プロジェクト概要

*同時進行中のプロジェクト!3月18日〆切です!

▶街でも山でも!カメラライフを変える究極の3WAYカメラバッグ:https://readyfor.jp/projects/mp001
 

*monogatari projectの寝るパーカーがテレビ東京のワールドビジネスサテライトのトレンドタマゴで取り上げられました!

 

 

 

どこでも寝られるというコンセプトで沢山の応援をいただきました
寝るパーカーからいただいたリクエストにお応えして新色を発売します!

 

「実は男性に人気が出るのでは?」と思っていた以前チャレンジした寝るパーカーの製作プロジェクトですが、女性の方の方が反響が大きかったです。そこで、今回はメンズ・レディースともにやわらかい印象で着回し易く、一緒にも使いやすい新色【オレオ】を作ろうと企画しています。

 

◆こちら【寝るパーカー】の睡眠に対する想いが詰まったPVです。

 

◆【暮らしバスクシャツ】のPVです!

 

◆ facebook:https://www.facebook.com/monogatariproject81

◆ Twitter:https://twitter.com/monogatari_pro

◆ WEBサイト:http://www.monogatariproject.com

 

前回のプロジェクトで大好評いただきました【寝るパーカー】の2回目の受注生産プロジェクトです。通常購入よりも、遥かにお得なプライスで買えるので、お待ちいただける方はぜひこちらからお申込みください!

 

【お知らせ】

1回目の寝るパーカーの受注期間の際に、多くの細かな点(縫製のクオリティやポケットなどの強度を上げたり、よりジャケットみたいな仕上がりに近づけてみたり)の改良を重ね、Ver.3からVer.5までグレードアップしました!(一回目の申込者様にお届けしたものがVer.5です)。

 

そのため、今回多少のプライスアップを行っていますがそのほとんがクオリティアップに伴う製造原価上昇によるものですのでご了承お願いいたします。

 

ちなみにセレクトショップなどで15,000円ぐらいで販売されている国産のパーカーの2倍近い(超えるかも)製造コストがかかっているので、通常のパーカーとしてもお得感はまだまだあると思われます!暮らしバスクシャツも同様の理由です。

 

◆前回プロジェクトで公開したサンプルからの分かりやすい改良点

1回目のプロジェクトの量産で、ご支援者様に発送したモノ(ver.5)から、パーカーの内側をジャケットのような見た目の作りにしました。着心地や細部の仕様にもこだわっているので、普段使いでもすごく良いと前回の購入者様よりコメントをいただいております!ガイドブックポケットもおしゃれな雰囲気が出ました!

 

ブランドネームは目が細かい高級織でネームで作成。ジャケットのような位置に取り付けておしゃれ度アップです。暮らしバスクシャツもそうですが、首元にネームをつけないのは売るためのデザインではなく、着るためのデザインを優先しているので、monogatari projectのアイテムのタグは首の後ろには取り付けません。

 

 

Made in Japanタグもオリジナルで作成して取り付けました。monogatari projectの日本生産品には、ブランドカラーの白黒のMade in Japanタグを取り付けています。

 

暮らしバスクシャツのネーム位置です

 

めくると、Made in Japanタグがチラリと見えます。裾の補強をさらに素材を分けて行うようにしました。裾は太めでスリットは細めのコットンテープを使用して、洗濯しても丸まりにくく、アタリのでにくい工程の多い縫製方法で縫い上げています。

 

前回のお申込み者様よりのこの使い方が良いという情報です

 

フェイスタオルを常に入れておくと電車通勤で眠るのがすごく楽なった。

電車で寝る場合端の席を取れれば角に寄りかかれますが真ん中付近だと窓に頭がよりかかるようになります。しかし窓が座席から結構離れているので寄りかかると頭が後ろに行き過ぎて起きた時に物凄く首が痛くなりますよね。しかしこの状態で寄りかかれば首が後ろに持って行かれないのですごく楽に寝ることができるようになりました。

二つ折フードが物凄く大きいのでタオルを入れた状態で着ていてもあまり周りにばれなそうです。

 

また他の方の発見でポケッタブルダウンとの相性が良すぎると教えていただきました。

さっそく試してみた所すごくしっかり支えられてクッション性も良く、旅行にも持って行く機会が多いので相性が抜群だなと思いました。

 

◆移動中に少しでも良く眠りたい

 

突然ですが旅行や出張の移動中に睡眠を取ると首が痛くなったり、うまく眠れずに寝不足になってしまうことがありますよね?

