

 


 

まず最初にこのプロジェクトの主役となる、『モリンガ』の説明をいたします。

モリンガは、アフリカや東南アジア諸国などに自生する植物で、その栄養素の高さから現在欧米でも研究が進み、その栄養密度は10万食ある可食植物の中でもトップクラスといわれています。

 

 

例えば、モリンガに含有されているポリフェノールを他食品や飲料と比較してみると、このような結果が出ています。

 

□ 赤ワイン 300 約8倍
□ 白ワイン 50 約47倍
□ 緑茶 100 約23倍
□ バナナ(果実でNo1) 292 約8倍
□ 春菊(野菜でNo1) 105 約23倍
□ チョコレート(カカオ) 200 約11倍

モリンガ 2320 -

 

最初は自分でも半信半疑だったので、実際にモリンガを取り寄せ、米国で一番といわれている栄養分析機関にモリンガの栄養分析を依頼しました。その結果、自分が今まで聞いた事実以上の内容を目の辺りにし、所長にも「今まで何百という植物を見てきたが、モリンガが凄いのは栄養バランスだ、栄養は一方だけとってもあまり意味がなく、バランス良くとってお互いの栄養が効果的に働く。その意味でもモリンガに含まれている栄養は完璧に近い」というお言葉をいただき、これは間違いないと確信しました。

 

そんなモリンガが、ガーナの奥地に自生しているにも関わらず、今まで有効活用されずに眠っていたのです!

このモリンガをフェアトレードで仕入れるようになり、その成果として、数年の間にも関わらず、現地が見る見る発展していく様子をこの目で見てきました。

 

そして「現地女性の雇用促進」「子供の教育状況の改善」「労働基準の整備」など様々な結果が生まれてきました。

 

 

 

いま振り返ってみると、その成功理由は、「現地(ガーナ)での商品加工プロセス」に拘った事にあると言っても過言ではないかと思います。すなわち、通常行われているように、モリンガ葉を原料としてただ買い取るのではなく、その葉を現地で粉末加工する事によって商品としての価値を生み出すことにつながったのです。

 

 

そして今、現地にどのような変化が起きてきてるかというと・・生産者として『もっといいものを送りたい』という気持ちが生まれてきました。数年前まで、本当に何も無かった地域で、藁を折りながら何とか生計を立てるのに精一杯だった、彼女達の口からスキルや品質の改善という言葉が出てきたんです。

 

(モリンガ農園を始まる前は、藁を折りながら生計を立てていた)

 

モリンガプロジェクトを通して、この小さな農村地から世界にものを届ける事を通して、そこから小さいながらも『誇り』が生まれてきたのです。

 

(現地の女性達には自分でも出来るという気持ちが生まれています)

 

『品質や衛生管理の知識をもっと高めたい』そのトレーニングを農園の女性達全員に受けさせるには日本円にして、15万円の費用が必要です。

 

現地には「モリンガ・アソシエーション」という団体がモリンガの知識や品質管理、栄養分析など全てパッケージされているトレーニングがあるのです。今回はこのトレーニング費用のご支援を頂ければと思い、READYFORに登録させていただきました。

 

現在の予定では

対象:女性のモリンガ農園ワーカー25名

場所:モリンガ・プロセシング・センター

内容:モリンガの衛生管理、梱包方法など

 

このような教育は今まで現地の人達が必要としていながらも、実現する事が出来なかった領域なのです。色々なプロジェクトがアフリカで行われてきましたが、その殆どが物質的な支援のみでした。しかし、実際現地で本当に必要とされているのは知識やスキルなのです。

これらは個人の財産として積み重なります。その後は、そのトレーニングを受けた女性達が今度は先生となり、次の世代にも伝えることが出来るのです。

このトレーニングが現在と将来の点と点を繋げる線になる可能性があるのです。

 

(現地からも応援宜しくお願いしますの声が!)


現地の女性達にその教育を受けさせる為に、是非皆さまのご協力いただけないでしょうか、是非とも応援宜しくお願いします!

 

詳細が知りたい、ご質問等ある方はお気軽にinfo@moringalife.jp までご連絡下さい。私が詳しくご回答、ご説明いたします。

 

また、プロジェクトに関しては弊社のHP にもまとめていますので、

もし興味が御座いましたら除いてみて下さい;http://www.moringalife.jp/project/

 

=========================

引換券

 

引換券に関しては頑張らせていただきました!まずモリンガライフでは、ガーナ現地より届いたモリンガを日本でさらに改良化した世界初めての本格派モリンガ青汁『モリンガ・ライフ・パウダー』を今年度より販売開始しております。

 

 

モリンガ粉末(モリンガ100%)がそれぞれ3グラムずつきれいに30本/1箱に梱包されています。

 

 

¥ 4,000の支援で受け取る引換券

モリンガ・ライフ・パウダー(12袋入) /モリンガ粉末

●ガーナ産のモリンガが100%詰まったモリンガ商品です 
●商品は、1箱12袋入っています(約2週間分)
●次回の購入15% オフ券X3枚付
●定価価格:1,980円
●既にネット等で販売開始している市場に流れている既存商品
●今回支援先である、ガーナの農園より原料を100%調達しています

(モリンガ12袋入りイメージ図)

 

 

¥11、250の支援で受け取る引換券

モリンガ・ライフ・パウダー(30袋入)/モリンガ青汁

●ガーナ産モリンガが100%詰まったモリンガ商品です

●商品は、1箱30袋入っています(約1ヶ月分)
●次回の購入20% オフ券X3枚付
●定価価格:4980円
●既にネット等で販売開始している市場に流れている既存商品
●今回支援先である、ガーナの農園より原料を100%調達しています

 

モリンガ・ライフ・パウダー(30袋入)5箱プレゼント/モリンガ粉末

●ガーナ産モリンガが100%詰まったモリンガ商品です

●商品は、1箱30袋入っています(約5ヶ月)
●次回の購入30 % オフ券X3枚付
●定価価格:24,900円
●既にネット等で販売開始している市場に流れている既存商品
●今回支援先である、ガーナの農園より原料を100%調達しています

 

上記でも触れましたが、この商品は仲介を全くはさまずに、ガーナのモリンガ農園より直接輸入し、お客様のお手元に届けています。

 

 

補足:弊社のモリンガを通した取り組みは、国連グローバルコンパクトの精神を推進する企業として承認され、以下のロゴを商品につけて販売できる許可を頂いています

 

 

どうか皆様のご支援宜しくお願い致します!

 

プロジェクト発案者の紹介

熊谷忠久:北海道出身。高校卒業後に渡米し、働きながらニューヨークに留学、ロサンゼルスの大学を卒業し、父親の扱っている薬草茶をインターネットで販売する事業に乗り出した。30歳の時にはニューヨークで貿易会社を起業。ガーナのNPO法人を通して、現地の農園と健康食品の原料となる植物の直接取引を開始した。仕事をを進める中で、熱帯地域に自生するモリンガの栄養素に注目し、以来モリンガで世界にインパクトをモットーに事業を進めている。

 

その活動はメディアにも取り上げられています。

 

 

 


最新の新着情報