プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました
第1目標の100万円達成しました!春からの乳飲み子保護に少しでも体力=「資金」を残しておくために、次の目標へ挑戦させてください!


ねこたまごから命を繋いでくださった里親様や、ねこたまごの活動を知ってくださり心をお寄せくださった皆様など、ご支援と共に本当にあたたかな応援のメッセージを戴いております。ねこたまごの保護猫たちと共に活動に邁進する日々の中、このプロジェクトを通して皆様と繋がりを持てましたことが大変嬉しく、大きな勇気と元気、そしてお力を戴いているところです。保護猫たちと共に改めまして皆様へ感謝申し上げます。


本当に多くの皆様のお陰で100万円まで集まることができました。ですが、新シェルター&譲渡施設のための内装&設備費用の実際の見積もり費用は170万円という額となっていまして、実際にはあと70万円ほどが必要です。こちらの額に満たない分は自費で賄う予定でおりました。

 

少しでも活動資金を多く確保するため必要な什器や機材、家電や家具類等は皆様よりお譲りいただいた物やスタッフの私物等を持ち寄って準備を進めています。また、店舗のリフォームでは椅子の張替え等、自分たちで出来る所は自分たちの手で行っていきます。

 

もし、自費での資金を減らすことが出来れば、春からの乳飲み子保護に体力=「資金」を残しておくことができます。


5千円で1匹あたりの仔猫の一ヶ月分のミルク代に充てることができます。

 

1万円で、一匹あたりの子猫に最低限必要なメディカルケア(健康診断・便検査・駆虫・ワクチンなど)代金になります。

 

また怪我や衰弱している保護猫も多く医療費資金は少しでも確保しておきたい資金です。


こちらのプロジェクトにかかる手数料を考えまして、次の目標額を200万円へ設定させていただくことで、ねこたまごで受け取らせて戴くプロジェクトのご支援金が170万円ほどとなり、達成すれば内装&設備費用を全額賄うことができます。

 

新シェルターと譲渡施設が完成致しました暁には多くの保護猫たちの入居が決まっております。そして、既に春からの乳飲み子レスキューも始まっております。人知れず消えていく運命だった小さな命たちが大きく成長して、こちらの施設から巣立っていく未来図を希望と共に実現させたく思っております。

 

レスキューした命のバトンを里親さまへお渡し出来たときが保護猫達が本当の意味で幸せに繋がったときです。センター収容された不幸な命達が家族として大きな愛情に包まれ、また癒しを与える存在として最期のときまで命が輝きますよう願いを込めて活動しています。どうか皆様、少しでも目標額へ届きますようプロジェクト終了までどうぞよろしくお願いいたします!

 

非営利型一般社団法人ねこたまご

 

 

殺処分0を当たり前にしていくために!保健所からレスキューした猫といつでも触れ合い、譲渡へとつなげられるシェルターを開設します!

 

皆様こんにちは!一般社団法人ねこたまご代表の佐藤真妃と申します。札幌市動物管理センターに収容される、主に自力では生きていけない幼齢の仔猫をレスキューし育てた後、新しい飼い主を探すという活動をしています。また、仔猫のほかにも状況に応じてレスキューの必要のある成猫も保護しています。

 

保護する猫は、ママ猫のようにつきっきりでお世話をする必要がある乳飲み子か、医療ケアの必要な成猫がほとんどになりますので、何かあった際すぐサポートできるボランティアさんのお宅でのケアが8割を占めています。

 

今ねこたまごでは、保護猫達にとって、より多くの出会いのチャンスが生まれるような最適な場を作りたいと考えています。 構想案としては、シェルターを兼ねた譲渡施設ですが、愛護啓発をベースにお気軽に足を運んでもらえるようコミュニティカフェスペースを設けて店舗にすることで自走も目指した店舗型の譲渡施設を計画しています。

 

猫の入居スペース、そして、保護猫達とのふれあいスペースも設け、より多くの人と猫達を繋げていける場となりますように願いを込めて計画を進めています。どうか、ご協力いただけないでしょうか?