 

皆さんは旅行枕というものを使ったことがありますか? U字型の形で首に引っかける枕です。良い旅行枕を使うと首の痛みもだいぶ改善されますがクッションが入っているしっかりした物はすごくかさばってしまいます。

 

そこで、着ているパーカーがトラベルピローに変型し快適な枕になる monogatari project オリジナルの"寝るパーカー" を開発いたしました。

 

 

◆「寝るパーカー」はフード付きの旅行枕になります。

寝るパーカーは簡単に旅行枕に変形させることができます。旅行枕として使用する際は大きなフードが顔全体を包み込むのでアイマスクは必要ありません。フードをかぶってしまうので周りの雑音も聞こえずらくなります。アイマスクが苦手な人にもお勧めです。

 


 

 

◆フード自体が「巨大なピローカバー」!気温変化に柔軟対応

二つ折のフード自体が、巨大なピローカバーになっています。クッション性がある物を、フードについている大きな穴に詰め込んで、フードが枕に!好みの寝心地を作ることができます。機内で配られるクッションやブランケットを詰

めるもよし。もしLCCなどアメニティがない場合は、自前のバスタオルやTシャツを丸めて詰めば、パーカーを“着たまま”でも旅行枕として使用することができます。

 

 

暑い機内では本体を丸めるとボリュームのある枕に変形し、寒い機内では着たまま枕にして使用する使い分けができます。「面白いアイディアだけど、枕にしてしまうと(羽織れなくなるから)寒いのでは?」という懸念も解決です。

 

フードに物をつめて頭の横に配置しても、枕カバー(フード)と身頃が繋がっているのでクッションが首元から落ちることなく快適な睡眠が叶います。枕として使用しない時は巨大なフードを二つ折にしておくことで大きすぎるフードが邪魔になるという弱点を解消しながらファッション性の高いおしゃれなフードのシルエットを形成しています。

 

 

◆リラックスしやすい柔らかい素材を使用してで国内で作ります

良い寝心地を出すためにパーカーやトレーナーなどに使われる裏毛の柔らかく肌触りが良い素材を選びました。柔らかい肌触りでリラックスできるのでついつい眠くなります。

 

寝るパーカーは国内の工場で生産します。

 

 

◆パーカーを旅行枕にするやり方

 

1、ボタンを全て外して隠しフラップを留めます

これにより巻いて枕にした時もゴツゴツしない平らな面が出来上がります。個のフラップが寝心地の秘密なので忘れずに留めて下さい。

 

2、サイドポケットからピローカバーを取り出します

 

3、下から巻きます


4、巻いたパーカーにピローカバーをかけます

 

5、最後にバックルを留めて完成です。下の写真ではフードも巻いてピローカバーをかけています。

 

フードまで巻くとさらに固い枕になり頭をよりしっかり支えられるようになりますので首が痛くなりにくくなります。

 

◆開発のきっかけ

私は世界一周の旅に出たり、海外へ出張へ行ったりと飛行機に乗る機会がここ数年多いのですが、移動中の睡眠を失敗すると現地に着いてからの時差ぼけや疲労感がひどく、移動中の睡眠をなんとか改善できないか考えていました。そこで旅行枕をいくつか買って試したのですが、空気タイプの物は頭を支える力が足りず、クッション性の物はかさばりすぎて持ち歩けず丁度気に入る物が見つからなかったので開発をスタートいたしました。

 

 

 

