READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子どもから大人まで10年愛されてきたラーメン「はないち」再出発

伊藤 綾

伊藤 綾

子どもから大人まで10年愛されてきたラーメン「はないち」再出発
支援総額
2,326,000

目標 2,000,000円

支援者
173人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

22お気に入り登録22人がお気に入りしています
2018年01月25日 10:19

わたしについて。

このチャレンジも、いよいよ80%目前となってまいりました。
あと20%、43万で達成となります。
期限は1/31の23時まで。
どうか引き続き、情報のシェアをお願いいたします!!

 

この私のチャレンジに、現在123人もの方にご支援していただいております。
友人、知人、同級生、お客様からのご支援が圧倒的に多いのですが、
レディーフォーさんのページを見ていて応援して下さった方や
友人のシェアした記事を見て、など
これまでお関わり合いの無かった方からのご支援も増えてきており、
この「クラウドファンディング」という方法による資金集めの強みというものを改めて感じております。



さて、

このチャレンジを通して初めて繋がった方、

はないち店主としては知っているけれど、個人的な私をあまりご存知でない方にも、
「どんな人に支援したのだろう?」ということがきちんとわかるように、

今日は私のことを書こうと思います。

長いですよ!(笑)

==============================

昭和53年 岩手県奥州市水沢生まれ

4キロ近くのビッグベビーとして生まれ、保育器の中で腕を振り回し、温度計を叩き割ったという伝説があるようです(笑)。

 

2歳の時両親が離婚、母と、2歳年上の姉との3人で仙台へ。


【書けるほどではありませんが、学歴的なもの】

小学校は「東二番町小学校」。

仙台の中心部にある街中の小学校で、全校生徒が200人くらいの小さくてアットホームな小学校でした。
「ボンボンシスターズ」という漫才トリオを組んで、各地(と言っても学校内)を回った思い出があります。


中学校は「五橋中学校」。
調べてみると、「名門公立中学校」と書かれていたりします。
どうりで、中学に入ってすぐにお勉強についていけなくなります。

お友達はみんな立派な高校へ進学していきました。
吹奏楽部のレベルが高く、入ったもののこちらもついて行けず退部。
さて、何の部活をやろうかと考えている時、

男子柔道部にカッコイイ先輩を発見。
当時女子柔道部はありませんでしたが、「女子柔道部作れば、先輩と関われるじゃん!」という邪な思いで、女子6人集め、女子柔道部を立ち上げます。

まだ、女子柔道人口も少なかった当時。
部員の一人がメキメキと力をつけ、そのおかげで県大会まで出られてしまったという、面白いエピソードが。

中学校時代の自慢と言えば、女子柔道部を作ったことと、

校内の弁論大会で優勝し、その弁論を元に

「高円宮杯英語弁論大会」という歴史のある大会に出場したこと。

http://www.jnsafund.org/
なんと、市と県で優勝し、全国大会に出場しました。

英語が堪能だったわけではありません。
何をしゃべっているのか、実はよくわかっていなかったくらいですから。
でも、こうして、全国の大会に来て、
帝国ホテルでパーティに参加出来ちゃったくらいなので、
ハッタリでも、堂々としていればなんとかなるのだなぁと、身をもって知った機会でもありました。

 

卒業まで勉強はできませんでしたが、

生徒会で色んなイベントを企画運営させていただいたり、自分たちで作った部活で青春を謳歌したりと、

なんだかんだ楽しい中学時代でした。

高校は、パソコンを触りたい、という思いで
「仙台女子商業高校」へ。
ここで簿記を勉強したことは、社会に出てものすごく役に立っています。

 

【高校中退、マック人生突入】

 

高校生活。

ハンドボール部に所属し、楽しく過ごしていたのですが、
高校に入ってすぐに始めた「マクドナルド」のアルバイト。
これが私の運命を変えます。

 

私は人一倍「褒められたい」願望が強い人間だと思います。

これは少し、自分の育った環境が影響しています。

母は父と離婚し、女手一つで2人の子供を育ててきました。

ただ、姉は知的障害があり、母はほぼ姉の世話に付きっきり。
そして夜は、そのストレスを発散するために、飲みに行って帰ってこない。
家にいる時は、いつもピリピリしている。
姉がしてもらっていることを、私にはしてくれない。
自分は愛されているのかどうか、わからない。


