プロジェクト概要

日本の子育て環境を改善するために、子育て支援Webサービスやイベントを開催したい

 

このページを開いてくださった皆さま、ありがとうございます。佐藤充朗と申します。私は「イクメン」という言葉が無くなり、男性も子育てするのが当たり前になって欲しい。女性も子育てしながら自分らしく輝ける。そんな社会になって欲しいと思っています。そのために、お母さんの子育て不安を解消し、お父さんも子育てに積極的に参加できる子育て支援Webサービスやイベントを開催したいと思います。

 

どうか皆様、子育て支援Webサービスや子育てイベントを開催する機会をいただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

 

(小幡緑地冒険遊び場の会 取材より)

 

 

閉塞感。孤立感。戸惑い。不安。お母さんが抱える様々な感情

 

実際に子育てに携わったり、子育てのNPOを取材するまで、正直、私は育児や子育てについてよく分かりませんでした。自分なりに文献を読み、インターネットで調べ、NPO、大学、お母さん支援団体など取材していくと子育てしているお母さんが抱く感情というのが分かってきました。

 

取材をする中で、子育てをしているお母さんには様々な悩みがあることが分かりました。核家族で、親族や地域からの援助が得にくく、慣れない子育てによる負担感。共働き家庭であるため、子どもが病気になったとき職場の理解が得られない閉塞感。専業主婦で家の中で子どもとだけで過ごしていることが多く、話し相手に恵まれないなどの孤立感。

 

(名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 子供ケアセンター 取材より)


子どもの世話の大半を一人で担っているため、トイレや風呂などにゆっくりと入る時間もままならない。 自分自身に兄弟姉妹がおらず、自分の子どもが生まれることで初めて小さい子どもの世話することからの戸惑いや不安など、その後の子育ての様々な選択してく過程で、絶えず不安や恐れや疑いがあります。果たして、この悩みをそのままにしておいてよいのでしょうか。

 

さらに、一方で“自分らしく子育てを通じて日々楽しい自分を表現したい“ という願望もあることが分かりました。子育てをしているお母さんとしてではなく、自分らしく輝きたい、楽しみたい、成長した姿を表現したいといったモチベーションが湧いてくるということが分かりました。

 

(お母さん支援団体 Mamazon  取材より)

 

 

日本男性の家事や育児にかける時間は世界最低水準

 

日本の男性の家事・育児に費やす時間は世界的にみても最低の水準であり、その負担は女性に集中しています。また、将来的に子どもを持つと考えた時の不安として、「経済的負担」、「仕事と生活・育児の両立」「育児・出産にともなう心身の負担」が課題として浮き彫りになっています。
私はこれからの子育て環境は、男性の子育て育児が当たり前になり、女性は子育てしながら自分らしく活躍ができること重要だと思います。

 

男性が家事や子育てに積極的に参加していくためには、男性の抵抗感をなくす必要性があります。こういったことは、育休取得などにも表れていると思います。私が会社員であった時も、育児休暇はあるが男性が使わない、育児休暇を使っても1日~2日程度で十分に使っていな人が沢山いました。また、取得するのが当然という雰囲気ではなかった経験があります。

 

(出典:「子ども・子育て応援プラン」:厚生労働省)

 

日本全体でも厚生労働省が実施した2012年度の雇用均等基本調査によると、女性の育休取得者は83.6%でしたが、男性は1.89%と大幅に低い状況が続いています。子育ては家族が増える喜びとともに子育てを通して、自分自身の成長を実感できるものです。

 

子育ては女性がするものだといった男性の意識があっては、子育てを通じた成長を実感することはできません。そして私は男性の抵抗感をなくすことのできる、子育て支援webサービスで、子育ての不均衡を解消することが、私に与えられた使命であるとの考えに至りました。

 

(子育てWebサービスのイメージ)

 

 

子育て・育児に特化したQ&Aサイトで子育てについて知る機会を

 