空気タイプの旅行用枕を使うと頭を支える力が足りないのでいつも私は首が痛くなります。また飛行機の高度で枕の中の空気が膨張したり収縮したりするので固くなったり柔らかくなったりと安定しないことにもストレスを感じていました。

 

手荷物制限の厳しいLCCでは搭乗前に旅行枕やお土産を全て手荷物のバッグの中にしまうように言われることがあり、かさばる旅行枕を持っていくと追加料金を払うことになるようなこともあります。

飛行機を降りた後もかさばる枕はその後ずっと邪魔ですよね。

 

荷物としてかさばらずに、頭を支えられる寝心地の良い旅行枕は作れないかと考えているうちに寝るパーカーのアイディアに辿りつきました。

 

そして3年間かけて飛行機に乗りながら改良を重ねました。

1年に一枚作成しては海外に行く時に使ってみる。この繰り返しで2012年にスタートした寝るパーカーの開発は続きます

 

旅行枕としての性能を発揮させることと、旅行先の街でも気軽に羽織れるパーカーとしてのデザインのバランスを取ることが一番苦労したポイントです。

試行錯誤の結果、首をしっかり支えられる旅行用枕を作るためにはパーカーの身幅を大きく取らなければいけないことが分かったのですが(2nd Sample)、大きく身幅を取るとオーバーサイズになってしまい街中で気軽に着られるようなファッション性がなくなってしまいます。そこで着ている時と、枕にする時に身幅が変わるようなデザインに辿り着いたのですが、このデザインを思いつくまでに数ヵ月かかりました。(3rd Sample)

 

 

身幅を変える隠しフラップを取り付けています。これ使用すると枕の幅が広がり、前立ての生地が重ならない平らな状態で巻いて枕に変形できるので寝心地がとても良くなります。

 

 

◆着用時のシルエット

枕に変形させた時の寝心地を考えてジッパーではなくボタンで前を留める仕様にしています。せっかくボタンを採用したのでおしゃれパーカーになるようなシンプルですがひとひねりを入れた長く愛着を持って着られるデザインを目指しています。

前立てを大きく作ったデザインで大きめの身幅を絞り、ステッチのラインで見た目のバランスを取っています。

フード付きのスウェットジャケットのように使用できるので、旅行中の限られた服でも合わせやすく使いやすいです。

 

第一ボタンをと一番下のボタンを外してジャケットのように着やすいように第一ボタンと第二ボタンは間隔が大きくなっています。

 

 

◆2つ折りできるダブルリブ仕様

通常の着用時は2つ折りで、天気や温度・気分に合わせて伸ばして使えます。

 

・2つ折りフード

フードは枕として使う時にドームのように顔を覆う機能を持たせるため大きく作っています。着用時は2つ折りで使用できるようになっています。

 

 

◆ 便利なガイドブックポケット

飛行機内で読んだガイドブックを降りる時に一度バッグに戻していませんか? そのガイドブックは空港でイミグレーションを過ぎたらまたバッグから取り出しますよね。

 

寝るパーカーには大きなインナーポケットが両サイドに備えてありガイドブックや小説を入れて置くことができます。

 

 

◆monogatari project について

"monogatari project" のブランド名には "物語り" と "モノを語る" の2つのテーマがあります。

 

ストーリーを楽しめるモノを作ろう

面白いアイディアと品質がある語れるモノを作ろう

 

この2つのテーマから良い物を作りたいという衝動から2012年に企画をスタートさせたのが monogatari project です。

 

monogatari project のロゴマークは白の八咫烏です。日本の物語である日本神話に登場する八咫烏を白で表現することで日本に伝わるモノづくりの精神と革新的なデザインを表現しています。

 

◆今後の monogatari project の展開

monogatari project はクラウドファンディングにより新作のプロジェクトを発表しながらクラウドファンディングとECにおける販売に力を入れていきます。

 

クラウドファンディングにおいての展開に力を入れるとでより自由にこだわった商品のデザインを出すことができ、またコンセプトをしっかり伝えることができるので発信力のある商品開発を行うことができると考えているからです。

