プロジェクト概要

 
★プロジェクト達成のお礼と、ネクストゴール挑戦のご報告★
 
この度、私たちのプロジェクトが、無事に目標金額に達しました。
温かい応援、ご支援、誠にありがとうございます。
私たち自身、こんなにもたくさんの方が背中を押して下さるなんて想像もつかず、驚きと喜びでいっぱいです。
私たちの絵本が、世に出せると思うと、身が引き締まる想いです。
無事に目標金額に達しましたが、まだ期限が残っているので引き続き、絵本を一冊でも増やせたらと思い、ネクストゴールを設定させて頂きました。

目標金額を1500000円に設定させて頂き、無事に達成しましたら100冊増刷し、合計300冊製本したいと思います。
一人でも多くの方に、私たちの想いが、絵本が、届きますように。
よろしくお願いいたします。
(平成31年4月24日)

 

 

初めまして。「天使ちゃんママの会~オレンジレター~」代表、根岸と申します。オレンジレターは、大切な我が子を亡くした母親達のグループです。

 

 

▼「お子さんは何人いるの?と質問されてもどう答えたらいいのか分からない」「同じくらいの年齢の子供を見るのが辛い」「命日の季節になると落ち着かない」

…全部分かり合えた。

 

私達は、子供達が繋いでくれた仲間のおかげで前を向くことが出来ました。元気をもらいました。明日も笑って、泣いて、生きていける自信を持つことが出来ました。

一人じゃない」と思えることが、どれだけ救いになったか分かりません。

誕生日には、生まれてきてくれた事に感謝をして、命日には、これからもずっと変わらず大好きだという気持ちを伝えていいのだと教えてくれました。

 

今現在も、そしてこれからも、私達のような想いをする人が、もしかしたらいるかもしれません。全国にいる、同じ悲しみを抱くママに、私達の想い、願いを絵本にしてプレゼントして、一歩進むきっかけの一つになってほしいと考えました。

 

▼今できる、たった一つの願い「我が子がお空で笑っていますように…」を絵本にして届けたい。

 

皆様から頂いたご支援で絵本を作成し、全国の天使ママの目に触れるような場所(病院など)に寄贈します。

 

亡くなった子供達が出会い、お友達になって楽しく遊んでいます。

ママが泣いていると雨が降り、笑っていると太陽が差す。

ママが笑えば子供達も喜んでいる、という内容になっています。

ママ達が繋がって一緒にいるように、お空の子供達も一緒に仲良く遊んでるといいな、という願いから生まれたお話です。

 

物語のあとがきで、母や兄弟から手紙、私達の活動なども載せる予定です。読んで頂いた後、温かい気持ちになる内容にしたいと思っています。

 

私達母親の想いや願いや活動、たくさん頑張った子供達がいた事、そして前を向いて生きていこうとしている母親達がいる事を少しでも多くの方に知ってもらい、同じ経験をしたママ、ご家族、寄り添って頂いた医療関係の方々の手に渡って欲しいです。

 

 

▼「ごめんね。」の数だけ「ありがとう。」と言おう。

 

流産、誕生死、幼くしてお子さんを亡くした多くの母親は、天使になった我が子の存在や本当の想いを打ち明けられずにいます。産まれた季節、亡くした季節、何年経っても辛いものです。周囲に話しても、反応に困るだろうと思うと打ち明けられず、心の奥底に仕舞い込みます。

同じ思いが分かる者同士、話せる事、分かり合える事、孤立しない事で、母親だけでなく、家族の気持ちの安定がはかれます。

押しつぶされそうな喪失感や悲しみの中、仲間達と分かち合い、喪失感や悲しみは消えなくても、感謝の気持ちを伝えたいと思えるようになります。

私達母親が笑っていたら、子供達も安心するのではないかと思えるのです。

 

今現在、支えが必要な方がいたらこの一冊がきっかけで、封印する事や、乗り越える事ではなく、みんなで一緒に笑って、時には泣いても、また笑って生きていこうという自信になればと考えます。

 

そういったママ達の場所を作りたいと考え、「天使ちゃんママの会~オレンジレター~」が産まれました。

オレンジ色に輝く、暖かい陽だまりのような気持ちをお空の子供たちとママ達に届けたい。そんな気持ちで名付けました。

 

「ORANGELETTER」

中に、天使(ANGEL)がいます。

 

 

 

 

▼亡くなった子供達の思い出を展示する、「天使ちゃんの思い出展」開催

 

2018年10月4日~7日、群馬県伊勢崎市障害者センターにて、亡くなった子供達がたくさん頑張って生きたことを多くの人に知ってもらい、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えられるよう、展示会を開催しました。

展示会では、子供達の写真やおもちゃ、大きくなったら着せたかった洋服、母親や兄弟からの手紙、そして今回作りたい絵本の原案の物語などを展示しました。

物語を読んで書いて頂いた感想も、絵本のあとがきに載せる予定です。

 

多方面のメディアでも取り上げて頂き、300人を超える方々が県内外からご来場下さいました。来て頂いた方々に、壁に描いた天使の絵に、羽根を一枚ずつ貼って頂きました。

 

 



翼だけでは足りず、お空にも貼ってもらいました。

 

 

風船や、天使達の誕生花が会場に飾られました。

 

 

 2018年10月5日 上毛新聞朝刊より引用

 

 

 

 

展示会を終えて。

 

▼リターンについて

 

ご支援頂いた方々に、ささやかですがお礼を考えております。

 

1000円からのご支援をご用意しました。

 

 

□1000円…お礼のメール

 

□3000円…お礼のメール

 

□5000円…お礼のメール・オリジナルクリアファイル

 

□10000円…お礼のメール・オリジナルクリアファイル・絵本一冊

 

□50000円…お礼のメール・オリジナルクリアファイル・絵本二冊・群馬の銘菓(和菓子20個セット)

 

 

 

 

・プロジェクトの終了要項

 

2019年7月31日までに絵本を200部発行したことをもって、プロジェクトを終了とする。

 

・関連事項

 

※外部委託先候補

名称:前原印刷 様

住所:群馬県伊勢崎市西久保町3丁目1708

HP:http://www7.plala.or.jp/maeharainsatu/

決定予定日:2019年2月1日

 

 

 

 

 

 

 

 


最新の新着情報