「うわー、人工衛星ってでけぇ〜!」

「ロケットがしゅば〜〜〜!って、とんだ!とんだ〜!」 


そんな子ども達の声があがるようにと、
夏休みのスペシャルイベントを企画中です!

宇宙開発の技術者で職場で「宇宙同好会」を運営している、有志メンバーとの共同企画で素敵なものに仕上がっています。


◯ 筑波宇宙センターの特別見学 !


宇宙の研究・開発機関としてだけでなく、
宇宙技術の最先端の展示や企画をしている筑波宇宙センター。

実物大の人工衛星やロケットエンジンを見るだけでも大興奮ですが、
通常の見学では大人向けの解説だけなのです。

でも、今回のイベントでは特別に!宇宙同好会のメンバーが、小学校低学年でもわかる様、特別解説してくれるのです!

 

感謝!



◯ 宇宙開発の技術者と一緒に飛ばす!本格模型ロケット!


単に見学だけなく、夏休みに一生の思い出をつくって欲しい。

 

そんな想いで、「ロケット飛ばしたい!」と、
宇宙同好会の皆さんに無茶ぶりしたところ、
なんと!企画を実現してくれました!!

さすが、不可能を可能にする、
宇宙開発を仕事にしているプロ集団です!

筑波宇宙センターから場所を移し、
実験用の模型ロケットを打ち上げます。 

このロケット、実に100m近く打ち上げられるんです!

だからこそ、かなり広いスペースが必要で、
地域の人に声をかけてもらい、打ち上げ場所を確保しました!

特別授業では、大クイズ大会も予定。

優勝者には、カウントダウン&発射の権利!
白熱すること間違いなしです!


◯宇宙開発の夢を仕事にできたプロの話を子どもたちに。


お昼は暑い中ゆっくりできる様、
築100年の古民家を貸切りました。

古民家では、釜焚きご飯と美味しいカレーを食べながら、
宇宙開発を仕事にしている人と直接会って話ができます。

子どもの頃、どんな夢をもっていたのか?!
どうやったら宇宙開発の仕事につけるのか?!
子ども達がわくわく話をきける様な場を用意しています。

 

「子どもが好きを見つけ夢に近づくために」

 

そのコンセプトを大事にしながら、この企画も立てています^^

興味のある方は、是非、メッセージください!

新着情報一覧へ