 

またクラウドファンディングで予約購入をしていただける方に向けて特別価格を設定していきます。これは、製品の回転率がほぼ100%になることで・倉庫代・在庫管理費・発送にかかる人件費などモノヅクリの過程から流通まで色々な場面でコストを大きくカットできるからです。

 

◆monogatari projectで採用するクラウドファンディングとECを軸にした新しいアパレルブランドの運営

※コストバランスを考えた時に、仮にmonogatari projectの商品を通常の流通に乗せるとクラウドファンディングルートの約2倍以上の価格になることがあるようなプライス設定です。

 

 

No.002 寝るパーカーと同時にもう一つのプロジェクトを行います。

丈夫で1枚で楽に着れてでかけられる気軽さが好評です。寝るパーカーとも相性がよく寝るパーカーと合わせて普段使いにもお勧めです。

 

 

「手入れを楽しておしゃれ」というコンセプトで丁寧に洋服の手入れを行うよりも休日の自由な時間を少しでも増やしたいという休日を何より大事に思う私がデザインした「暮らしバスクシャツ」です。

 

・暮らしバスクシャツ No.007

 

お気に入りのカットソーは大切に着ていきたいのですが、いちいち毎回平干して型崩れを防ぐような手間のかかる正しいお手入れを毎回休日にしたくないという私の意識の低さが開発のスタートでした。

 

平干しが面倒ならばハンガーにかけても型崩れしにくいようにデザインすれば楽になりそうだということで、お手入れに手間がかからない分、貴重な休日の時間をより多く楽しむおしゃれな洋服というコンセプトが決まりました。

※本来ならば平干しがベストなお手入れです。

 

ハンガーの先が当たる肩の部分は生地を2枚にして生地のダメージを分散します。

 

ハンガーで伸びやす首元は同じ生地で伸縮性を残しながら補強しています。

 

裾は丈夫に長持ちするようにコットンテープを用いてしっかり補強。

部分ごとに異なる補強を入れるこだわりようです。

 

バスクシャツといえば着ている感のあるしっかりした生地が特徴です。

 

細かい注文も聞いて下さる日本の工場により手間のかかる仕様を丁寧に仕上げてもらいます。

 

肩周りを立体的に作りフィット感を上げることでリラックスした雰囲気ながらサイズが合っているように見えるおしゃれな雰囲気が作りやすくなっています。

 

旅行や買い物の時にも嬉しい肩が痛くなりにくい仕様です。肩の骨の上から縫い目を外していて、さらに2枚の生地で仕上げているのでバッグやリュック、カメラを肩かけしていても痛くなりにくいです。

 

◆寝るパーカーのサイズ・スペック表です

※サイズはお申込みいただきました後に専用フォームでお伺いいたします

 

 

◆暮らしバスクシャツのサイズ・スペック表です


◆カラー
定番で着回し易い一番人気のグレーです。杢調のグレーの裏毛にネイビーのボタンでアクセントを加えています。フードは普段着ている時は二つ折りにしておくのでマジックテープは見えません。

 

【新色】ホワイトグレーと黒のボタンで作るフンワリモノトーン。柔かい雰囲気のホワイトグレーでリラックス感アップ。ホワイトだと汚してしまうと目立つので杢が入ったホワイトグレーを選んでいます。ブラックのボタンを合わせてお菓子のオレオカラーを作りました。フードは普段着ている時は二つ折りにしておくのでマジックテープは見えません。

 

暮らしバスクシャツネイビー

実は前回予想以上に良かったという声が多かった暮らしバスクシャツ。着心地がいいのとかなりしっかりした作りなので着ていて信頼感があるとのことでした。このネイビーは濃いめのネイビーです。

 

▶ For orders from abroad

Asia only, do the international shipping by EMS. Apart from the amount of money application course, 3,500 yen shipping fee will be charged after the end of the project.

 


最新の新着情報