 

殺処分0が当たり前になる環境づくりを目指します

 

 

1匹の仔猫を殺処分されてしまう恐怖から救うことが出来なかった。その経験から、保護猫活動を始めました。

 

この活動を始めたきっかけは、1匹の猫との出会いでした。6年前、実家に新たにニャンコを迎えようと探していたところ、保健所で迷子収容されていた生後1ヶ月弱のかわいらしい仔猫と出会いました。豆葉と名づけて、譲渡開始を心待ちにしていました。しかし、悲しいことに、感染力が高く、発症すると1週間ほどでなくなってしまうパルポという恐ろしい感染症が出て、一掃処分されてしまったのです。譲渡開始の前日でした。


初めて豆葉に会ったとき、豆葉はセンターの狭く暗いケージの中で怯えきっていました。手を伸ばすと「怖い。怖いよ。」と、自分の体に必死で顔をうずめて人間の手を避けようとしてた豆葉に「幸せになるんだよ、必ず迎えに来るからね」そう言ってセンターを後にしました。でも豆葉とはそれきりになってしまいました。

 

「ごめんね、ごめんね」最後まで人間は怖いもの以外の存在にはなれず、恐怖の中で死なせてしまったのだと、心がどうにかなってしまいそうでした。「苦しかったね辛かったね。ひどいよね」豆葉のことはずっと忘れません。その出来事がきっかけになり、現在一緒に共同代表を務めている後藤と共に、保護猫活動サークルとして2011年5月に活動をスタートしました。

 

活動を始めたきっかけは1匹の猫との出会いでした

 

 

行政収容され殺処分される約8割を占める仔猫のレスキューを中心に、50名を超えるボランティアの皆様と一丸になって活動しています。

 

全国で殺処分されている猫の数は年々減少していますが、猫ブームのさなか、昨年度は6万7千もの命が殺処分されています。活動を始めた当時は私達の暮らす札幌市でも年間1,000匹もの乳飲み子の仔猫達が殺処分されている現状でした。行政収容され殺処分される約8割の猫達が生後間もない仔猫達と知り大変ショックを受けたことを覚えています。

 

最初にレスキューした子猫達は人に遺棄された命でした。公園に段ボールに入れられ人によって遺棄されていた仔猫が、なんのチャンスもなく殺処分されていく運命だったことを思うととても悔しく悲しい思いでしたが、それ以上に幸せになってほしいと愛情を注いで育てました。

 

現在は年間約50名ほどの登録ボランティアスタッフと協力して活動しております。在宅乳飲み子子育てボランティア、成長した仔猫や成猫の預かりボランティア、里親宅への譲渡お届けスタッフ、譲渡会や札幌動物管理センターと共催の愛護啓発のパネル展等のイベントのお手伝いスタッフなど、それぞれの「出来ること」を、一丸となって行っています。

 

ねこたまごの活動実績

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
行政収容され殺処分される約8割は仔猫です

 

 

札幌での猫の殺処分がほぼ0となり、殺処分0を維持していくための、次のステップの活動を始めます。

 

保護猫の殺処分をなくそうと活動されているたくさんの方々の想いとご活動で、本年度は札幌市の猫の殺処分は1匹となっています。この一匹も芝刈機に巻き込まれ瀕死で収容された命で安楽死という観点で処分されたということです。ですが、殺処分0に到達することが最終ゴールではありません。その先の、殺処分0を維持していくためにはレスキュー活動の安定化が柱になると考えます。

 

レスキューのあと、猫を大切にしてくださる方への「譲渡」するという循環がなければ新しい命を救うことはできません。シェルタールームを所有していましたが、年間5匹程度しか入居できない小さなルームでした。年間で100匹を超える猫たちを譲渡していますが、お見合いの場としての活用が残念ながら出来ない環境にありました。

 

殺処分0のその先も、猫を救うための活動を行っていくためには、多くの保護猫たちが人と繋がるような譲渡施設を作ることが最善と考えています。人が集まり、猫と繋がり、命を救う循環を作るために、新たなシェルターをオープンさせます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
殺処分0を当たり前にするために、次のステップの活動を始めます

 

 

いつでも来れて、ご縁を待つ猫と触れ合えるシェルターをオープンします。さらにカフェスペースも設け、自走していける仕組みを作ります。

 