そんな捻くれた思いをずっと持って育ちましたので、
「早く自分でお金を稼ぎ、家を出たい」と強く思うようになり、
高校に入ってすぐ始めたバイト・・・それがマックでした。

 

私が「褒められたい」「認められたい」「大切にされたい」という思いを、
マックではたくさん満たしてくれたのです。

 

成長と共に、どんどんレベルの高い仕事を任せてもらえること。
お客様に喜んでいただけること。
チームで目標を達成する素晴らしさ。
仲間とのかけがえのない時間。

「お勉強ができない」ことにコンプレックスも引け目を感じていた自分も、
ここでは自信をもって生きることができる。

生き甲斐は、いつしか高校生活よりもバイト生活へシフトしていき、
高校2年生の春から丸一年休学してバイト漬けに。


翌年春に、もう一度高校生をやってみようと試みますが、
教室で、椅子に座って、興味のない授業をきくこと、
同級生との会話、
先生との会話、

学校の決まり事、
なんだかすべてに違和感を感じてしまい、
「私が今したいことは、ここにはない」と、退学を決意。


ここから23歳に通信で高校を卒業するまでは、
自分で決めた道とは言え、「高校中退」というレッテルを貼られている自分に、やはりどこか引け目を感じていたように思います。
 

でもきっと、あの時はあれでよかった。
40歳目前になった今ようやく、そう思います。

自分の気持ちが向く方に、梶をきること。


身勝手、忍耐力がない、飽きっぽい、社会不適合、
そんな風に言われることもあったけれど、
自分で梶をきったからには、

全て自分の責任。

誰のせいにもできない。誰のせいにもしない。

でもいつかきっと、
この道を進んでよかったと思えるように生きよう。

私の人生の転機そのイチは、
この頃だったのだと思います。





スミマセン、なんだか長編になってしまい、仕込みの時間に!(笑)

続きはまた帰ってから書きます!



 

一覧に戻る

リターン

3,000

【ご祝儀コース】あたたかい応援、感謝します!

■ラーメンお食事券1000円分
■お礼のお手紙

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

5,000

【はないちに来てね!来店コース】

■ラーメンお食事券6000円分(1000円分✕6枚)
■お礼のお手紙

□お食事券は、ご家族やご友人とシェアしてお楽しみください。
お釣りは出ませんので、ご注意ください。

支援者
43人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000

【はないちに来てね!来店コース】

■ラーメンお食事券13000円分(1000円分✕13枚)
■お礼のお手紙

□お食事券は、ご家族やご友人とシェアしてお楽しみください。
お釣りは出ませんので、ご注意ください。

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000

【 遠方の方向け】 はないち自慢のお土産セット!

■自慢のチャーシュー1本(6000円相当のものになります)
■お土産ラーメン2セット
■お土産チャーシュー丼1食分
■お礼のお手紙

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000

【ご祝儀コース】あたたかい応援、感謝します!

■感謝の気持ちを込めてお好きなラーメン1杯無料(トッピングサービス付き)
■お礼のお手紙

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000

【ご祝儀コース】あたたかい応援、感謝します!

■お土産ラーメン2セット
■お礼のお手紙

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

30,000

【はないちを大満喫コース】

■ラーメンお食事券13000円分(1000円分✕13枚)
■自慢のチャーシュー1本(6000円相当のものになります)
■お土産ラーメン2セット
■お土産チャーシュー丼2食分
■開店パーティーご招待
■お礼のお手紙

□お食事券は、ご家族やご友人とシェアしてお楽しみください。
お釣りは出ませんので、ご注意ください。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

30,000

【「お子様ラーメン」中学生まで無料】

■「お子様らーめん」中学生になるまで無料券
■お礼のお手紙

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

50,000

【限定ラーメン1年間無料】

■限定ラーメン1年間無料券(1ヶ月5食までご利用いただけます)
■お礼のお手紙

□ぜひ、毎週はないちへ!
なんと60杯もラーメンを楽しめちゃいます!

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

プロジェクトの相談をする