写真集のデザイン、方向性を話し合ってきました。モノクロで作ろうかとも思ったのですが、「今」の山谷を見せるという事を一番に考え、結論としてカラーで行くということに落ち着きました。モノクロの持つ情緒性によって、時代を逆行したくないというのが一番の想いです。

山谷の現状を、私の視線で、見たまま伝えたい。

そこは譲らず制作して行きたいと思っています。デザインはマッチアンドカンパニーが手掛けてくれる事になりまして、ゆくゆくはと憧れていた場所なので嬉しい限りです。また本日まで東京都写真美術館で展示をなさっている田村彰英氏が文を書いてくれるということでこれまた豪華なことに!

写真は現在使う写真をセレクトしているので、その一部です。
11月には完成しますので引き続き頑張ります。

あいにく東京フォトには間に合いませんが、予約販売及びプリント販売などを行っているのでお時間があればいらしてくださいませ。

 


 

新着情報一覧へ