どのようにすれば、よりよい子育て社会の仕組みを創っていけるのでしょうか。私は、お父さんがお母さんの育児や家事のことをもっと知る必要があると思います。そのために、「知ることのできる機会」を増やす必要があります。同じ境遇の親同士のコミュニケーションが増えれば、より育児や家事の気づきが増えると考えています。

 

(サイトのイメージ)

 

私たちのオンラインサービスは子育て・育児に特化したQ&Aサイトです。子育てや育児中の親の皆さんが気軽におしゃべりする感覚で質問・疑問を相談することができます。子育てや育児に役立つ知恵や生活の工夫が得られ、一人ひとりが支えあうことができます。

 

また、オフラインのイベントでは情報発信と交流を目的とした親子で参加できるイベントを行います。例えば、ベビーマッサージ、ベビーサイン、親子クッキング、シングルマザーやファザーのワークショップなども考えています。

 

(子育てWebサービスのイメージ)

 

 

みんなで支え合い、分かち合う子育てを

 

子育ては一人で出来ないのは当たり前です。色々な人の力がないと子供は育ちません。現在の社会環境では、単純に一人に任せるだけでは、十分な子育てはできません。日本の子育て環境は大きな岐路にたっています。

 

そして今、みんなで支え合い、分かち合っていくことをベースにするにする子育てが必要ではないでしょうか。お父さんが積極的に子育てに参加する姿が増え、生き生きと輝くお母さんが増えればと思います。

 

同じ境遇の親が励ましあい、経験者だけが持つ暗黙知を同じ悩みや不安をもつ親のために届けることができる。その結果、自分らしく輝ける親を増やすことができる。日本においても色々な人が関われるWebサービスがあれば、世界に誇れる子育て社会が実現できると信じています。私たちの開発するサービスは、多くのお母さん、お父さんによりよく子育てライフを過ごしてもらうためのものです。

 

(NPO法人わが家流子育て応援団ふりあん様 取材より)

 

 

資金の内訳

 

Webサービス開発費、広告宣伝費の一部
サーバー、ドメイン管理、通信費  
Webサービス作成に必要な素材、資料費

READYFORの手数料

引換券の作成費

お返し

 

大切に使わせていただきます。一人でも多くの親子を笑顔にし、真の多様性を実現するため、皆さまのお力を貸して頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

 

 

 引換券について

 

【3,000円の支援で受取る引換券】

1)プロジェクト特設ページに貢献者としてとして紹介させていただきます。

2)サポーター限定のFacebookグループにご招待(ご希望の方は、Facebook URLをご連絡ください)
3)お礼のメッセージとプロジェクトの進捗状況を報告させていただきます。


【10,000円 の支援で受取る引換券】
3,000円に加え、
4)プロジェクト特設ページにあなたのメッセージ140文字掲載
5)サポーター限定の交流会へご招待(交通費は含みません。子育て中のご家族に権利を譲渡する事もできます。)
6)子育て中のご家族に最適。海岸が天然記念物に指定されるほど美しい自然の残る徳島県美波町で作られたお米2kg

(お米のイメージ)

 

【30,000円 の支援で受取る引換券】
10,000円に加え、
7)安心・安全さらに栄養価も高いオーガニック食材

  ナチュラルショップ「空まめの木」厳選!

  オーガニックアボカドオイル 250ml
8) イベント無料招待券(1家族につき1回有効)

(ニュージーランドのオーガニック機構、Bio Groの認定を受けた有機栽培のアボカド果樹園から作られたアボカドのみを使用したアボカドオイル)

 

【100,000円 の支援で受取る引換券】
30,000円に加え、
9)プロジェクト特設ページにてシルバーサポーターとしてご紹介(法人名・団体名も可能です)
10)安心・安全さらに栄養価も高いオーガニック食材
「オーガニックパパ」厳選!
オーガニック野菜詰め合わせ

 

 

【300,000円 の支援で受取る引換券】
100,000円に加え、
13)ゴールドスポンサーとして紹介
14)共同イベント開催権

 

【500,000円 の支援で受取る引換券】
300,000円に加え、
15)プレミアムスポンサーとしてご紹介
16)バナー広告 1年分
 


最新の新着情報