札幌市内のビルの1階と2階を賃貸し、1階をふれあいルームに、2階をシェルターとして使用します。これまでのボランティア宅での譲渡可能となるまでのケアを卒業し、譲渡に適切な時期になった猫たちが暮らすことが出来るオープン型シェルターとしての機能となります。常時20匹ほどのご縁を待っている保護猫たちが入居でき、お気軽にご訪問の皆様に会いに来て頂くことが出来ます。


さらに、自走していくための収入として「ふれあいルーム」、猫とふれ合う目的でない方も気軽に利用できる「コミュニティカフェスペース」を設ける予定で、人が集まる場所に出来ればと考えています。また、乳飲み子の育て方等、ボランティアスタッフの人材育成のためのレクチャーや勉強会などの実施がスムーズに行えます。

 

既に、店舗となるテナント(20坪)とシェルタールーム(店舗2階)の賃貸契約が完了しています。コミュニティカフェスペースと猫たちが暮らす入居ルームの設備工事・内装工事を残すのみです。この度のご支援は、設備の工事・内装工事費用として活用させていただきたく思います。

 

いつでもご縁を待つ猫と触れ合うことが可能です

 

 

保護猫を人と繋ぎ、幸せに送り出す方舟のような施設を目指します。


保護猫達が暮らすシェルターでご縁繋ぎが出来れば、お見合いの場として最適な環境です。日常の個性豊かな暮らしの様子を見ていただける事は最大のメリットだと考えています。また、コミュニティカフェを設けることでお気軽に足を運んでいただきやすくなり、ご支援の促進・ボランティア登録等もスムーズになります。

 

多くのかたに足を気軽に運んでいただくために店舗型のシェルターが完成することで、沢山のご縁を引き寄せることができると考えています。 そして、譲渡促進の場は殺処分ゼロを維持していく大切なアプローチです。 この度計画しています店舗型譲渡施設は、保護猫を人と繋ぎ、幸せに送り出す方舟だと考えています。


行政施設は、感染症などいつ命が絶たれてもおかしくない事が収容猫たちに起こってしまう環境には他なりません。殺処分されなくても収容の現状は本当に悲しい現場です。行政収容される数が変わらなければ悲しい現状は変わっていきません。シェルターでのサポートを通して、一匹でもこういった不幸な猫たちを減らしていきたい。ボランティアスタッフと一丸となり邁進していきます!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
皆様のご支援よろしくお願い致します

 

保護猫たちの為のオープン型シェルター譲渡施設ができれば、レスキューから譲渡の循環が多く生まれ、更に多くの命達を守ることが出来ます。どうか、センターに来る動物達の命を繋いでください。ご協力をお願い致します。

 

 

施設紹介

 

アクセス:地下鉄東豊線元町駅より徒歩3分 店舗前に駐車場を完備

 

入居スペース:ボランティア宅でのケアを卒業した猫たちが暮らすお部屋です。人慣れ訓練の猫や同居する猫同士の相性をみたり個体によって住み分けができるようにします。

 

ふれあいルーム:「人と猫を繋ぐ」譲渡促進に最適なあたたかなスペースを作りたいと思っています。

 

コミュニティカフェスペース:猫とふれ合う目的でないかたも気軽に利用できます。大きな窓越しに保護猫たちの様子が見られるような内装にしています。

 

 

リターンについて

 

[応援コース] 設備・内装費用として大切に使わせていただきます!
■お礼完成ご報告メール

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

■ねこたまごポストカード3枚入り

ねこたまごの保護猫たちの可愛いオリジナルポストカード3枚セットです。

 

■店内利用券(ふれあい・ドリンク) 

下記一枚づつとなります。
・保護猫達とのふれあいスペースご利用一時間分
・カフェスペースでのドリンク一杯サービス <珈琲または紅茶> 珈琲

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

■ねこたまごオリジナル焙煎珈琲 又は ねこたまご印の紅茶

天野珈琲店様とのコラボ商品となる ねこたまブレンドオリジナル焙煎珈琲です。 粉/100㌘ ・賞味期限半年 紅茶
天野珈琲店様とのコラボ商品となる ねこたまごの為に企画してくださったマスカットフレーバーの紅茶です。2,5㌘10ティーパック入り

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

■北海道銘菓焼き菓子一袋

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


■北海道銘菓スイーツBOX小

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

■北海道銘菓スイーツBOX大

E263e762e887f1642924c9154bc2da599396c1d0

 

 


最新の新着情報